トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/28

LH 鳥ケ首岬灯台

20050521_torigakubi120050521_torigakubi220050521_torigakubi3

TORIGAKUBIMISAKI TODAI N37゚10.5'E137゜10.59' コンクリート 12.3m 単閃白光 毎5秒に1閃光 68万カンデラ S27.3.29初点

第九管区海上保安本部新潟航路標識事務所 2005/5/21 新潟県糸魚川市(旧西頚城郡能生町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA SHIMOFUSA TACAN

20050529_RJTL_SHTSHIMOFUSA TACAN -T SHT CH 19 N35°48.12' E140°00.60' At SHIMOFUSA(RJTL) Fld.

| | コメント (0)

GO! NAVY

20050529_RJTL_50472005059_RJTL_690620050529_rjtl3  今年は、各地で催される海上自衛隊の訓練展示乗艦での出撃が多くなっている。今日もこれから青森県八戸港へ大湊地方隊展示に出発です。おかげで、そらへの出撃がおろそかに・・ だれか落下傘で運んでくれないかなぁ

海上自衛隊下総基地 2005/5/29  RJTL  P3C:203-5047  YS11T:205-6906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

SKY MESSAGE 再開

台風も無事クリアできたようで、本日からフライト再開ですね。天候の状態によりスケジュールがあまりこなせてないので、これからバリバリ飛んでください。私の予測と希望により、北陸地方は、八尾から新潟の移動日となる7/30にフライトがあるものと決めつけています。青空に祈ると共に、是非是非お願いいたします。 が、がーん 今週末から富山にいなぁーーい あわあわ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

台風退避 SKY MESSAGE

本日予定されていた、POCARISWEATのSKY MESSAGEは、台風接近のため急遽名古屋飛行場からの退避で中止となってしまいました。 残念! 昨日、本日と北陸地方はフライト日和と思われますが、名古屋を出たはよいけれど、帰るころには着陸できないことも予想されますね。推測するに名古屋には格納する場所はなく、たぶん八尾に早くいって格納庫に入れるものと思われます。台風の動静しだいでは、関西地区でのスケジュールも危ういですね。是非、再スケジュールをお願いしたいものです。サンダーバーズの二の舞にならないことを祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/22

SKY MESSAGE 中部シリーズ はじまり

今週から始まった、POCARISWEAT SKY MESSAGE 

関東地域は、あまり天候にめぐまれず残念でしたが、いよいよ明日から中部地区でのプレゼンスが始まります。本日は、ホンダエアポートから名古屋飛行場への移動ですが、途中掛川の工場ででも、やってくれますかね? この期間最大の場所は、愛地球博会場と思いますが、飛行船とのランデブーも楽しみにしています。名古屋へは直接見にいくこともかないませんが、テレビを注目してます。でも、北陸地区の飛行時には是非青空が広がりますように、お祈りしてます。  from 富山 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

LH 能生港灯台

20050606_noukou120050606_noukou220050606_noukou3

NOUKOU TODAI N37゜06.22'E137゜59.49' コンクリート 8.7m 単閃白光 毎4秒に1閃光 8500カンデラ S26.11.15初点

第九管区海上保安本部新潟航路標識事務所

2005/6/5 新潟県糸魚川市(旧西頚城郡能生町)

| | コメント (0)

Boading record aircraft

b762_ana20050619_rjtt_ana89122005/6/19 RJTT-RJNT ANA892 JA8272 B63 8G

左のアイコンは機体の画像が確保できなかった時にひぐさん作成のものを流用させていただいています TRANS AIRCRAFT WEB 

20050617_RJTT_JAL1292

2005/6/17 RJNT-RJTT JAL1292 JA8253 B63 43K

前週の羽田でのタイヤパンク事故の影響を受けて、B6の運行はガタガタ この機体はこのままドック入りの模様で、ハンガー前で駐機となった。

| | コメント (0)

LH 生地鼻灯台

20050717_lhikuzibana1 20050718_lhikuzibana2

IKUJIBANA TODAI N36゚53.41'E137゜24.49' コンクリート 30.4m 四等 単閃白光 毎10秒に1閃光 28万カンデラ S26.2.11初点

第九管区海上保安本部伏木海上保安部

2005/7/18 富山県黒部市

| | コメント (0)

Boading record ship

20050717_naoetsu_DDH14120050717_naoetsu_ddh1412

2005/7/17 JDS HARUNA (DDH141) at NAOETSU

20050709_sakaiminato_dd1241 20050709_sakaiminato_dd1242

2005/7/9 JDS MINEYUKI(DD124) at SAKAIMINATO

 

| | コメント (0)

2005/07/19

COSMO31 シシオさんリンク記念 2005/7/19

みんな注目のマト! COSMO31

20021103_RJTJ_cosmo31シシオさんのブログ MY AIR WORK とのリンク記念に入間ファィナルのC1です

2002/11/3 RJTJ C1 COSMO31

| | コメント (1) | トラックバック (0)

総帆展帆 海王丸 海王丸パーク 2005/7/18

20050718_toyama_kaiomaru 海の日を記念して、富山新港にある海王丸パークにて、帆船海王丸の総帆展帆が実施された。これは海王丸の29枚の帆をすべてひろげて、最も美しい「海の貴婦人」の姿を披露するものです。次回は、8/9新湊祭りに実施される。同様なイベントは横浜市で保存されている帆船日本丸でも行われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JM 直江津港体験公開 on DDH141  2005/7/17

20050717_naoetsu_DDH141 20050717_naoetsu_DD154 20050717_naoetsu_8225

先週、境港であった 自衛艦はるな に直江津港で再会してきました。新潟地連主催の体験乗艦で、第三護衛隊群旗艦のDDH141はるなに乗艦しました。僚艦のDD154あまぎりといくつかの展示を行うミニ航海でしたが、楽しかったです。特にあまぎりがはるなを追い越すところは、喫水下までよく見えてかっこよかったです。

左から DDH141はるな 直江津港中央埠頭、DD154あまぎり はるなを追い越すところ、SH60J 123-8225 はるな搭載  その他、SH60J 123-8213 あまぎり搭載

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

SKY MESSAGE presented by POCARISWEAT

Sky Typeing  って知ってますか?

大空の青いキャンパスをバックに複数の飛行機が、ポン・ポン・ポンと白いスモークでメッセージを書いていく、まさに空に文字をタイプする壮大なものです。

この夏、あの大塚製薬さんが16年前と同じように、ポカリスエットのCMとして7/18から8/30まで全国をツアーして600ものメッセージを日本の空に描くそうです。題して SKY MESSAGE

16年前は、偶然にも今の自宅から南の空に綺麗に描かれた文字を拝見しました。また、とあるところでフライトプランも確認しました。先日その時の写真が発見されたのでしたが、今どこにあるかわからず捜索中です。

さあ、あなたの街で是非見ることができますように!

皆さんの、おっかけ情報があれば、大歓迎です

△ SKY MESSAGE FLYT SCHEDULE Skytyping.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

JGSDF Camp HigashiChitose 2005/6/5 陸上自衛隊東千歳駐屯地

滑走路探検隊(失われた滑走路を求めて)シリーズ 東千歳飛行場

北海道の空の玄関、新千歳空港の東側に広大な原野が広がっている。この緑に埋もれるように存在するのが、陸上自衛隊東千歳駐屯地である。ここには、日本一強力な機甲師団である第7師団を中心に多くの部隊が駐屯している。中には、北の空を傍受する秘密の機関も存在するとか、しないとか?

20050605_higashichitose_01 東千歳駐屯地の案内図によれば、第2滑走路となっている。 では、第1滑走路はどこに? ・・・ ここからさらに東側に存在する旧海軍千歳第三飛行場がそれなのかは、??

 

 

20050605_higashichitose_02 20050605_higashichitose_03 20050605_higashichitose_04

滑走路は、観閲式の車両通路に 左:待機する車両群 中:北側 右:南側

20050605_higashichitose_05 当日、ふれあい広場となった場所にあるヘリポート 白線は、白いタイルの埋め込み もう一箇所あるそうだが、そちらは発見できず

 

20050605_higashichitose_06

▼後記▲ とにかく中は、広い 歩いて歩いて式典会場にたどりついた。拾い物は、地元が選挙区の町村外務大臣を真近に拝見したこと、動く61式戦車を見たこと。部品をかき集めて、動けるように復元したとのこと ・・ 貴重な財産かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開:富山-那覇 富山空港 2005/7/15

夏になると思いだすぅ ・・・ 今年も夏季節運行の沖縄便が再開されました。

期間は、7/15(金)から8/31(水)までの火水金日の曜日各1便です。ダイヤ的には、富山から沖縄を狙うものではなく、どちらかと言うと沖縄から富山の夏山に来てもらうような観光ダイヤとなっています。北陸から沖縄へは、小松空港から毎日、朝出発夕方帰着の便が運行されていますので、そちらがメインとなりますね。富山便の再開は喜ばしいことですが、これによって問題発生! この便が運行することによって先日記述している台湾からのチャーター便が運行できなくなっているのです。

これは、富山空港の地元との騒音協定で一日の発着数が15便に制限されてるためと報じられている。毎日の東京、札幌、福岡便で10便、国際定期便の一番多い土曜で3便のため沖縄便を入れてもまだ枠があると思われるが、どのような根拠なのであろうか。その為台湾の旅行会社は新潟や能登を使って行程を工面しているようだが、それに答えきれないのは嬉しい悲鳴といってよいのか? 県は上海便の定期便誘致に必死のようだが、ミスミスお客様をのがしているのは、もったいない話である。私的には、沖縄便より台湾のチャーターを受け入れた方が地元のためと考える。

△台湾のチャーター旅行会社の一つ 東南旅行社 (HPは中国語ですが、なんとなくわかります)

20050715_rjnt_jta1332 おそろいの赤いアロハでお見送りのJALの皆さん

20050715_rjnt_jta1331 2005/7/15 RJNT JTA133 B734 JA8954

 めんそーれ沖縄  上記のように書いたが、個人的には沖縄大好き 今年はまだいく予定がたたないので、うづうづしちゃうよーぉ

NTV系ドラマ瑠璃の島の舞台となった、鳩間島において今週末豊年祭が開催されています。台風5号が近づいていますので、チョットたいへんですね。ちなみに台風5号は、ハイタンと言うらしい。 はやく、しまのカテゴリも立ち上げよう!

| | コメント (0)

2005/07/12

Welcom to TOYAMA from TAIWAN 2005/7/10

数年前から、台湾と富山との間のチャーター便が頻繁に行われています。台湾のお客様に富山県の北アルプスやおいしい海の幸、山の幸を満喫してもらうために、好調なようです。

今月にいたっては、25便も飛来するのでほとんど定期便状態です。それも中華航空及びエバー航空がいりみだれ、多い時には2便もやってくるので、富山で2つの便がこんにちわ状態も発生しています。

それで、本日CALとEVAが同時に撮影できそうな機会があったので、富山空港に出撃してきました。CALはJALがハンドリングするので3番スポットに、EVAはANAがハンドリングするので、通常の国際線用スポット、5番に入ります。CALのB738は結構日本全国に出向いているのであまりめずらしくありませんが、EVAのB763は、BAW仕様のドア配置ですので、同じANAのB763とは感じが違います。当日は天気はほどほどでしたが、強力な西風のクロスウインドの中、クラブでランディングしてT2までにビシットと減速したので、思わず、すばらしぃぃ とつぶやいてしまいました。

地元テレビでも結構報道されていますが、台湾からのチャーターはほんとに活発です。富山のみならず能登や小松にも結構入りこみがあるので、アプローチ空域が込んでいて暇な空港のようですが、もうダイヤ的には限界にもあります。早くエリアコントロールに移行してほしいですね。(ちなみに、能登のアプローチによって富山のデパーチャーがブロックする場合もあります。)

20050710_rjnt_calevaWelcom from TAIWAN   CAL&EVA

CAL542 from RCKH  EVA1128 from RCTP

 

20050710_RJNT_CAL541 CAL541 B737-800 B18606

 

 

20050710_RJNT_EVA1127 EVA1127 B767-300ER B16605

 

 

【お役立ち】

 ○富山空港  ○中華航空  ○長榮航空

| | コメント (0)

2005/07/11

道中レポ(2):JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 2005/7/9

海上自衛隊舞鶴地方隊展示訓練はなんとか天気がもって無事終了した。11時に乗船してから下船するまで6時間、たいへん有意義な航海であった。願わくば天候に恵まれればとチョット贅沢な希望も・・ 下船したのは17時、やんごとなき事情があり明日の朝までに富山に帰還しなくてはならない。そこで考えたのが、大阪まで最短で出て、今はここだけにしか残っていない583系電車寝台のきたぐにを使えば、早朝には到達することができる。すぱらしいぃぃ こんな行程はほんとに胸がわくわくする旅行である。

夕刻から、さすがに雨が激しくなってきたが、雨のために停止した東海道新幹線には影響を受けずに、新大阪まで一気に進出して、後は一眠りで富山に到着したのであった。

20050709_shinosaka_kitaguni approaching on Track 12 at SHINOSAKA.st Express KITAGUNI

20050709_shinosaka_mohane583-45 The inside of a sleeping carriage of MOHANE583-45

 

  

 

  

△旅行行程 2005/7/9(土) ヨ7/10(日)

 境港-富山 経由:山陰・伯備・山陽・東海道・北陸

 境港-米子 LOCAL(1670D キハ121-8)

 米子-岡山 スーパーやくも30号(1040M 1号車 クハ381-128)

 岡山-新大阪 ひかりレールスター480号(480A 8号車 724-7515 E15)

 新大阪-富山 きたぐに(501M 9号車 モハネ583-45)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出撃レポ:JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 そら編 2005/7/9

海上自衛隊と言えば主力は艦艇ではあるが、当然航空部隊も展示訓練に参加する。G4の目的は、本来この航空部隊にあるのである。

海自所属であれば、SH60とP3が定番ではあるがそれ以外に何がくるか楽しみなところ パンフレットによれば空自のF15となっているが、当日の天候から考えて微妙である。乗艦後聞いたところによると空自参加はF4に変更となった。となると新田原の301sqかなぁ 展示エリアは美保のレーダーエリア内なので空域管制もバッチリと期待したところだったが、やはり天候不良でキャンセル 出発地も本日は豪雨でそれどころでないと予測した。この天候であれば、P3も危ないところ しかし、航海中はいまにも雨が降りそうな空模様であったが、比較的雲高がありシーリングも15kmぐらいだったので、無事参加してくれた。

20050709_sakaiminato_navilreviw_sh60j fly by  SH60Jx3 21WG123SQ 8244,8226,8218 from RJBM call:OSPREY

 

 

20050709_sakaiminato_navilreviw_p3c fly by P3Cx3 4WG3SQ 5060,5015,5042 from RJTA call:NEPTUNE

 

 

20050709_sakaiminato_navilreviw_p3c02 P3Cの美しさは編隊飛行 薄い排煙を引いて乱れず飛行する姿はほれぼれする。この後各機はそれぞれIFRで厚木にRTBしていった

RTB to RJTA with ANA815 on final RJOH

20050709_sakaiminato_navilreviw_8244

護衛艦の側を低空で飛行するSH

fly low side of JDS

その他艦載 123-8298 on DDH141

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出撃レポ:JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 うみ編 2005/7/9

海上自衛隊舞鶴地方隊展示訓練に参加した。

乗艦したのは、護衛艦みねゆき(DD124) 地方総監座乗の観閲艦であった。

先導艦は、護衛艦あぶくま(DE224)で、観閲を受ける側の旗艦は護衛艦はるな(DDH141)が勤めた。今回G4にとっての目的は、舞鶴に配備されている新鋭のミサイル艦の走行を見ることにある。このミサイル艦は北朝鮮の高速不審船に対応するために整備された艦艇で、ウォータージェット推進により40ノット超で走行できるそうである。但し航続距離が短いのが難点と当日、もれ聞いた。あいにく梅雨前線が北上して出航が危ぶまれたが、そんなに降られることもなく、航空自衛隊の航空展示を除いて実施された模様である。

20050709_sakaiminato_jokanken DD124 MINEYUKI BoadingPass 2005/7/9

乗艦は、境港市昭和南岸壁 耐震岸壁構造のコンテナクレーンもある立派な岸壁であった。ここに招待客を乗せるみねゆき、はるな、せとぎりが停泊しておりそれ以外は、小型艦が竹内岸壁に、大型艦は沖止めとなっていた模様である。

20050709_sakaiminato_showaminami showaminami berth 2005/7/9

from the left  DD124 MINEYUKI DDH141 HARUNA DD156 SETOGIRI 

 

12時過ぎから停泊艦艇は、順次出航して訓練海面の島根半島沖に向かう。みねゆきは、先に竹内岸壁から出航したあぶくまと合流して、観閲ポイントへ 他の艦は沖合いで観閲隊列を作るために集合しているようだが、視界が悪くよく見えないが、14時過ぎから次のとおり展示が実施された

自衛艦の敬礼、潜水艦展示、方向変換、「ましゅう」航行展示、「はるな」空砲展示、掃海艇掃海展示、ミサイル艇航行展示、飛行展示

20050709_sakaiminato_navilreviw01 review fleets DDH141HARUNA DD156SETOGIRI DD154AMAGIRI AOE425MASHUU MSC670AWASHIMA PG824HAYABUSA PG825WAKATAKA PL01OKI(JCG)  SS591MICHISHIO

 

20050709_sakaiminato_navilreviw02 acknowledge ViceAdmiral's salute

 

 

20050709_sakaiminato_navilreviw03

fiar a blank at DDH141

 

 

20050709_sakaiminato_navilreviw05

sweep the sea MSC678 TOBISHIMA 

 

 

20050709_sakaiminato_navilreviw04

the three Fast Attach Craft Missile brothers

 

 

その他艦艇  LSU4172のと(竹内岸壁留置) YT72+1 民間タグx2

そら編へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道中レポ(1):JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 2005/7/9

G4のライフワークに、そらやうみに関する諸々の事柄がある。

あるイベントがある場合には、当然当地までの旅行が発生するわけで、それの道中記を記録しておきたいと思う。今回は、海上自衛隊舞鶴地方隊の訓練展示が鳥取県境港で実施されるにあたり、地をはいつくばって行ってきた。うみのイベントから見れば単なる移動であるが、そこにもう一つ鉄道旅行の楽しみがある。そのへんは、俗に「てつ」と呼ばれている。

テーマ:往路 智頭急走破 復路 あの583系寝台車に乗ろう

新線を開業して高速列車を走らせている数少ない第三セクターの智頭急行だが、車両は、最新型の振り子型DCで大出力エンジンと相まって、気持ちよいほどの加速と、揺れの少ない快適な走行に感激した。車両には下り側壁面にテレビがあり先頭車両のカメラ映像をそのまま放送しているうえ、京都から智頭急行分岐駅上郡までは、在来線を高速走行すろことから、マニアには楽しいアイテムだ。智頭急行は国鉄民営化の波を乗り越えて沿線地方自治体が完成させた路線で、旧鉄建公団が作っただけあって、単線ではあるがすばらしい高規格路線のため営業運転でも130km/hで走行しているであろう。JR西在来線の因美線区間をもう少し整備して、このような陰陽連絡都市間輸送は、是非JR本体に担ってほしいものである。ちなみに智頭急行沿線は、すべて町と村ばかりだ。

兵庫県:上郡町、上月町、佐用町 岡山県:大原町、東粟倉村、西粟倉村 鳥取県:智頭町

20050708_kurayoshi_superHAKUTO superHAKUTO7 at kurayoshi 2005/7/8

 

      20050708_superHAKUTO_syanai

superHAKUTO5 syanai 2005/7/8

  

智頭急行 Chizu express company. 

△旅行行程 2005/7/8(金)

 富山-米子 経由:北陸・湖西・東海・山陽・上郡・智頭急行・智頭・因美・山陰

 富山-京都 サンダーバート10号(4010M 5号車 サハ682-1)

 京都-倉吉 スーパーはくと5号(55D-1056D-2055D 増2号車 HOT7048)

 倉吉-米子 快とっとりライナー(3431D キハ126-11)

道中レポ(2)に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

ガッテン!2PBBの謎 富山空港

富山空港には全国でも珍しいライトドアオペレーションのPBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)があります 通常ほとんどないのですが、2番スポットを使用する場合に利用されます 富山空港はご存知、全国で唯一の河川敷きにある空港で、PBBは神通川の堤防を越してエプロンに延びているため、PBBの建設が大変と一つの橋に二つの搭乗口を作ったものと思い関心しておりました。が、本日私の理解が誤りが判明した。

この珍しいPBBは実は、B777が利用する時に、ダブルドアオペレーションに使われるのでした。B777が就航した時は、スポットの入り口に停止して、エンジンカット後トーイングカーでスポット1番にスポットインしていたものが、現在は自力でまっすぐスポットに入ってきて90度回転して、スポットインするのでした。あの巨体のB777が自動車教習場のクランクのような操縦技術が要求され、みごとにこなされているのでした すばらしぃ

しかし、B777のパイロットにしてはいやな運行でしょうね 滑走路は2000mしかないし、進入はGSもなく北陸高速をギリギリにまたいで着陸し、平行誘導路もなくターニングパッドでの180度ターン、おまけにスポットでの90度ターン ご苦労さまです

20050703_RJNT_ANA885 2PBBが付いたB777-200 レフィユーラーと比べると機体及びエンジンの大きさがよくわかります。

2005.7.3 RJNT ANA885 JA701A B772  

 

20031230_RJNT_JA8251 ライトドアオペレーションとは? 左の写真のように機体の方向に向かって右側のドアを使ってパッセンジャーの乗降をする形態

2003.12.30 RJNT ANA881 JA8251 B762ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出撃レポ:体験搭乗at富山空港 2005/7/3

こんなもんかなぁ 
自衛隊富山地方連絡部主催の体験搭乗が富山空港で実施されました。
機体は、海上自衛隊のSH60J 定期便の間をぬって、一回に3,4人を乗せて、
富山空港から富山港あたりを周回してダイレクトダウンウインドに帰ってくるコースを5回
天候はどんよりと雲空でしたが、下界は楽しめたものと思われます
見学中、自衛隊協力会と思われるご婦人達の送迎デッキでの日の丸を振っての歓迎は
チョット驚きでした 日の丸は子供達にはうけていましたね

2005.7.3 at RJNT JMSDF第123航空隊舞鶴分遣隊 s/n:123-8295 call:osplay95 via:RJNK
20050703_RJNT_SH608295d

| | コメント (0)

はじめのいっぽ

ココログが始まってから、もうだいぶたつだろうか
最初にIDだけとって、ずぅぅと休眠のこの場所に、初めて息を吹き込みます
根っからの不精が、どれくらい続くものか見ものです
2週間続いたら、公開としたいと自己宣言!
つれづれなるままに、続けていこう

| | コメント (0)

トップページ | 2005年8月 »