« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005/10/31

空想出 エアフェスタ那覇(懐かしい機体) 1999/12/12

シリーズで掲載しています1999年の沖縄、今日はすでに懐かしい画像となってしまった機体を紹介します。

991212_roah_oldview1991212_roah_oldview2991212_roah_oldview3左:沖縄色の第一混成団LR-1 JG2010 中:沖縄にはアレルギーがあってめったにこないF15DJ 新田原基地202SQ 左:おまけでチヌークをバックにオリオンビールレディ すでにJAが配備されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/30

空想出 ASCOT3兄弟 1999/12/12

青い空にとけこむ、救難捜索機は、レイセオンU125A 那覇航空祭では、なかなかみれない3機編隊での飛行が披露されました。担当エリアの広い沖縄ならではのものなのでしょう。U125Aは最終的には30機まで調達される予定で、先般23号機が千歳に配備されたようです。

991212_roah_ascot1991212_roah_ascot2991212_roah_ascot3左:3機でのフライバイ 中:タキシングも3機そろって 右:記念すべき1号機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/29

滅事故 不時着JA3816 2005/10/28

事故ものはあまり嬉しいものではないので、記述しなかったのですが、今回はgood jobと言えるのではないでしょうか。当地は調布飛行場へ北側から進入する場合のVFRレポーティングポイントで、もう飛行場に手がとどきそうな位置。心理的にはもうちょっと、もうちょっとの場所と思いますが、高度が1500ft以下に下がっている場所なので、即墜落の危険があったものと思います。不時着場として田無高校のグランドを選んで、一番距離がとれる方向から、かつ車輪を出さずに胴体着陸をねらったところ等は、最小限の損害にとどめたいとの考えと思われます。社会は、生徒のいる学校に・・ と騒ぎますが住宅地や道路にそのまま落っこちるよりは、よっぽどマシな判断です。操縦者は調布で長年飛んでいる人と思いますので、普段からイザと言う時の不時着場を検討されていたのではと、思います。大事にいたらなく幸いでした。しかし、調布飛行場周辺の反対住民は、都の管理事務所やら航空局に抗議するだろうなとも思いますが、対策をきちんとして事故にいたらない安全運行を望みます。

20031010_RJTF_JA381620030525_rjtu_ja3816120030525_rjtu_ja38162左:当該機 JA3816 パイパーPA28RT-201 調布空港にて 2003/10/10 中:宇都宮飛行場にて 2003/5/25 左:同出発

追伸:10月21日に金沢市内に不時着したイギリスのGKIRKの機種が判明しました。 パイパーJ3C-65 (日本にはありません) -> パイロットご当人のHP発見

参考 航空・鉄道事故調査委員会 -> 航空事故調査のページ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/28

空想出 エアフェスタ那覇 1999/12/12

過去の画像を整理したところ、私のデジカメデビューは那覇での航空祭でした。この時初めてブルーインパルスが展開するとのことで、初めて空自那覇基地に出向いたのでした。1番機と2番機の編隊でお昼すぎ会場にスポットインした。なぜか妙にワクワクした気持ちが記憶に残っています。

991212_roah_bi1991212_roah_bi2991212_roah_bi3左:到着したBI #730と#729 中:スポットイン 右:オリオンビールキャンペーンガールと・・ 向こう側だぁ>漠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/27

空点描 仙台・穂高NDB廃止 2005/10/27

本日をもって、仙台空港にある仙台NDB(SD)と松本空港のコンパスロレーターの役割を担ってきた穂高NDB(MH)が廃止されました。これは数年前から進んでいる空港無線施設の近代化に伴うもので、今までNDBで構成されていた空港標識をLLZやT-DEMに更新してNDBを廃止していくものです。あと数年で航空路用NDBを除いてNDBは全廃されるものと思われます。

20001001_RJSS_NDB20020810_ENRUTE20020810_RJAF_NDB左:仙台空港のゼネアビ地区西側にあった仙台NDB 中:航空路を行くB747 右:松本空港の北方豊科高校のそばにあった穂高NDB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/26

空点描 ふてんま普天間

かねてから日米で交渉が続けられていた、普天間基地の移転について、キャンプシュワブでの半陸上移転で政府間の合意を得たようだ。今は陰もない橋本首相が劇的な発表をしてから9年もたっている。米軍の極東戦略転換により、大規模な基地再編の中でタイミングを逃さないで、少しでも基地返還が進むようお願いしたいものです。普天間飛行場は、市街地の高台にあるが、実際に現地にいくと飛行場としては、すごい傾斜があったり高低差のある誘導路など野戦飛行場のようなものです。また基地内にはたくさんの亀甲墓があり、それを見るにつけ占領されているのだな、と考えてしまいます。

20021006_ROTM20021006_ROTM_UC35D20021006_ROTM_KC135左:写真は2002年10月6日 フライトラインデーのもの 中:この年に導入されたUC-35D 右:SUMOの愛称のあるKC-135R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

波紀行 おかえり しらせ 晴海ふ頭 2002/04/13

チョット古いネタですが、南極観測船自衛艦しらせが晴海に帰投した折の写真です。南極で観測飛行に活躍する文部科学省のピラタスポーターが陸上げされていました。

20020413_harumi_500220020413_harumi_pc12120020413_harumi_pc122左:晴海ふ頭で陸揚げ中の自衛艦しらせ 中:翼をはずしたピラタスポーターが陸揚げされます 右:大型トレーラーに載せられます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/24

空点描 デジカメを始めたころ

デジタルの進歩はめざましく、私が現在使用しているデジカメはすでに3代目です。今日は初めてデジカメを手にしたころの素材から、南のDash8を選んでみました。

19991211_RJKA_DH819991211_RAC85419991212_ROAH_DH8左:奄美空港でのDH8 1999/12/11 中:雲をぬけて上昇中 右:那覇空港でめんそーれ 12/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/23

空点描 祝 上海便就航 富山空港 2005/10/23

日中関係が複雑なこの折、急遽決まった富山-上海便が本日から就航しました。運行会社は、上海航空 旧中国国際航空公司の分社した会社以外での日本就航はめずらしいのですが、中国東方航空が小松空港を選択して危機感をもった富山県が知事みずから上海で交渉して実現にこぎつけたものです。しかし、決定から就航まで時間がなかったため集客等の準備はととのわず、これからの利用客誘致に躍起のところです。

20051023_RJNT_dd20051023_RJNT_SAL82520051023_RJNT_SAL826左:利用促進ののぼり 中:到着したSAL825 B737-800 B5130 右:出発模様 SAL826

この就航に際して、富山空港の雄、全日空が上海航空の国際分のみならず、全日空の国内便も上海航空のコードシェアとして提供することとなりました。東京羽田から富山で乗り継いでの上海行きのコースが生まれたことになります。

上海- FM825/NH6406 -富山- NH886/FM9059 -東京(羽田)

東京(羽田)- NH883/FM9060 -富山- FM826/NH6405 -上海

20051023_RJNT_id20051023_RJNT_dd220051023_RJNT_ANA885左:国際線出発ゲート 中:国内線出発ケート 右:国内線コードシュア利用のB777(コードシュア便はいずれもスーパーシート付き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

空点描 中華は華やかり 2005/10/17

本日、10月21日のエアネタは、エバー航空のキティちゃんエアバスの福岡便投入と、おっとビックリ世界一周途中のイギリス籍軽飛行機(GKIRI)が金沢市内の道路に不時着と夕方はテレビがにぎやかでした。本日のフォトは先の17日、中国四川省の省都成都からプログラムチャーターで飛来した中国国際航空公司のB737 往路の出発先は、能登空港 たぶん富山空港始まってのJET旅客機による最短飛行となりました。富山から能登まで8000ftで10分強で飛んで行きました

20051017_rjnt_cca1077120051017_rjnt_cca1077220051017_RJNT_CCA1099左:CCA1077 B737-700 B5045 中:同 右:RJNWへフェリーされるCCA1099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

空点描 1年たってNNからGGへ

今年2月に開港して、順調な中部国際空港(セントレア)は、エアポートからエアシティへをテーマにいろいろなとこから注目のまとですね 滑走路も名古屋の2700mから3500mへと長くなってヨーロッパ便も余裕で運行できるようになりました。

20041024_RJNN_T120041024_RJNN_LHA73720050427_RJGG_LHA737左:昨年10/24の名古屋空港を離陸するT1 中:同 A340-300でフランクラルトまで長距離のLHA737 右:中部国際空港も同機種で運行するLHA737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/19

空点描 むしょうに聞きたいABの音

月日はいつしか流れて、飛行機の世界もすでにいくつも世代交代が行われていきます。1ヶ月、本物のAB(アフターバーナー)の音を聞いていないので、むしょうに聞きたくなってきました。次の遠征は11月に入ってからなので、過去の写真でこれは・・ を探してみました。

20020915_rjco_f14fa1820020915_RJCO_F14A20020915_rjco_f14s3b隔年で丘珠空港で開催される航空ページェント 私の好きなイベントの一つです。2002年開催時にフライトしたUSNAVYのF14トムキャットを選んでみました。F14はもう日本にはいませんし、まもなく全機リタイアですね。一緒に飛んでいるS3Bも退役してしまいました。なんか、つい最近のことのように感じています。

左:VF195のF14AとVFA195のFA18C 中:ダーティでのフライバイ 右:S3Bと空中給油のデモです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/18

空点描 日本の民間BizJET3

シリーズ3回目です だいぶ機種が出揃ってきましたが調べると以外と日本に導入されていますね 一時のバブル時のようにお飾りでなくて、しっかり稼動しているのが嬉しいですね。

20040911_RJCO_JA842020040731_RJCC_JA120N20050617_RJTT_JA55TH左:古くからのオペレータ伊藤組 C525 JA8420 RJCO 中:水産庁御用達中日本航空 C560 JA120N RJCC 右:数少ない羽田定置ソニー DF90 JA55TH RJTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

空点描 富山空港に集うA321 2005/10/17

ANAが機材集約に伴い将来リタイアするエアバスA321型ですが、ひょんなタイミングで富山空港で一日に3種類を見ることができました

20051017_RJNT_ANA88720051017_RJNT_AAR12820051017_RJNT_CSN614左:ANA887 JA101A RJTT発 中:AAR128 HL7735 RKSI発 左:CSN614 B2287 ZYTL行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

空点描 日本の民間BizJET2

日本の民間BizJET2は純粋な民間会社自家用機です。この分野はセスナ社が多いですね。型式はチョットあやふやな点があるので、ちゃんとした調査をしてから記述します

20030714_RJEC_JA01TM20041127_RJFF_JA525A20051009_RJNN_JA525B左:トヨタ自動車(主に国内利用) C50? JA01TM RJEC 中:オートパンサー社 C525? JA525A RJFF 左:同 JA525B RJNN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/14

今日は 鉄道の日 2005/10/14

20041022_tlex 10月14日は、明治5年新橋-横浜間で初めて鉄道が営業開始した日 国鉄時代は毎年記念行事が行われていましたが、現在は、各鉄道事業者のイベントがそれぞれ企画されていますね 何かそらとかけて探しましたが、空撮の鉄道写真を記念に!

2004/10/22 8002レ トワイライトエキスプレス 富山-呉羽 撮影機ANA881 JA8587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空点描 日本の民間BizJET

ビジネスJETと聞くと、どこかブルジョワ的な感じをうけます。日本では官庁機を除けば民間航空の先駆者マスコミに多くがあります。あと、世界的な企業とか、よくわからない不思議な会社とか・・ そんな機体を是非乗りたいという期待をこめて集めてみます。

20040912_RJCO_JA002A20040911_RJCO_JA857620040912_RJCO_JA01CP左:朝日新聞 C500 JA002A 中:読売新聞 C500 JA8576 右:中日新聞 RJ31 JA01CP いずれも2004/9 RJCO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

空点描 秋の空は

今日は、一日全天の青空 そよそよと秋の風も吹いてたいへん気持ちのいい一日でした。こんな日は、使用事業者の小型機は早朝から航空測量で大忙し 富山空港は飛行場管制化されたものの、肝心の管制官が不慣れで、かえって航空機側にストレスをあたえているようです。冬になる前に早く慣熟してください。我が家上空には、八尾、名古屋、新潟、仙台から飛んできた機体でにぎやかです

20050912_RJNT_JA387220050912_RJNT_JA390220050912_RJNT_JA3700左:南紀航空 JA3872 C172 中:中日本航空 JA3902 C206 左:アジア航測 C207 JA3700 (写真は9/12のものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

空点描 救難ヘリ 

小牧についてイワンさんからTBいただいたので、小松で撮影した救難展示からピックアップしてみました。普段の黄色いUHではないので、随分感じが違います。また展示内容も戦闘救難をデモしている内容でした。

20050918_rjnk_uh60120050918_rjnk_uh60220050918_rjnk_uh603左:救難機からの落下傘降下 中:青いUHだす 右:ロープによる急降下(写真は手ぶらですが本物の時は銃をもっております)

ちなみに私のぼろいデジカメでは、中のように高輝度のスポットライトがあると、オートフォーカスがあいません まったくもってバカなカメラです とはいっても高級機はもてないですね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/11

空点描 小牧航空祭飛来機 2005/10/9

小牧基地航空祭の外来機からぴっくあっぷ 現在の航空自衛隊現役機がほとんど集合しました。前日の雨は去って秋晴れのすばらしい青空 重ね重ね残念! T1のフライトを見ることができなくて・・

20051008_rjnn_c13120051009_RJNN_E76720051009_RJNN_F1左:前日GCAで着陸するcometcosmo31 中:マークが変わったE767(警戒航空隊) 右:ファイナルツアー中のF1 

コメントいただいてから気がつきましたが、左はcosmo31です 訂正します  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

空点描 名古屋空港 2005/10/8

名古屋飛行場の現状 定期線はJ-AIRのみとなってしまって寂しさひとしおです。民航地区ではすでに格納庫や空港設備の撤去が始まっており、国際線ビルは財務省から一般に払い下げされるようです。エプロンはほとんどが中日本航空の機体で、まるで中日本空港のようでした。

20051008_RJNN_tower20051008_RJNN_NNK20051009_RJNN_JA02AA左:建物自体は変わりませんが、管制が自衛隊、空港管理は愛知県と変わりました。 中:水産庁ご用達の中日本航空 私の見たところ3機が水産庁マークをつけていました。 右:離陸する JA02AA よくみるとタワーの上に鯱があります? アンテナカバーのようでもあるけれど???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空点描 小牧 2005/10/9

セントレアにほとんどの定期便が移動して、すっかり寂しくなった名古屋空港(小牧飛行場)にいってきました。狙いは今年度で用途廃止になるT1を見ることでしたが、残念ながら午後から東京で所要があったため、飛行を見ることはできずに1時間のみの駆け足訪問でした。

20051009_RJNN_T120051009_RJNN_C13020051009_RJNN_UH60左:第五術科学校の最後のT1 中:ブルーのC130が4機 ノーマルが1機 背景の国際線ビルは只今一般競争入札中 右:救難教育隊がある小牧ではUH60が4機見れます 残り一機は展示ライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

空点描 おきなわ さぁー 2005/10/1

芦屋に向かう途中、那覇に沖縄そばを食べによったついでに撮ったものをいくつか・・ 雲が多くて、残念ながらコバルトブルーの海とはならなかったけど・

20051001_ROAH_JA852320051001_ROAH_JG305320051001_ROAH_JA8964 左:沖縄と言えばJTAのB734 JA8523 中:第一混成団のLR2 JG3053 右:ご存知ピカチュー B744 JA8964

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/06

空点描 C1 22号機

MY AIR WORKのシシオさんから以前に乗ったC1が22号機との情報から、過去の画像を探してみました。たしかに、入間のC1でした。

20050925_rjoh_22120021215_rjfz_22220021215_rjfz_223左:2005/9/25 美保で私が搭乗したうさきマークの#22 中:2002/12/15 築城で空挺降下のために離陸する鷲マークの#22 左:同スポットイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/04

空点描 那覇-福岡 JAL3606 2005/10/1

那覇から福岡までの空撮です。ルートはNAHAからBOMAPその後たぶんIKIまでダイレクトが出て、九州西海岸を一望して、長崎空港上空から、レーダーベクターでレフトウインド34でした。

20051001_JAL3606_iejima20051001_JAL3606_izenajima20051001_JAL3606_amakusa20051001_JAL3606_saga 1.西側からみた伊江島です。3本の滑走路はほとんど使われず海兵隊は一番手前のヘリパッドを使っています。

2.伊是名島 一番下の岬に場外があります

3.かろうじて雲の隙間から見た天草空港です。すこし補正しましたので見辛いです。

4.西側からみた佐賀空港 

乗機:JAL3606 RAOH-RJFF B763 JA8267

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/03

空点描 小松-那覇 JTA031 2005/10/1

JALのマイレージを利用して、福岡に行くのにわざわざ那覇に寄り道とて出かけました。前線と台風の影響でところどころに雲がある場所がありましたが、九州は特によく見ることができました。空撮できた空港をご覧ください

20051001_JTA031_iwami 小松からそのままダイレクトに美保に向かって日本海を飛びます。出雲空港も見ることができますが、雲がかかって撮影は不可でした。もう広島上空に係るころの石見空港です。

20051001_JTA031_oita 美保からは中国地方を横断して、岩国、大分と南へ下がっていきます。今回一番よく見れた大分空港です。

 

 

20051001_JTA031_newkitakyusyu20051001_JTA031_tsuiki 岩国から大分までの間に、周防灘にある空港が一望できます。左は、来年早々開港の新北九州空港、そこから南にすぐの航空自衛隊築城飛行場 宇部山口空港も見えていましたが、写真ではよく確認できないので割愛します。 

20051001_JTA031_kumamoto 九州本島の上空に乗るころには、九州地方の空港がよく見えます。これは熊本空港 肉眼では、福岡、長崎、佐賀の存在が確認できました。 

 

20051001_JTA031_kaseda これは、鹿児島県西部にある航空局の加世田レーダーです。もし右席であれば、鹿児島空港が見えていました。

 

 

20051001_JTA031_iejima 大分から鹿児島そのて沖縄のゲートとなる沖永良部と飛んでいきます。左側であれば、鹿児島のあと島の空港が見えると思われますが、島の上だけ雲がかかっていたようです。これは、与論島上空ぐらいから見える伊江島です。3本の滑走路がよく見えます。

20051001_JTA031_JA8932 今回の乗機 JTA031 RJNK-ROAH B734 JA8932

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空青春 エアロック芦屋航空祭 2005/10/2

10月2日は芦屋航空祭 第13飛行教育団のダイヤフライトが始まる時に、ふと懐かしい曲が流れてきた。布施明さんの「これが青春だ」 そうだ、ロック岩崎さんがテーマとしていつもエアロバテックショーの時に使っていた曲です。フライトは離陸した後の急な雨で中止となってしまったが、芦屋の教官達に追悼の意思があったものと一人感じ入りました。フライトでなにか企てていたかは、残念ながら判りませんが・・

帰還して写真整理をしていると、ふとそのことが思いだされて、私ができるロックさんへのお返しは何があるだろうと考えた。そこで、このブログでエアロックの活動を私なりに点描するぐらいはできるだろうと、ARというカテゴリーでレポートしたい。しかし、「ものより思い出派」なので、グッツもブースもあまり覗きませんがその点はご勘弁を(なお、過去のページでも関係あるものはARのカテゴリーをつけました。)

20051002_rjfa_ar120051002_rjfa_ar220051002_rjfa_ar3左:展示された11AR(ちょっとスポンサードが少ないのが寂しい) 中:雨が迫っているので格納庫に退避 右:ダイヤフライトテイクオフ

*更新 おすすめリンクにAirRockを追加しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲紀行 芦屋 きんぎょちゃんとドルフィン 2005/10/2

当日の現地速報をモブログでやってみました。携帯カメラがプアなので写真はまるでプリクラ状態ですね。台風に刺激された前線が影響して一日曇天の福岡県芦屋基地の航空祭です。お昼前に前線通過の激しい雨でB.I.のフライが危ぶまれましたが、曇天ながら雲高があったので四区分(三区分?)で実施されました。久しぶりに見たサクラは高度が低かったので、とっても大きな花となりました。

20051002_rjfa_bi120051002_rjfa_bi220051002_rjfa_bi3

左:ミッションスタート 中:見事なファンブレイク 右:ソロ機も抜群

芦屋基地は、自衛隊パイロット養成のなかでジェット機での操縦を教育する航空団です。使用機材は、B.I.と同じT-4中等練習機 カラーリングも塗りわけはB.I.と同じで色が赤となっていて、俗にきんぎょちゃんと言われています。フライトは、オープニングフライトは見事でしたが、航過飛行は急な雨で離陸しましたが、キャンセルとなりました。

20051002_rjfa_13120051002_rjfa_13220051002_rjfa_133左:めずらしいノーマル塗装のT4 中:ナウテイクオフ 右:雨の中ご苦労様でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

空点描 芦屋 2005/10/2

本日は芦屋航空祭 前線のお陰で曇天、一時強い雨も降るしまつ プロペラ機のフライトは中止となったが、ファイターとB.I.はかろうじて飛んでくれました。

051002_131101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

空点描 Via那覇 2005/10/1

明日は、芦屋 福岡までの空路をマイレージでチョット贅沢して那覇によりました 小松―那覇―福岡のコース 台風が心配でしたが那覇は影響なし 先島は午後から欠航が始まったみたいです。

051001_120002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »