« 2006年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2006年11月

2006/11/09

波想出 ハワイィ:BB39-63 2000/10/24

20001024_hawaii_bb391020001024_hawaii_bb391120001024_hawaii_bb3912左:アリゾナの砲塔跡、船体はこの海の下にあります 中:同様に鎮座しているBB36 NEBADA 右:同AR4 VESTAL ARは工作艦です

20041024_hawaii_bb630120041024_hawaii_bb630220041024_hawaii_bb6303左:フォード島にあるBB63 MISSOURI 中:先日の橋をバスで渡って見学できます 右:湾岸戦争にも参戦した戦艦です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/08

波想出 ハワイィ:BB39 2000/10/24

20001024_hawaii_bb390020001024_hawaii_bb390120001024_hawaii_bb3902ハワイ想出シリーズに戻ります。ホノルルから1$路線バスに乗って、メモリアルとなっているアリゾナ記念館まで行ってみました。

左:かのパールハーバーはフォード島に接岸したまま鎮座しているUSS ARIZONAのメモリアルです。本島側が博物館となっています。 中:アリゾナメモリアルまでは、御覧の船で渡ります 右:リメンバーパールハーバー 当時の状況がパネルとなってます 先に見えるは、フォード島に通じる橋です

20001024_hawaii_bb390320001024_hawaii_bb390420001024_hawaii_bb3905_1フォード島は今も米海軍の施設ですので、勝手には入れません。今でこそ親密な間がらですが、過っては日本も悪の枢軸だったのでしょう

左:アリゾナ記念館全景 中:中はアリゾナで戦死した人々の名前が刻まれています 右:当時のパールハーバー 写真の上の方に石油タンクがたくさん見えますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/07

雲紀行 浜松おまけ 2006/10/28

20061028_rjnh_bi9020061028_rjnh_bi9120061028_rjnh_bi92前日28日、豊川から下道を走って浜松に到着したところ、ブルーの予行に間に合いました。急に曇ってきて第3区分でした。

左:チェンジオーバーターンへの進入 中:インバーテッド! 右:曇天にさくら

20061028_rjnh_bi9320061028_rjnh_bi9420061028_rjnh_bi95左:ローリングコンバットピッチ 中:フライト終了でランディングに向けて進入 右:もう随分暗くなってしまい、この後しばらくで雨に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

空点描 ニュース2題 2006/11/6

【エアバスA380成田飛来】 シンガポール航空が成田への乗り入れを予定しているA380が試験飛行で飛来する。到着は11月19日、出発は翌20日の予定です。

【陸自AH1S墜落】 木更津の第4対戦車ヘリコプター隊のAH1S1機が、本日午後3時過ぎ、訓練飛行中に千葉県鴨川市の山中に墜落横転した。乗員2名はけがはしてる模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲紀行 浜松3 2006/10/29

20061029_rjnh_ve0a20061029_rjnh_ve00_120061029_rjnh_ve02米軍からの飛来は、海兵隊VFMA115のFA18A+が2機 いずれも艦載機番号をつけています

左:手前の#211は中央に偵察ポッドのようなものを抱いています 中:帰投時の1コマ 右:フライバイはNG

20061029_rjnh_ve0320061029_rjnh_ve1020061029_rjnh_ve11左:かわいい7つの子がいる山に帰っていきました 中:前日28日ブルー予行終了直後の進入 右:RW09の外周で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

雲紀行 浜松2 2006/10/29

20061029_rjnh_4020061029_rjnh_4120061029_rjnh_42地元第1航空団のフライトは、今年は少し少なめ オープニングとマスフライト

左:一番フライトに出発 中:救難展示の中、RWへ 右:みんな元気に手を振ってくれます

20061029_rjnh_5020061029_rjnh_5120061029_rjnh_52左:フライト列線 中:大編隊は、この傘型隊形のみ 右:編隊分離してダーティでの航過

20061029_rjnh_6020061029_rjnh_61_120061029_rjnh_62_1ファイターは、小松の306SQからF15 岐阜のATWDからF2B#101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

雲紀行 浜松1 2006/10/29

20061029_rjnh_1020061029_rjnh_1120061029_rjnh_12密かに今年が最後のものがいくつか? T-7への置き換えが進むT-3 あのグワーンとしたエンジン音もあとわずか

左:第1術科学校の研修機のT7と静浜のT3 中:静浜からはT3x1 T7x2の編隊で航過飛行 右:T7はほんと静かで、T3の音しか聞こえません

20061029_rjnh_2020061029_rjnh_2120061029_rjnh_22こちらも後わずかの僚機MU2とV107、最後はこの浜松となる模様ですね。

左:すでに所属は記載されていない#226 中:浜松にはMU2、V107共3機ずつ確認できました 右:救難展示でのツーショットMU2:#228 V107:#850

20061029_rjnh_3020061029_rjnh_3120061029_rjnh_32日本にいては珍しく感じないE767ですが、世界でこの4機しかないので、実は珍機です。

左:飛行隊エプロンには3機がそっていました 中:ローパスも静かなもの 右:是非、編隊で見てみたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸紀行 豊川駐屯地56周年2 2006/10/28

20061028_toyokawa_1020061028_toyokawa_1120061028_toyokawa_12左:準備の間合いにはらっぱドリル 中:赤軍の準備が整って状況開始です 右:情報中隊が偵察に進出

20061028_toyokawa_2020061028_toyokawa_2120061028_toyokawa_22左:敵機警戒の高射隊も展開 中:支援砲撃のりゅう弾砲の準備 右:情報中隊通信のアンテナ建設

20061028_toyokawa_3020061028_toyokawa_3120061028_toyokawa_32左:偵察隊がしずしず進出 中:支援砲撃開始 右:普通科も迫撃砲で支援

20061028_toyokawa_4020061028_toyokawa_4120061028_toyokawa_42左:今津駐屯地の第10戦車大隊から74式戦車登場 中:うてぇー 右:施設隊が地雷原を開さん

20061028_toyokawa_5020061028_toyokawa_5120061028_toyokawa_52左:総突撃で敵陣殲滅で状況終了 撤収の模様 中:公道を通って基地内へ 右:こんなのんびり撮影会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

雲紀行 浜松AR 2006/10/29

20061029_rjnh_ar0020061029_rjnh_ar0120061029_rjnh_ar02Airrockのサニーフライト 青空の下、快調な気持ちよいマニューバーでした

20061029_rjnh_ar0320061029_rjnh_ar0420061029_rjnh_ar05今日は入間ですが、残念ながらお疲れモードでパスしました。シーズン追い込みはどこまで行けるか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

陸紀行 豊川駐屯地56周年 2006/10/28

浜松へ展開する前日、丁度創立記念行事がおこなわれる陸上自衛隊豊川駐屯地に寄ってみました。ここには、空に関する部隊は、高射特科が駐在しますが、主体は特科です。愛知県は三河地方が管轄地域ですが、旧海軍工廠の跡地に存在する部隊として、地元からは信頼がおかれた部隊のようです。式辞は陸のどこでもお決まりの進行ですが、来賓に現職の外務副大臣(元防衛政務官)殿がいらして、最新の政府の考えがわかり有意義でした。その中では、現状の丸腰状態では危険な任務には出せないとの、見解がもっともと感じました。とかく感情、感傷的な議論が多い日本ですが、現実を見据えた議論が早く必要と思うしだいです。

【駐屯部隊】 第10特科連隊、第10高射特科大隊、第6施設群、第49普通科連隊、駐屯地業務隊、第308会計隊、第306基地通信隊、第114地区警務隊

20061028_toyokawa_0020061028_toyokawa_01_120061028_toyokawa_02現地には朝5時半に到着しましたが、すでに準備が始まってました。観閲車両は100台を超えていましたね。

左:演習場に整列した車両 中:まだ準備は続きます 右:駐屯地まわりの公道も利用します

20061028_toyokawa_0320061028_toyokawa_0420061028_toyokawa_051個中隊3両で構成された観閲部隊です。即応予備自衛官も多数参加していました。

左:10特、10高特、49普の各幕僚指揮車から行進開始 中:ホスト部隊の10特は、155mmりゅう弾砲(FH70)の野戦部隊 右:なんと12中隊まであります 10特-5-12 第10特科連隊第5大隊第12中隊(中隊番号は、連隊で通しです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/01

雲紀行 浜松B.I.2 2006/10/29

20061029_rjnh_bi1020061029_rjnh_bi1120061029_rjnh_bi12いつも思いますが、飛んでる画像はキャプションがないと、結局どこだか判らないのが難点です。でも、フライトを肌で感じるのが、やめられない原因ですね。

左:スローロール 中:GO レターエイト 右:ランディングロール

20061029_rjnh_bi1320061029_rjnh_bi1420061029_rjnh_bi15帰投フライトもしぶとく粘って、ライダーにバイバイのあいさつです。スポットアウト時は、キャノピーを閉じてましたが、誘導路でオープンして、フリフリタイムでした。

左:中:片手で写真、片手はバイバイ状態 右:編隊離陸でのギアアップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2009年2月 »