« 雲紀行 石狩当別 | トップページ | 雲紀行 千歳基地 »

2005/08/12

新十津川紀行

20050806_satsshosen120050806_satsshosen220050806_satsshosen3

石狩当別を訪ねた折、足を伸ばして新十津川まででかけた。最近の呼び名は学園都市線と言っているが、2つの大学が進出して途中までは使命が変わってしまっている。正式には札沼線 札は札幌の札 では、沼は・・・ 新十津川の北、留萌本線の石狩沼田の沼が線名の由来だ。この新十津川、奈良県の十津川郷からの集団入植で開拓された町とのことである。徳富川と石狩川が合流する地で昔はやはり水害に悩まされたらしい。滝川までこの2つの川を眺めながら徒歩で進出して、一気に千歳まで移動した。

札幌8:01-543D(キハ40-331)-8:44石狩当別11:15-5425D(キハ40-402)-12:38新十津川=徒歩=滝川15:30-3020M(スーパーホワイトアロー20:クモハ785-3)=3948M(エアポート162)-16:54千歳

(左:線路は途切れる キハ40-402 新十津川駅 中:新十津川駅 右:滝川駅で並んだライラック14号とフラノラベンダーエクスプレス2号)

|

« 雲紀行 石狩当別 | トップページ | 雲紀行 千歳基地 »

てつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新十津川紀行:

« 雲紀行 石狩当別 | トップページ | 雲紀行 千歳基地 »