« 出撃レポ:体験搭乗at富山空港 2005/7/3 | トップページ | 道中レポ(1):JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 2005/7/9 »

2005/07/07

ガッテン!2PBBの謎 富山空港

富山空港には全国でも珍しいライトドアオペレーションのPBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)があります 通常ほとんどないのですが、2番スポットを使用する場合に利用されます 富山空港はご存知、全国で唯一の河川敷きにある空港で、PBBは神通川の堤防を越してエプロンに延びているため、PBBの建設が大変と一つの橋に二つの搭乗口を作ったものと思い関心しておりました。が、本日私の理解が誤りが判明した。

この珍しいPBBは実は、B777が利用する時に、ダブルドアオペレーションに使われるのでした。B777が就航した時は、スポットの入り口に停止して、エンジンカット後トーイングカーでスポット1番にスポットインしていたものが、現在は自力でまっすぐスポットに入ってきて90度回転して、スポットインするのでした。あの巨体のB777が自動車教習場のクランクのような操縦技術が要求され、みごとにこなされているのでした すばらしぃ

しかし、B777のパイロットにしてはいやな運行でしょうね 滑走路は2000mしかないし、進入はGSもなく北陸高速をギリギリにまたいで着陸し、平行誘導路もなくターニングパッドでの180度ターン、おまけにスポットでの90度ターン ご苦労さまです

20050703_RJNT_ANA885 2PBBが付いたB777-200 レフィユーラーと比べると機体及びエンジンの大きさがよくわかります。

2005.7.3 RJNT ANA885 JA701A B772  

 

20031230_RJNT_JA8251 ライトドアオペレーションとは? 左の写真のように機体の方向に向かって右側のドアを使ってパッセンジャーの乗降をする形態

2003.12.30 RJNT ANA881 JA8251 B762ですね

|

« 出撃レポ:体験搭乗at富山空港 2005/7/3 | トップページ | 道中レポ(1):JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 2005/7/9 »

富山空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガッテン!2PBBの謎 富山空港:

« 出撃レポ:体験搭乗at富山空港 2005/7/3 | トップページ | 道中レポ(1):JM舞鶴地方隊訓練展示at境港 2005/7/9 »