« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

空点描 さよなら民航YS11 

20060325_rjfg_ja876620001127_rjfc_ja885920001127_rjfc_ys11ss小さい時、旅客機と言えばYS11でした。本日は、この国産旅客機が国内の民間航空から引退する日となりました。最終は、鹿児島-沖永良部 そこまで足を伸ばせませんが、後日最後の雄姿を拝んできます。

左:2006/3/25 新種子島空港 JA8766 中:2000/11/27 屋久島空港 JA8759 右:鹿児島空港へのファイナル時に美しい日の入り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/29

空思出 岐阜 2000/10/15

20001015_rjng_f220001015_rjng_t2120001015_rjng_t22普段見慣れているうちはなんとも思わないのですが、見れなくなると無性に懐かしくなるものですね。今年の岐阜基地祭も、10月15日 ブルーインパルスも展開します。

左:試験溶装のF2 中:昨年退役したT2 右:同後ろから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/28

空想出 愛知2 2000/10/14

20001014_kowa_vortac20001014_kowa_sea20001014_kowa_ndb愛知での探検隊は、岡崎から知多半島を南下して航空無線施設を探してみました

左:河和VORTAC TACANアンテナとその向こうの丘のようなところがVORです 中:河和VORTACから見た伊良子岬 右:古くは名古屋航空無線標識所、現在の河和NDB 手前はコスモス畑です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

空想出 愛知 2000/10/14

今度のJALのスペシャルマーキングは、「JAL先特ジェット」 なんと、現代版アテンションプリーズにCAで出演した相武紗季嬢がデカデカと描かれているそうな。REGは、JA772JのB777-300 御覧になった方は、是非写真を公開してくださいね。

20001014_aichi_0120001014_aichi_0220001014_mikawa_arsr前日の沖縄は、まだまだ写真はあるのですが、怪しいのでやめておきます。本日は、セントレア供用開始によりお役ご免となった、名古屋空港のコンパスロケーターにあたる愛知NDBです

左:上空を進入機が通過 中:水平のワイヤアンテナがNDB、空に向かってくし型のアンテナがアウターマーカーです 右:三河スカイライン側にある三河ARSR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/26

空想出 沖縄:知念2 2000/10/10

20001010_okinawa_okinawandb20001010_okinawa_chinenvt20001010_okinawa_inafukucom秘密の探検隊 南部の航空関係無線施設を探してみました

左:畑の中にポツンとある沖縄NDB(OK) 中:先の空自高射隊の先にある知念VOR/TAC(TIC) 右:もう一度行くことができるかわからない、那覇レディオのTROPO送信施設と思われる稲福無線中継所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/25

空想出 沖縄:知念 2000/10/10

20001010_okinawa_0120001010_okinawa_0220001010_okinawa_03沖縄は狭い島ながら防衛の要所、南部は知念半島周辺は秘密がいっぱい

左:航空自衛隊知念分屯基地(パトリオットの高射部隊) 中:前庭にはゲートガードの04 右:基地内には「佐敷ようどれ」と言われる尚氏のお墓があり、衛門で手続きすれば見学できます

東京に出かけると、時間をみつけてはよく秋葉の書泉によります。今回、参考となる新刊図書を入手してきましたので、紹介しておきます。

その1 戦跡関係 戦争廃墟 石本馨著 ミリオン出版 1900円 全編カラー写真で有名な戦跡が紹介されています。小笠原は私も尋ねたこともあるので感動物 特攻関係は関係者の取材もあり、当時そこに生きた人々の息遣いが感じ取れます

その2 航空無線関係 新航空無線のすべて ラジオライフ編 1500円 私が資料として有効と推薦する専門書の最新刊 エアーバンド手帳なる別冊もついて、記録としても貴重 チョット値が張りますが、たいへん助かります 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/24

空想出 青空と雲2 2000/10/9

20001009_roah_2120001009_roah_2220001009_roah_23この週の遠征で、なんと大チョンボ! ある基地のオープンハウスを目当てに出掛けたのですが、日付が一日ずれていて徒労に終わってしまいました。

 

20001009_roah_31_120001009_roah_32_220001009_roah_33_1で、正解は、那覇空港南にある撮影スポット瀬長島 日付が誤っていたのはMCAS FTENMA くやしいので、看板だけ撮ってきました。が、那覇基地に帰投するF4の離陸は遠目に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

空想出 青空と雲 2000/10/9

20001009_roah_0120001009_roah_0320001009_roah_02_2 今日と明日は所要で東京に行ってます。でも時間がないので羽田へは行けません。青空と雲の想い出です。さて、場所はどこでしょう?

20001009_roah_1120001009_roah_1220001009_roah_13

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/22

空想出 明野駐屯地2 2000/10/1

20001001_rjoe_2120001001_rjoe_2220001001_rjoe_232000年のロックさんの明野でのフライトです

20001001_rjoe_3120001001_rjoe_3220001001_rjoe_33左:海上保安庁による救難デモ JA9562 中:基地に道一本で隣接している伊勢航空基地 右:三重県の防災ヘリ JA6703

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/21

雲紀行 小松航空祭:終 2006/9/17

20060917_rjnk_c01_120060917_rjnk_c02_120060917_rjnk_c03_1航空祭当日は、民航各社の恒例のスペマ機によるコマーシャル合戦も楽しみのひとつ

左:IBEXのCRJで運行されるANAの成田行き 中:ANAはピカチュー 右:JALは東京からの始発にたまごっちジェットで対抗

20060917_rjnk_c11_120060917_rjnk_c12_120060917_rjnk_c13_1左:ANAは各便の機種が違うので、一日で楽しめます 中:JALのB763 右:日曜の国際線は唯一中国東方航空のA320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

雲紀行 小松航空祭:3 2006/9/17

20060917_rjnk_3120060917_rjnk_3220060917_rjnk_33その他のめぼしい機体を 海自はP3Cのみ陸自は飛来なく金沢駐屯地から高機動車等が展示されただけでした。それでも小松はエプロンが狭いので、十分かもしれません

左:雨のため格納庫でひっそり展示のみ 中:浜松からのV107、これも天候のためお昼に帰投 右:P3Cは厚木の第3航空隊

20060917_rjnk_4120060917_rjnk_4220060917_rjnk_43救難隊展示をまてめて

左:航過飛行の後、落下傘降下 中:U125Aによる物資投下 右:戦闘救難展示はさりげなく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/19

雲紀行 小松航空祭:2 2006/9/17

20060917_rjnk_01_120060917_rjnk_02_120060917_rjnk_03_1毎年、岐阜からAGGのデモにあわせて飛来するF2(#104)です。台風の影響でお昼には、F4(#301)と共に帰投となりました。

左:AGGでは、ポップアップボンブが素敵でした 中:ハイレイトで離陸したF4 右:こちらもハイレイトで垂直上昇に移るF2 この後、F4とジョインアップして基地上空を仲良く岐阜に向かいました

20060917_rjnk_11_120060917_rjnk_12_120060917_rjnk_13_1三沢のF16は、安定した切れのいいデモ、今年のパイロット、MJ(名前を失念)の糸巻きパフォーマンス(私だけの呼び名)が好きですね。

左:フライトは#90820 中:小松はターミナルビルがアクセント 右:僚機は#92887

20060917_rjnk_21_120060917_rjnk_22_120060917_rjnk_23_1外来機は不作、例年のUSN機は空母のファミリークルーズと重なってか飛来してません

左:モデル撮影会の背景ともなるRF4 中:何故か?千歳#203のF15DJが展示されていました 右:誰も振り向きませんが、小松初披露となる静浜T7、垂直尾翼の線の数で飛行隊を識別しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

雲紀行 小松航空祭:地元F15 2006/9/17

台風の隙をついたような、ぼちぼちの天候でよかった小松です。地元F15は、スペマは無し。フライトも通年並みといった内容で、ファンの方には物足りなかったのではないでしょうか。新滑走路の工事も、路面全体はほぼ出来上がってきているようで、従来のアスファルトからコンクリート舗装となり、かなり強化されています。また、No2誘導路のところにラストチャンスが出来上がり、今回ここからかなりフライトしています。全体的に実線部隊である小松では、全然油断できない北朝鮮の状況から、 かなり遊んでいる余裕はないようにみうけられます。

20060917_rjnk_f1501_120060917_rjnk_f150220060917_rjnk_f1503左:No2のラストチャンスパッド 中:303飛行隊の#945、空対空装備 右:306飛行隊の#943、爆装

20060917_rjnk_f151120060917_rjnk_f151220060917_rjnk_f1513左:1回目のデモ、フォトサービスのフライト 中:ラストチャンスへのスポットイン 右:地上員の動作が楽しめます

20060917_rjnk_f152120060917_rjnk_f152220060917_rjnk_f1523左:2回目のデモへの離陸 中:マスフライトでもこの機数ですので、淋しいところ 右:滑走路エンドまでころがる機体は少なく、No2で折れて帰ってきます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/17

雲紀行 小松本番 2006/9/17

九州から西日本にかけて、電車が転覆するなど台風13号の被害でたいへんな日にたいへん申し訳けないのですが、今日の小松は、朝方小雨でしたが、10時ごろから明るくなってお昼には青空がのぞく天気となりました。ブルーインパルスは、多少西風が強い中でしたが、1区分で綺麗なショーを楽しめました。

20060917_rjnk_bi0120060917_rjnk_bi0220060917_rjnk_bi03_1左:朝8時の列線 中:06テイクオフ 右:ちょっと湿っぽいのでスモークは抜群

20060917_rjnk_bi1120060917_rjnk_bi1220060917_rjnk_bi13左:6番機のロールオンテイクオフ 中:チェンジオーバーターン 右:ダイヤモンド!

20060917_rjnk_bi2120060917_rjnk_bi2220060917_rjnk_bi23左:見事な編隊です 中:チェンジオーバーループ、各機ベイパーを引いて綺麗です 右:デルタロール

20060917_rjnk_bi3120060917_rjnk_bi3220060917_rjnk_bi33左:スタークロス、こんな天気です 中:1番機は隊長村上、後席村上のWM 右:お疲れ様でした

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/16

雲紀行 小松速報 2006/9/16

20060916_rjnk_bi0120060916_rjnk_bi0220060916_rjnk_bi03時々シトシト雨が降る小松です。#1、#5の2編隊に分かれてIFRで展開してきました。

左:到着時に#1はローパスして周辺を一度確認してから着陸 中:15時半ごろから予行が始まりました 右:ターミナルビルからは向こう正面となるため普段とは違った視点で楽しめます

20060916_rjnk_bi0420060916_rjnk_bi0520060916_rjnk_bi06左:ターミナルビルの陰から突然現れるので、飛行状況をイメージして構えます 中:ローリングコンバットピッチ 右:小松ならではのカーゴルクスとのショット

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/15

空想出 明野駐屯地 2000/10/1

20001001_rjoe_0120001001_rjoe_0220001001_rjoe_03写真をたどると前日の仙台から名古屋まで飛んで明野にやってきました この年は自衛隊50周年、いつもよりお祝いムードでしたが、朝は小雨 だんだん天候がよくなってきました

左:近鉄明野駅から歩いて少しで正門 中:特徴的なタワービル 右:陸自ヘリはすべての機種がそろっています

20001001_rjoe_1120001001_rjoe_1220001001_rjoe_13左:すでにOH1はかなり配属されていました 中:明野のマスフライトは伊勢フライト 右:行儀良く並んでスポットイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

空点描 仙台空港 2000/9/30

20000930_rjss_trm20000930_rjss_ndb20000930_rjss_vordem新しい空港ビルになってから展望デッキがなくなって、ブーイングの仙台空港です。近代的で綺麗なのはよいのですが、残念至極

左:新しい空港ビルと従来からのタワー、すっかり貧弱に見えます 中:すでに廃止されてしまった仙台NDB(SD) 右:仙台VOR/DEM

20000930_rjss_hoandai20000930_rjss_jaz20000930_rjss_ana左:ゼネアビ地区には航空保安大学校岩沼分校があります 管制技術官養成のためいろいろな航空保安施設のアンテナが見えます 中:これもなくなってしまったJAZのホノルル行き 右:写真を撮るなら、空港施設東側の土手から27着陸機が頭上をかすめて降りていきます

20000930_rjss_jex20000930_rjss_hda20000930_rjss_aar左:JEXの大阪行き 中:ホンコンドラゴン航空のA320 右:定期便で一番大きいのが、アシアナのB747F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

空点描 釧路空港 2000/9

20000926_rjck_trm20000926_rjck_cab20000926_rjck_ndb釧路空港の基本設備

左:ターミナルビル 中:CAB庁舎 右:釧路NDB(KS)

20000926_rjck_vordem20000926_rjck_asde20000926_rjck_akanndb左:釧路VOR/DEM(KSE) 中:A300の向こう側に見えるASDE(空港面探知レーダー) 右:コンパスロケーターにあたる阿寒NDB(KQ) 丹頂鶴がやってくる原野にあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

空点描 帯広空港 2000/9

20000925_rjcb_trm20000925_rjcb_trdr20000925_rjcb_llz帯広空港の基本設備

左:ターミナルビルとCAB庁舎 中:APID 右:LLZ

20000925_rjcb_vordem20000925_rjcb_03_120000924_tokachi_ndb左:帯広VOR/DEM(OBE) 中:帯広NDB(OB) 右:市内にある十勝飛行場用の十勝NDB(OH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

空想出 きのこ3題 釧路 2000/9/25

20000925_kushiro_kushiroarsr20000925_kushiro_kushiroharber_120000925_kushiro_konbumori_1    

 

 

 

 

文明人の神の目となるレーダーを集めてみました 以下はそれぞれ、航空局、海上保安庁、気象庁と国土交通省所管ですね。

左:釧路ARSR 中:釧路港ハーバーレーダー 右:昆布森気象レーダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

空想出 YS3題 釧路空港 2000/9/26

20000926_rjck_ankys1120000926_rjck_ja872020000926_rjck_ja8701帯広からの旅、帰りは釧路空港から おりしもこの9月に民間航空から引退するYS11が3機

左:ANKの定期便 残念ながらREGは未記録 中:航法訓練で来ていたCABのFC JA8720 右:海保事務所前に到着したJA8701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

波紀行 しらせ寄港:伏木富山港 2006/9/8

20060908_fushiki_shirase0120060908_fushiki_shirase0220060908_fushiki_shirase03今年の総合訓練で全国を行脚している砕氷艦「しらせ」が伏木港、万葉埠頭に寄港した。富山県へは8年ぶり2回目となるそうです。

左:定刻にタグに付き添われて入港、背後遠くには立山連峰は剣岳が見えています。中:ここで、転回して東向きとなります 右:艦の横幅がよくわかります

20060908_fushiki_shirase1120060908_fushiki_shirase1220060908_fushiki_shirase13地元関係団体による歓迎式典が盛大に行われました。地元高岡市長も直々に挨拶されました。

左:自衛隊支援組織の皆さん、いつもご苦労さまです 中:ゆっくりと接岸 右:式典に華を添えた地元幼稚園児による「よさこいソーラン踊り」・・地元の歌がよかぁ?

20060908_fushiki_shirase2120060908_fushiki_shirase2220060908_fushiki_shirase23しらせは昭和53年に進水して、まもなく艦暦30年 活躍も来年の航海までです。次の艦は現在建造中ですね

左:S61も残す3機のみ、これもしらせとともに退役となります 中:残稼動時間を調整しながら訓練しているそうです 右:しらせは実際は古い船なのであまりハイテク設備はありません。唯一目を引いた電子海図システム 当地がよくわかります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/08

空想出 十勝太ロラン 2000/9/25

20000925_tokachibuto0120000925_tokachibuto0220000925_tokachibuto03現在の航法はGPSが主流になってきましたが、全世界的にカバーするものとして長波の「ロラン」が運用されています。日本では海上保安庁が提供していますが、その一つ十勝太ロラン航路標識事務所を訪ねてみました。

左:一般道からの入り口です 中:原野に高いタワーがそびえています 右:ここまでは、こんな寂れた道をひたすら走ってきました

20000925_tokachibuto1120000925_tokachibuto1220000925_tokachibuto13ここは元々米軍が管理していた設備なので、機械の規格はインチが多いそうです。この維持のためよく帯広空港に米軍のC130が飛来して騒いでいましたね。

左:米軍が残していったアラスカ犬は番犬として健在でした 中:事務所入り口、中を快く見学させていただきました 右:設備はいろいろありますが、これが制御装置のようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

空想出 とよころ飛行場 2000/9/25

20000925_toyokoro0120000925_toyokoro0220000925_toyokoro03十勝川を下っていくと海にでるちょっと前の豊頃町にとよころ飛行場があります

左:町役場から山の方にのぼって入り口です 中:ゲートガードのPA28-140(旧JA3606) 右:滑走路全景 ライブカメラもあるようです

航空写真->(Yahho) http://map.yahoo.co.jp/beta/index.html?lat=42.47.38.397&lon=143.29.49.139&sc=4&mode=aero

ライブカメラ-> http://www.k-air.co.jp/htmls/live_toyokoro.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/06

空想出 雨の帯広空港 2000/9/25

20000925_rjcb_0120000925_rjcb_0220000925_rjcb_03この時は、帯広から入って釧路まで海岸線を探検する旅でした。先日、制限区域に侵入した女性は、その後どうなったのでしょうね? 続報が知りたいものです。

左:帯広空港は送迎デッキがないのでターミナルから写真を撮るにはチョット難点です 中:ターミナルの反対側に移動するとVORの近くでこんな風に撮ることができます 右:広大な畑の中をさまよって見つけた、帯広NDB(OB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

空想出 帯広駐屯地 2000/9/24

20000924_obihiro0120000924_obihiro0220000924_obihiro03今は規模が縮小されて旅団となってしまった帯広の第5師団です。ここは何故か好きで、今まで3回も訪れています。自走流弾砲の連撃が迫力です。

左:緑ヶ丘のバス終点が駐屯地入り口 中:第一対戦車ヘリコプター隊が駐屯しています 右:駐屯地内エプロン、十勝飛行場からはけっこう離れています

20000924_obihiro0420000924_obihiro0520000924_obihiro06左:格納庫そばのヘリパッド 重にこれを使っているようです 中:エプロンから十勝飛行場に通じる誘導路 もちろんヘリ用 右:雨の中での模擬戦に突っ込むAH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »