« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月

2009/06/18

VOLCANIC ACTIVITY INFO 2009/6/16 thu

6月15日から観測されている、ロシア、サハリン州のMT SARYCHEV-PEAKの噴火により、日本及び東アジアからの北米路線に影響が出ている。この島の所在地はカムチャッカ半島から北海道に向かって250nm、根室から450nmぐらいの地点にある。噴煙は450FLぐらいまで達しており、東に向かって流れているようである。これにより、日本から北米アラスカに向けての航空路はのきなみ影響を受けて、この地点を大きく迂回して運行されている。

主に東行き(北米向き)は、南側の洋上飛行に、北米からの西行きは、北極海、樺太経由で飛行しているようだ。それによって成田で見ても、北米線は1時間から4時間ぐらいの遅延が起きている。また、噴火した当日に飛行していた便は、途中でダイバートして様子を伺ったようだ。たとえば、デトロイトからのNWA11は、アラスカを過ぎてカムチャッカに向かっていたが、アンカレッジまで引き返していた。

ANAのNY行きを例に記録しておく。

ANA10 RJAA(Narita Int'l) 6/18 11:10 Dep - KJFK(John F Kennedy Intl) ETA 10:43EDT

GUPPY OTR8 KAGIS OTR11 GARRY 3800N 16000E 3900N 16500E 3900N 17000E 3900N
18000E 3900N 17000W 4200N 16000W 4500N 15000W 4800N 14000W 4900N 13500W PRETY
SEFIX TOU J523 SEA J70 MLP J136 HLN J90 ABR J70 GEP J106 LVZ LENDY5

ANA9 KJFK(John F Kennedy Intl) 6/18 ATA 12:50EDT - RJAA(Narita Int'l) ATA 6/19 14:46

GREKI V419 JUDDS CAM MSS CHARN NCA31 SEDAG NCA31 VOLOB 7030N 15700W LISKI
A218 UHMI B337 BUMAT B233 ODORA B337 ANIMO B337 AWE V7 CHE Y10 GOC R211 KASMI

なお先のNWA11便は、その後 15日デトロイト発は、サンフランシスコ 17日発は、ポートランドを経由している。どうなっているんだろう?

完全に北極経由となっていた AAL167

AAL167 KJFK(John F Kennedy Intl) 6/15 12:26EDT - RJAA(Narita Int'l) ATA 6/16 14:56

GREKI3 GREKI JUDDS MARTN CAM KELVI VIRSO NCA32 YZS KEVNO 7500N 09500W TAPSA RESUM
RAMEL G491 UEST G493 UTS B148 ODANA B148 FA R30 IVADA A333 IGROD B451 KADBO R211
KASMI KASMIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

深夜の羽音 2009/6/16 tue

リアルミッションがビジーで、更新できてません。いかん。

さて、本日深夜(6月16日)0時過ぎから、なにやら回転翼の羽音がずーとしているので、闇夜を捜索すると、どうも富山県警のヘリが我家周辺上空を、まさしく捜索飛行していた。

先ほどのNHKニュースによると、昨夜から黒部のプレジャーボートが帰港せず、捜索が行われている模様。丁度、先の時間帯にそのボートが我家近くの海岸で発見されたとのこと。しかし、乗員は行方不明。捜索は継続されていて、先ほど6時ごろにも、県警ヘリや福井県防災ヘリも参加して、ミッション継続中。

富山県警のヘリは、イタリアのアグスタA109であるが、普段元気よく飛んでいる音を聞きなれててると、深夜の中でも、ゆっくり300ftあたりを飛んでいる音は、非常に静粛である。まさしくハチドリが飛んでいる時のような、ブーンといったエンジンが継続してるだけで、羽音はそんなにしていなかった。よって、就寝してしまっていた住民の方は、気がつかないだろう。

6/17 追記、訂正

上記、ボートを発見したのは海上保安庁のヘリとのこと。であると新潟航空基地のS76になるが、そのような音には聞こえなかったなぁ。でも、理屈からは納得。

また、17日も福井県防災ヘリが捜索に参加。午後に帰投した後は、新潟県防災ヘリ JA6747が捜索に加わったようだ。

20070908_kosugi_ja291f

2007/9/8 BK117 JA291F 「BlueArrow」福井県防災ヘリ 富山県総合防災訓練にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

陸自古河駐屯地  2009/6/7 sun

20090607_koga_fire 【古河駐屯地創立55周年・第1施設団創隊48周年記念】

道すがらチョコット道草してみた。時間的に模擬戦闘訓練の終盤にギリギリ間に合った。最近の陸自編成改変についていけず、くわしい所属等については、不完全です。この古河駐屯地も中央即応集団の駐屯地と聞いていたが、関係車両が参加していた。

20090607_koga_75do 駐屯の主部隊は第1施設団。小柄ながら走る音はなかなか迫力ある75式ドーザー 306施設 76-4076

20090607_koga_73tank やっぱり人気は戦車 73式戦車 1機教 95-1853

20090607_koga_03msml 今回の目玉? 私は初見の03式中距離地対空誘導弾(発射装置) 垂直発射のランチャーだが弾体は非公開 337高射 04-3316

20090607_koga_03msmr こちらは03式中距離地対空誘導弾(射撃用レーダー装置)レーダーアンテナは展開されることなくこのまま展示された 337高射 04-3306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/06

耳寄り基地祭情報

明日、6月7日(日)に福島県双葉郡川内村の大滝根山に展開する、第27警戒群、大滝根分屯基地において開庁53周年記念行事が挙行される。

小生も一度、レンタカーを借りてひたすら山道を登り、分屯基地まで出かけたことがある。分屯基地からサイトまでは、バスに乗り換えて見学できる。山頂近くの道路は、昔連絡機の滑走路に利用されていた所があり、なかなか眺めがいいところです。滑走路跡と思われるところは、バスで通過するだけなので、なかなか映像で記録できなかった。

さて、耳寄り情報です。その大滝根山分屯基地で小規模ながら展示飛行があるようです。

UH60x1 U125x1 10:20/10:50

RF4           11:30/11:50

F2            13:20/13:40

日曜のドライブに一寸、いかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開港の日 静岡空港 2009/6/4 thu

20090604_rjns_opマスコミ調で始めれば、全国で98番目の空港で、国が空港建設を抑制しているため「最後の地方空港」とも称される静岡空港静岡県島田市牧之原市、愛称・富士山静岡空港)が4日、開港した。建設地決定から20年余り、長距離移動は陸路に頼っていた静岡県に、待望の“空の玄関”が誕生した。(産経ニュース)

事前の駐車場入場制限、ターミナル入場制限で、何がいつ進行しているのか全くわからないまま、エプロン横の展望台において、マスコミのカメラの間を掻い潜って撮影を慣行した。

初便JAL3810のプッシュバック直前のマスコミ向け撮影風景。

20090604_rjns_ja004d

営業初便のJAL3810福岡行きは、マスコミ対応からRW30をリクエストして離陸。機体は前日に着陸してエプロンに待機していた。

JAL3810 RJNS-RJFF JA004D MD90

20090604_rjns_ja8062

到着第一便のJAL3811。開港前からあるエプロン向こうの展望台にも、あふれんばかりの見学者が見えます。

JAL3811 RJFF-RJNS JA8062 MD90

 

20090604_rjns_hl7726

国際線第一便は、KAL779。スポット運用上か、あるいは式典の関係か一番西側のオープンスポットに入った。先の写真の石雲院の展望台では、多くの太極旗が盛んに振られていた。

KAL779 RKSI-RJNS HL7726 B738

20090604_rjns_ja15an

全日空の第一便は、札幌からのANA782。この機体は、この後沖縄往復して札幌に帰るので、一日に一機体しか見れない。

ANA782 RJCC-RJNS JA15AN B737

20090604_rjns_ana783

全日空では、貨物の初荷の垂れ幕が目を引いた。ターミナル地区では、全日空代理店の日通航空の事務所しか見かけかなった。日航は貨物営業をしていないのかも?

20090604_rjns_ov

ずらり並んだスポット全景。福岡から到着したJALのMD90はPBBのある3番スポットに到着したが、千歳行きの式典の為、オープンの4番スポットにトーイングされ移動した。

20090604_rjns_hl7729

国際線2番目は、アシアナのA321。大韓航空と合わせて仁川にデイリーで2便、それもほぼ同じ時間なので、静岡空港は仁川のフィーダー空港なのだ。

RKSI-RJNS AAR126 HL7729 A321

20090604_rjns_b18617

本日チャーター便のトップは、中華航空。通常はターミナル前のT5で滑走路を離脱するが、アシアナの出発と重なったので、エンドまで転がってT6で待機した。

CAL7532 RCTP-RJNS B18617 B738

20090604_rjns_bhsi

キャセイの香港チャーターは、子会社のドラゴン航空。

HDA8360 VHHH-RJNS BHSI A320

20090604_rjns_ja211j

JALの昼の福岡は、J-AIRのE170で運行される。FDAがエンブラエルを導入した影響か、地元のお年寄りでも、この機体のことは、よく知っていた。

JAL3814 RJNS-RJFF JA211J E70

20090604_rjns_bmap

静岡空港は、ILSの方向にあるように進入は、RW30がメインの方向である。J-AIRがRW12デパーチャーをリクエストしたことにより、ライトダウンウインドを経由してRW12着陸をするエアマカオのA321

AMUxxxx VMMC-RJNS BMAP A321

情報取得ミスにより便名が記録できていません。どなたかHELP

20090604_rjns_jal01fj

地元フジドリームエアラインズの運行開始は、7月23日から。この日は、スポット5番で置物となっていた。制限区域とのフェンスは目が細かく、コンパクトカメラしかクリアできない。(一寸両脇に影がでています。)

FDA JA01FJ E70

JA004D RJNS-JAL3810-RJFF MD90

JA8062 RJFF-JAL3811-RJNS-JAL2857-RJCC MD90

HL7726 RKSI-KAL779-RJNS-RKSI-KAL780-RKSI B738

JA15AN RJCC-ANA782-RJNS-ANA783-ROAH B737

HL7729 RKSI-AAR125-RJNS-AAR126-RKSI A321

B18617 RCTP-CAL7532-RJNS-CAL7533-RCTP B738

BHSI VHHH-HDA8360-RJNS-HDA8361-VHHH A320

JA211J RJFF-JAL3815-RJNS-JAL3814-RJFF E70

BMAP VMMC-AMUxxxx-RJNS-AMUyyyy-VMMC A321

[その他]

レディオ開局前から、報道各社のヘリが乱舞した。最初に登場したのはNHKのJA34NH。最大9機が集まった。(地上から確認できた機体を記録しておく)

JA34NH NHK

JA01YP 読売新聞

JA355N 静岡新聞

JA17TV テレビ静岡

JA03CP 中日新聞

JA02AP 朝日新聞

JA05TV 中部日本放送

JA6778 静岡第一テレビ

JA9326 共同通信?

JA6707 静岡朝日テレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

【09戦競】部隊帰投 2009/6/5 fri

戦競期間中は、一度もフライトを見に行くことができませんでしたが、楽しませていただきました。

本日、参加各部隊は、続々と帰還の途についた。

午前

 教導隊露払

 教導隊本体1

 教導隊本体2

 303SQ疎開部隊1帰還

 303SQ疎開部隊2帰還

午後

 204SQ

 201SQ

 202SQ

 305SQ

 304SQ

 教導隊3

特に午後の帰投は、13時前から13時半までの間に次々と離陸したので、もし小松でリアルに見ていたら壮観だったろうと思います。参加の各部隊及び参戦の各マニアの皆様、お疲れ様でした。また来年に期待して、よい週末を・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/04

静岡空港開港 2009/6/4 thu

静岡空港開港 2009/6/4 thu
だっちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

【09戦競】本日の取組み 2009/6/2 thu

前場

 203SQ

 204SQ

後場

 304SQ

 201SQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

【戦競09】本日の対戦 2009/6/1 mon

後場

201SQ

303SQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »