« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

【戦競09】教導隊御一行様 小松飛行場 2009/5/29 fri

20090529_rjnk_emmetline

戦技競技会の参加部隊の相手となるのは、もちろん新田原に所在する飛行教導隊。新田原の基地祭に出撃しても、地上展示や飛行展示等で一同に見ることはできないのは残念である。しかーし、このように訓練に全機が展開すると、素晴らしいフライトラインが拝める。

全機到着して、小松のベースオペレーション前に整列したコブラ軍

20090529_rjnk_emmet68

露払いは、T4 RWが24から06に変わり、ターミナル上空で反転して9時40分に着陸した。  46-5722 蟻68

20090529_rjnk_emmet091

第一陣は、3機編隊で9時50分着陸 82-8091 蟻11

20090529_rjnk_emmet095

92-8095 蟻12

20090529_rjnk_emmet096

92-8096 蟻13

20090529_rjnk_emmet068

第二陣は、2機で10時01分着陸 92-8068 蟻15

20090529_rjnk_emmet071

02-8071 蟻16

20090529_rjnk_emmet088

那覇の白頭鷲が到着した後、RW24に変更。午後に残りの2機が14時16分に着陸。ラッキーで素晴らしい着陸が拝めた。 52-8088 蟻11

20090529_rjnk_emmet092

82-8092 蟻12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【戦競09】競技機参集 小松飛行場 2009/5/29 fri

【平成21年度航空総体戦技競技会(戦闘機F15部隊部門)】

5月28日(金)小松飛行場には、戦技競技会に参戦する各部隊の機体が、続々到着した。各機一同に見られるかと思いきや、情報によると百里の305SQは前日(5月27日)に展開済みとのこと。この日は、格納庫から動くことなく残念ながら映像はありません。20090529_rjnk_megus934

最初に地元機から。303SQは、フィンバンドと左右インテークに塗装があるのみ、増槽には緑の龍?。

22-8934 22-8937 82-896420090529_rjnk_jeans961

一方、306SQは尾翼の犬鷲マークが稲妻に焼かれているような、視認性バッチシ塗装。

72-8961 62-8958 52-895720090529_rjnk_haken01

教導隊の一団が降りた後、ダウンウインドでブレイクして着陸した千歳の201SQ。なんか苦情でも入ったのか、この後は基地上でのブレイクはなくなった。着陸は10時22分。編隊長機のみカラー塗装。 42-8949 逆卍0120090529_rjnk_haken03

12-8926 逆卍02 20090529_rjnk_haken02

12-8923 逆卍03

20090529_rjnk_atom15

201SQから間髪措かず同じ千歳の203SQは10時29分着陸。ブラインドスコードロンを自任する同隊は左右インテークに塗装があるのみ。42-8832 原子15

20090529_rjnk_atom16

52-8955 原子16 千歳の部隊は早々に部隊旗でお出迎えしていた。

20090529_rjnk_atom17

72-8960 原子17

20090529_rjnk_edver15

地元部隊の訓練離陸が始まった間を縫って10時47分に着陸した築城の305SQ。 垂直尾翼インサイドに右側「天狗道」 82-8899 天狗1520090529_rjnk_edver16

左サイドには「築城」 22-8932 天狗16

20090529_rjnk_edver17

42-8946 天狗17

20090529_rjnk_elbow01

本日の取は、12時25分に着陸した那覇からの204SQ。タンクが1本のノーマルなので新田原ででも中継してきたか。機首に鷲頭、インテークに脚爪と凝った塗装です。また部隊マークも赤羽が8枚に3枚の立羽と83航空隊用に変わっているようです。なおこの機体のみ右翼にもAAM3プローブを搭載していた。42-8944 肘0120090529_rjnk_elbow02

02-8919 肘0220090529_rjnk_elbow03

32-8943 肘03

どうです、見に行きたくなったでしょう? 幸い月曜からはまあまあの天候なので、楽しめるのではないでしょうか。但し、北が変なことをしない限りと言う、強烈な脅威を横で見ながらですが。また場周にいらっしゃる方は、くれぐれも交通事故とマナーを守って、周辺住民から通報されないようにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

F22嘉手納到着 2009/5/30 sat

北朝鮮が訳の解らない脅しを続けているが、asahi.comの配信によると、F22ラプター4機が30日、嘉手納基地に到着した。本日のシンガポールでのゲイツ国防長官の発言を聞くに、米軍も本腰を入れて対応するものと思われる。私見ではあるが、残りの機体は、6月1日の夜に嘉手納到着ではないか? 確認したいものだ。また、横須賀のGWは6月も日本近海に留まる模様か。

追記、今NHKの映像で確認したところ、バージニア州ラングレイAFB、1FW/27FSの機体である。これで3回目の展開となる。航空自衛隊も小松で戦競を実施できる情況か、北の動向を注目しないといけない。

-asahi.com記事-

米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22ラプター4機が30日、沖縄本島中部の米軍嘉手納基地に着いた。在日米空軍によると、約4カ月間にわたって計12機が配備され、残り8機は近く到着するとみられる。同基地へのF22配備は07年2月から始まり3回目で、今年1~4月に3カ月間訓練を繰り返していた12機が帰還したばかり。地元自治体などに「騒音の発生回数が大幅に増え、常駐化につながる」と反発が広がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

戦技競技会準備整いました 小松飛行場 2009/5/29 fri

20090529_rjnk_c001 平成21年度航空総体戦技競技会(戦闘機F15部隊部門)は、本日5月29日(金)から6月4日(木)まで、小松基地と日本海のG訓練エリアで行われる。本日は全国各部隊の競技参加機の展開日である。朝から小松空港のデッキはご同業の勇士でいっぱいだった。

また、本日まで新田原基地で実施予定であった同競技会(戦闘機F2部隊部門)は、天候不良の為すべて中止となった模様である。残念! ->航空総隊TOPICS

本日は、とりあえずで後ほど展開の模様を披露します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P3Cジブチへ出発 2009/5/28 thu

ソマリア沖海賊対策のため、海上自衛隊P-3C哨戒機2機が厚木航空基地を本日出発した。

派遣されたのは、第3航空隊の5079,5080。

なお、先遣隊は5月18日 成田から民間機で、また整備機材などを積んだ航空自衛隊のC130輸送機が同日、小牧基地から出発している。

ところでジブチってどこ? と思うが、海賊報道により位置関係は、わりと理解できているかなぁ。しかし、ジブチって国はどんな国となると、さっぱり報道もされないので、マスコミは相変わらず、偏った報道しかしない。精々この機会にインターネットを駆使して理解を深めておきたい。

ジブチ共和国 République de Djibouti(フランス語)

1997年にフランスから独立したが、軍事については今でもフランス軍が担っている。

また、先に海賊対策を行っているのは、第150合同任務部隊(Combined Task Force 150,CTF-150)となっている。

ジブチのDjibouti Ambouliは同一空港であるが、たぶん民間と軍用で2つのICAOコードがつけられている。

HFFF  Djibouti

HDAM Djibouti Ambouli

写真を見るところ、ほとんどが軍用機のようです。北西側エプロンが民航用のようで、4発のA340が見えます。時差は日本から-6時間。METARを見る限り晴天のようですが、35℃もあるのは辛いですね。

HDAM 281400Z 06005 KT CAVOK 35/24 Q1004
HDAM 281300Z 08008KT CAVOK 35/25 Q1004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

気になるFlightPlan 仙台空港 2009/5/23 sat

最近はAn124の飛来で話題の仙台空港ですが、アメリカからの新造機の通関空港としてよく利用されます。不況の最中とは言え、国内航空会社の新造機受領はあり、先に全日空向けB737-800のフェリーがあったので調べてみた。

ANK9984 B737-800 RJSS.Arr 5/23 JA55AN

5/22 KBFI(Boeing Field Intl) Dep.09:05PDT - PANC(Anchorage Intl) Arr.11:10AKDT

SEA J523 YZT J502 ANN J195 BKA J501 JOH  FL380

5/22 PANC(Anchorage Intl) Dep.12:31AKDT - RJSS(Sendai) Arr.EAT12:28JST(+1)

NODLE R220 NULUK R220 NANDY R220 NODAN

ANK9984 B737-800 RJSS.Arr 5/14 JA??AN

5/13 KBFI(Boeing Field Intl) Dep.09:05PDT - PANC(Anchorage Intl) Arr.11:22AKDT

SEA J523 YZT J502 ANN J195 BKA J501 JOH FL400

5/13 PANC(Anchorage Intl) Dep.12:19AKDT - RJSS(Sendai) Arr.EAT12:48JST(+1)

NODLE R220 NODAN FL400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

5NETOE 2009/5/23 sat

20090523_5netoe_ballun 【常願寺川・神通川連合水防演習】

主催:富山河川国道事務所水防連合会、富山市、富山県、国土交通省北陸地方整備局

国土交通省地方整備局主催の防災訓練が、我が家の目と鼻の先で行われた。場所は、国土交通省北陸地方整備局富山防災センター前の常願寺川河川敷である。

追記:地上と空の統制用として、「MIZUHASHI FlightService」が開局した。

20090523_5netoe_ja6819

主催者の北陸地方整備局のヘリコプター「ほくりく」。情報訓練で搭載カメラからの映像を会場に伝送していた。前日から展開して調査飛行をしていた。 BH41 JA681920090523_5netoe_ascot20

航空自衛隊小松救難隊から偵察飛行としてU125Aが飛来。 ASCOT20

20090523_5netoe_hero871_2

道路寸断で水難者を搬送できないとう想定で、航空自衛隊小松救難隊のヘリが搬送訓練。

20090523_5netoe_hero872_3 整地はしてあっても河原です。ダウンウォシュでホバリングしている高さまで砂塵が巻き上がります。

20090523_5netoe_hero873

いつもの手際の良さで収容です。なお予定されていた富山県警察本部航空隊のヘリは、アクチュアルミッションで不参加となった。

UH60J HERO87

20090523_5netoe_14reg

一方、陸上自衛隊は、炊き出し支援で第14普通科連隊から炊事車を出して、炊飯しました。

20090523_5netoe_jg382sq また、地元富山駐屯地の第382施設中隊は、自走架柱橋を装架して車両の通行を可能とした。

20090523_5netoe_hp

おまけで、富山防災センターのヘリポート。中型ヘリが3機駐機できるスペースがあります。

20090523_5netoe_ana885 これもおまけ。現地から富山空港に進入する ANA885 B763

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮飛行場 2009/5/17 sun

20090517_rjtu_washi

【陸上自衛隊北宇都宮駐屯地開設36周年記念行事】

あいにく、全国的に雨。予定されていた航空行事は、すべてキャンセル。外来機もGCAでやってこれる自衛機のみ。いつも賑やうプライベートの小型機は、見ることができませんでした。おかげで、ゆっくり展示等を確認してきました。と、言っても10時半には、離脱した。

20090517_rjtu_ys11t

GCAで雨の中着陸した、YS11T。海自から唯一の参加機。 205ATS 6903 YS11T

20090517_rjtu_c1

こちらもGCAで着陸した入間のC1。動いている絵は、この2点のみ。他に、百里のUH60Jが当日飛来した。 402SQ 78-1023 C1

20090517_rjtu_uh60ja_2 飛行予定でエプロンに駐機していた第12ヘリコプター隊のUH60JA 43105 43110 43122

20090517_rjtu_jg2923

相馬ケ原駐屯地の第12ヘリコプター隊第2飛行隊のCH47J 52923

20090517_rjtu_jg1193

北宇都宮駐屯地のもう一つの部隊、陸上自衛隊航空学校宇都宮分校のOH6D。飛行展示予定のOH6は格納庫の中で一機も表に出ていませんでした。 31193

20090517_rjtu_jg3051

航空学校のLR2 23051

20090517_rjtu_jg2016

今回、唯一の記念塗装した航空学校のLR1。正面と側面に36周年記念の「36」と垂直尾翼に雷神の絵。 22016

20090517_rjtu_jg1830

格納庫内で展示され、さかんにコックピットでの写真撮影に供されていた航空学校のUH1JA 41830

20090517_rjtu_ja9814

地元、富士重工業からは自社のBH06 JA9814

20090517_rjtu_ja6181

UH1の民間型BELL212型 JA6181

20090517_rjtu_3041

レイセオン・ビーチのBae125がベースのU125飛行点検機。日本での代理店が富士重工となることから展示されている。 29-3041

20090517_rjtu_4566

残り少なくなってきた旧塗装のUH60J 百里救難隊からGCAで朝に到着した。 78-456620090517_rjtu_1023

402SQ C1 78-1023

ゲートガード類は、特に変更は無かった模様です。

【基地入口展示】

LR1 SU 22006 UH1JB MEH 41637 OH6D SU 31141 T17 SU 11366

【航空公園展示】

F86F BI 82-7818 T34 SU 60506 TH55J SU 61335 OH6J VIII 31115 HU1B WH 41571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

雨の宇都宮

雨の宇都宮
全国的に雨、フライトはキャンセル。外来はC1.U125.UH60J.YS11T

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

JAL機コンテナ吸い込む KLAX 2009/5/12 thu

米ロサンゼルス国際空港で出発準備をしていた日本航空のB747-400旅客機が11日、第一エンジンに貨物用コンテナが吸い込まれ、出発を中止した。(配信の日本語訳が映像で見る事実と乖離しているので、意訳した。)

当該機は、JAL61便 ロサンゼルス-成田 機番は、JA8922。ちなみに吸い込まれたコンテナは、LANチリ航空の物と見て取れた。JAL及び搭乗客にとっては、とんだとばっちりである。映像を見る限りは、TW脇にころがっていたコンテナを一番左側の第一エンジンが吸い込んだようだ。

なお、ロサンゼルス空港では、過去に2005年8月21日、同じJAL61便が、出発のために駐機場を自走にて出た際に、管制官の指示で誘導路上のコンテナを避けようとして旋回したところ左翼端が隣接駐機場の乗客搭乗橋に接触したため、駐機場に引き返した。と言う事故があり、ロサンゼルス空港の管理に問題があるのではないか。

->AFPBBnews

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの政府専用機運行 2009/4/29-5/6

一般庶民がGWでうかれている間に、日本国首相は、2回外遊にお出かけだった。用機は、もちろん政府専用機であるが、ちょっと気になったのでしらべてみました。

政府専用機運航日程
   4.29(水) 東京国際空港 発 → 北京首都空港 着 
     30(木) 北京首都空港 発 → 東京国際空港 着

政府専用機運航日程
   5.3(日) 東京国際空港 発 → ルズィニエ国際空港 着
     4(月) ルズィニエ国際空港 発 → テーゲル空港 着
     5(火) テーゲル空港 発
     6(水) 東京国際空港 着

■北京首都空港 Beijing Capital International Airport(IATA: PEK, ICAO: ZBAA)

 中華人民共和国北京市にある国際空港

  Airport information

  Airport Weather

■ルズィニエ国際空港 Ruzyně Airport (IATA: PRG, ICAO: LKPR)

 チェコ共和国プラハにある国際空港

 Airport Infomation

 Airport Weather

■テーゲル空港 Berlin Tegel "Otto Lilienthal" Airport (IATA: TXL, ICAO: EDDT)

 ドイツ・ベルリンのテーゲルにある国際空港。建設中のブランデンブルグ国際空港(2011年予定)が開港すると閉鎖の予定。

 Airport Infomation

  Airport Weather

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/09

FRIENDSHIP DAY2009 2009/5/5 tue

20090505_rjoi_usflag 5年振りの岩国です。今年は駐在部隊が全て所在しているので期待してます。

Schedule of Performances 演技予定

0930 - 1030 Airock エアーロック
Simulated Close Air Support Demo 近接航空支援模擬飛行
Aerial Refueling Demo 航空機による燃料補給デモンストレイション

KC-130J Max Effort Take-Off 短距離離陸

1050 - 1120

F-4 Fly-by F-4 フライバイ

Thunder Run サンダーラン

Topfuel Harley Taka Shigematsu トップフューレル・ハーレー

1130 - 1140 Jetpack Demo ジェットパック
III MEF Band 第3海兵機動展開部隊バンド
1200 Break 休憩
1300 - 1320 AV-8B Harrier Level III Demo AV-8Bハリヤー
F-15 Fly-by F-15フライバイ
1330 - 1400 Jumpers ジャンパー
F-16 Pacific Air Forces Demo 大平洋空軍 実演飛行
1420 Airock vs. Topfuel Harley エアーロック vs トップフューレル・ハーレー
1445 Blue Impulse ブルーインパルス

Flight Topics

20090505_rjoi_fa18d

Simulated Close Air Support Demo & Aerial Refueling Demo   に離陸するFA18D

20090505_rjoi_refuel

参加機は、

FA18C VMFA(AW)225 CE01

FA18D VMFA(AW)242 DT03

FA18D VMFA(AW)242 DT08

AV8B VMA211 USS ESSEX CF04

AV8B VMA211 USS ESSEX CF20

AV8B VMA211 USS ESSEX CF24

KC130J VMGR152 KC135J

20090505_rjoi_f4427

新田原からフライバイは、301SQのF4EJk 427、438

20090505_rjoi_us202

03号機が演習参加で不在のため、地上展示はなかったUS2。短距離離陸、高速パス、低速パスを披露。高速はP3Cのように、低速はセスナのような飛行でした。写真は低速飛行でフルフラップで飛行中、70ktなり。 US2 71SQ 9902

20090505_rjoi_mc130992

パラジャン披露のMC130が短距離離陸。背後は、建設中の新管制塔。

MC130H 353SOG1SOS 50992 JACKAL 

20090505_rjoi_av8cf00

AV-8B Harrier Level III Demo まるでヘリのように横移動中

AV8B+ VMA211 USS ESSEX CF00

20090505_rjoi_f15835

空自の2番手は、築城のF15 304SQ F15J 835,841

20090505_rjoi_f16886

USPACAFのデモチーム 三沢の35FW14FSのF16CJ 886 ノーマル塗装機がデモをするのは珍しい。

20090505_rjoi_ja11ar

Airockは午前と午後の2回フライト。午後はハーレーとの04競争も行ったりと、今や安定したフライトとなっていました。

JA11AR PTS2

20090505_rjoi_bi

全演目の取りは、もちろんBlue Impulse 第1区分で一部第2区分で実施された。写真は、デルタループ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山空港 2009/5/4 mon

2009_rjom_ja212jp

富山から10時間かけてやってきました松山空港。途中の天候も小雨等で、観光もせずに来ました。計画では瀬戸大橋で朝日を眺める予定でしたが、ただひたすらアクセルを踏んでました。

松山空港は、以前に何度か訪れていて、滑走路南側に隣接する公園があるのと、飛来する機体が多彩であることに魅力があります。到着してから、根気が続くまでと思ってましたが、14時には気力的にくたびれてきたので、次の行程も考えて岩国に向けて出発しました。途中しまなみ海道は島の合流で渋滞、山陽道は本郷で事故処理の長い渋滞に巻き込まれ、岩国到着は19時半となってしまった。やっぱり、のんびり夕方までいて夜間の移動にすればよかったと反省。

各機種を一点づつピックアップしてみました。

2009_rjom_ja8578

ANA442 RJOM-RJOO B763 JA8578

大阪便は、高速バスに大分食われているようで、朝一と最終到着にしか大型機が入っていません。

2009_rjom_ja843a

ANA1632 RJOM-RJOO DH84 JA843A

DH8が初めて就航したころは、わざわざ見にきたような記憶があります。今では、あまりにもあたりまえの景色

2009_rjom_ja8265

JAL1461 RJTT-RJOM B763 JA8265

初めてJALが松山に就航したころは、DC10なんかも飛来していました。

2009_rjom_ja844c

JAC2304 RJOM-RJOO DH84 JA844C

JALグループも大阪は、JACのDH8かSF3。で、今回初めて気がついたのですが、DH8はブレーキを踏むとスポイラーが自動的に立つようだ。先のANA機もトラ模様のスポイラーが見えます。

2009_rjom_ja001e

JA001E C172 愛媛航空

地元の航空機使用事業者、愛媛航空のセスナ

2009_rjom_ja203j

JAL3592 RJOM-RJFF CRJ JA203J

松山と言えば、背景にあるテイジンのコンビナートが有名。かつてJASのYS11が飛んでいたような路線は、J-AIRが担っているようです。

2009_rjom_ja706a

ANA590 RJOM-RJTT B772 JA706A

現在の一番大型の機材、B777-200。2500mの滑走路も余裕です。

2009_rjom_b2216

CES275 ZSPD-RJOM A319 B2216

松山空港の国際線は、この上海とアシアナのソウル。

2009_rjom_ja313j_2

JAL1463 RJTT-RJOM B738 JA313J

羽田便には737-800も入っています。昼間帯は需要が低いのでしょうか。

2009_rjom_ja8934

JTA003 RJOM-ROAH B734 JA8934

トランスオーシャン航空の栄えある本土初路線となった松山です。でも今もわかりにくい2便/3便の便名である。

2009_rjom_ja8900

JAC3686 RJOM-RJFK SF3 JA8900

小さくても搭乗するのは、一寸素敵なSAAB340B。大阪と鹿児島に飛んでいます。

2009_rjom_ja54an

ANA446 RJOM-RJOO B737 JA54AN

ANAも新鋭機が飛んでます。大阪との間に一往復だけ設定されている。

2009_rjom_ja212j

JAL3593 RJOM-RJFF E70 JA212J

取りは、ニューフェース、エンブラエル170。小牧と間合いの福岡に飛んでます。

※総括 あともう少しがんばれば、全ての機種がゲットできたのに根性が足りません。撮影を逃したのは、JALのA300-600R、MD90とANAのB735。トータルで16機種も飛んでいることになります。

JA8669 RJTT-ANA583-RJOM-ANA584-RJTT B763

JA841A RJGG-ANA1821-RJOM-ANA1822-RJGG DH84

JA002C RJOO-JAC2301-RJOM-JAC2302-RJOO SF3

JA212J RJNA-JAL4391-RJOM-JAL4392-RJNA E70

            RJFF-JAL3593-RJOM-JAL3594-RJFF E70

JA843A RJOO-ANA1631-RJOM-ANA1632-RJOO DH84

            RJOO-ANA1633-RJOM-ANA1634-RJOO DH84

JA844C RJOO-JAC2303-RJOM-JAC2304-RJOO DH84

JA706A RJTT-ANA585-RJOM-ANA590-RJTT B772

JA203J RJFF-JAL3591-RJOM-JAL3592-RJFF CRJ

JA841C RJOO-JAC2305-RJOM-JAC2306-RJOO DH84

JA8934 ROAH-JTA002-RJOM-JTA003-ROAH B734

JA54AN RJOO-ANA443-RJOM-ANA446-RJOO B737

JA8900 RJOO-JAC2307-RJOM-JAC8686-RJFK SF3

B2216 ZSPD-CES275-RJOM-CES276-ZSPD A319

JA313J RJTT-JAL1463-RJOM-JAL1466-RJTT B738

JA601A RJTT-ANA589-RJOM-ANA592-RJTT B763

JA846A RJOO-ANA1635-RJOM-ANA1636-RJOO DH84

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

他も忙しい 富山空港 2009/5/3 sum

忙しいのは国際線だけでは無く、まだまだGWの移動が続いています。代表してANAのB772

20090503_rjnt_ja706a ほぼ満席到着のB777。これだけでも忙しい。

ANA885 RJTT-RJNT B772 JA706A DEP.ANA886 RJNT-RJTT

20090503_rjnt_ja889a 連休でも天候が良ければ実施される航空測量。本日は上がったけれど雲多く、ミッションキャンセル

JA889A C208 共立航空撮影

20090503_rjnt_ja03hk 立山方面の写真撮影を実施した、おなじみの北國新聞社機

JA03HK EC135

20090503_rjnt_ja6769 今日一番忙しかったのは、この機体。これもおなじみ富山県警機ですが、本日のS&R出動は5回も。先の鳴沢岳のように死者が出ていないから報道にものっていないけど、気軽に山にいける分、事故も多い。

JA6769 A109 富山県警

20090503_rjnt_ja893f 富山県警ヘリだけでは、捜索等にパワーが足りず、石川県防災ヘリも応援に来ていた。負傷者を収容し県立中央病院に降ろして、富山空港で給油して帰投した。お疲れ様でした。

JA893F B421 石川県

【他の確認機体】

JA8342 B763 RJTT-ANA881-RJNT-ANA884-RJTT

JA8289 B763 RJTT-ANA883-RJNT-ANA377-RJCC

JA8670 B763 RJTT-ANA887-RJNT-ANA888-RJTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番忙しい日 富山空港 2009/5/3 sun

GWの真っ只中の5月3日。この日は、富山空港にとって一つの記録の日となった。恐らく、開港以来一日で取り扱う国際線が、最高の便数となった日である。定期、チャーターあわせて8便。国内線定期便より多いのである。グランドハンドリング、C.I.Q関係も朝から緻密に時間をずらして計画されたダイヤではあるが、引っ切り無しの作業に、猫の手も借りたい忙しさであっただろう。おまけに新型インフルエンザ騒ぎで、韓国便では特別検疫も実施されることから、空港の処理能力耐久テストのようでした。

では、朝から時系列に順を追って紹介する。

20090503_rjnt_n27246 トップバッターは、いつも朝早くグアムからフェリーしてくるコンチネンタルエアミクロネシア。毎年恒例のツアーで8時着、8時40分発

CMI994 RJNT-PGUM B738 N27246 ARR.CMI983 PGUM-RJNT

20090503_rjnt_b18601 2番手は、大量に続いている台湾チャーターの台北からの中華航空。9時10分着、10時10分発

CAL7596 RCTP-RJNT B738 B18601 DEP.CAL7597 RJNT-RCTP

20090503_rjnt_hl7762 定期便のアシアナ航空。10時45分着、11時45分発

AAR128 RKSI-RJNT A320 HL7762 DEP.AAR127 RJNT-RKSI

20090503_rjnt_b5395 週2便の上海航空。日曜飛来は結構撮影できますね。 11時25分着、12時20分発

CSH825 ZSPD-RJNT B738 B5395 DEP.CSH826 RJNT-ZSPD

20090503_rjnt_hl7735 韓国チャーター、今回は釜山行き。13時15分着、14時20分発

AAR1276 RJNT-RKPK A321 HL7735 ARR.AAR1283 RKSI-RJNT

20090503_rjnt_b22606 すっかりおなじみとなった復興航空。14時25分着、15時25分発

TNA6992 RCTP-RJNT A321 B22606 DEP.TNA6991 RJNT-RCTP

20090503_rjnt_b17926 いつも真ん中選手長榮航空。15時着、16時発

EVA1138 RCTP-RJNT MD90 B17926 DEP.EVA1137 RJNT-RCTP

20090503_rjnt_b18608 本日の取り、高雄からの中華航空。16時30分着、17時30分発。の予定だったが、到着後右翼から、なにやら油漏れが発見され、予定とおり出発したかは、未確認。(この後の行程があったので、出発を確認せずに撤退)

CAL7774 RCKH-RJNT B738 B18608 DEP.CAL7775 RJNT-RCKH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

NCAグリーンフレイター 成田空港 2009/5/7 thu

今日午後、TBSNewBirdを眺めていたら、「着陸やり直し」とタイトルされ、GoAroundするB747が映し出されていた。

で、おやっと思ったのはこの機体、日本貨物航空のB747-400Fなのだが、前方の塗装が緑ではないですか? NCAもJALのようにエコジェットと謡った機体があるのかぁ、と思ったら、実はこれ、新造機体の日本到着の瞬間だったようです。

NCAのプレス

残念ながら、写真が小さくて、機体番号や愛称名もわかりませんが、おいおい判明するでしょう。

ところで、この着陸復航の場面、RW36L上を離陸滑走するAFL584便のA330の後ろに復航上昇していくNCA機。距離的には2000mは無い近さでしたね。この場合、AFL機は離陸中止させるのがベストのように思えるのですが、離陸は継続され、画面には映っていないエアボーン後が一番近づいたのではないだろうか。大事なのは、その後に両機に対して、どんな指示がだされたのかが知りたいところである。

しかし、日本到着がとんだローアプローチになって、到着を見守る関係者は、肝を冷やしたのでしょう。こんな便だったから取材のカメラが捕らえていたようですね。

蛇足、この便の到着情報を検索していたら、なにやNWAの怪しい便があったので、記録しておく。

NWA888 PANC-RJAA DC9-30 ETA12:17

NWA999 PANC-RJAA B737-700 ETA12:16

いずれも日本への定期便で就航していない機体だけに、どこかへの売却便なのでしょうか? そのうち情報が出てくるのを待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW協奏曲 

GWも一応旗日が終わりましたが、中には10日までの方もいらっしゃるかな。小生も政府の景気対策に乗っかって、高速で遠出しました。強行軍と睡眠不足で、疲労蓄積によりこの間の空模様は、おいおいupしたいと思ってます。

4/29(水) 能登空港

5/2(土) 新潟県栃尾の手まり祭り

5/3(日) 富山空港 一年で一番忙しい日?

5/3(日)-5/6(水) 松山空港、岩国フレンドシップデー

テレビでは高速の渋滞を盛んに報道していましたが、この間なんとも困ったのは、給油渋滞でした。岩国帰り、中国道のあるSAで給油しようと計画して、混雑覚悟で本線まで延びた進入待ちに並びました。SA内の混雑と思っていたのですが、全てSAスタンドの給油待ち混雑だったのでした。私の計画ミスです。おかげで、1時間半もこの列に並んで、睡眠時間を削ってしまいました。

高速ルートは、北陸、名神、中国、山陽、瀬戸中央、高松、松山、松山空港で撮影 松山空港からは、今治、しまなみ海道、山陽、広島岩国道路、岩国到着 岩国フレンドシップデー 岩国からの帰りは、広島岩国道路、山陽、広島、中国、若狭舞鶴、国27号、北陸と、全行程1800kmの長距離ドライブとなってしまいました。 うーん、次回は考えてしまうなぁ・・

また、途中3回の事故を目撃しましたし、山間地の道路では、何頭もの小動物の亡骸を見過ごしてきましたので、安全運転にはくれぐれも留意したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

なぜか松山 2009/5/4 mon

なぜか松山 2009/5/4 mon
高速を一晩走って松山にいます。RJOM-RJNA JAL4294 E17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

速報 富山空港 2009/5/3 sun

速報 富山空港 2009/5/3 sun
送迎デッキもラッシュです。RJNT-PGUM CMI994 B738

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B.I.展開情報 2009/5/3 sun

5月5日(火)岩国基地フレンドシップディ2009参加の途中、燃料給油等のため浜松基地に飛来する。

5月3日(日)松島基地→浜松基地→岩国基地
    ・浜松着陸予定 09:30×4機、10:00×3機
    ・浜松離陸予定 11:20×4機、11:50×3機

5月6日(水)岩国基地→浜松基地→松島基地
    ・浜松着陸予定 11:30×4機、12:00×3機
    ・浜松離陸予定 13:30×4機、14:00×3機

一方、岩国基地では米軍のリハーサルが始まっている。(出展、毎日新聞)

◇リハーサル、苦情23件

 「フレンドシップデー」の航空ショーのリハーサルが1日、岩国基地で始まった。

 1日午後から米空軍のF16戦闘機などが次々に離陸し、本番さながらの曲技飛行を繰り返した。岩国市基地対策課には、周辺住民らから「爆音がひどい」「低空飛行をやめさせて」などの苦情が同5時までに23件寄せられた。

 基地報道部からの連絡では、4日に航空ショーのすべての演目を実施するフルリハーサルが予定されているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »