« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/23

本日の現場 20091023 JDSぶんご

本日の現場 20091023 JDSぶんご

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

趣味的航空路誌改訂情報 2009/10/22 thu

10月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。

○大津NDB(CU)廃止

  陸上自衛隊大津駐屯地の北端、自動車教習場隣にあった大津NDBが廃止された。大津VOR/DEMの機器更新も済んで、用済みのようです。

○立川TACAN(TNT)新設

  立川飛行場内に新たに立川TACANが新設された。立川には他に新立川NDB(TN)がある。TACANを使用した離着陸ルートは今のところ設定されていない。

○目達原飛行場における管制周波数の追加

  飛行場管制波にU波が新設される。

○熊本ILS-DEM07(IKU)の運用開始

  熊本空港のRW07ILSにILS-DEMが供用開始され、MM、OMが廃止される。

  又ILSが機器更新の為運用停止、架設LOCが運用される

○那覇、成田国際空港におけるスポットの供用開始

  那覇 44D 45D 57D 91 91E 92

  成田国際 600Q

□成田国際空港のB滑走路が延長され大型機の使用が始まる。

  使用第1便は、JALのB744による函館チャーターツアー便

□長沼NDB(NA)機器更新により運用停止 2009.11.18まで

□帯広VOR/DEM(OBE)機器更新により運用停止中 代替は帯広NDB(OB) 2009.11.18まで

□秋田ILS(IUW)機器更新により運用停止中 代替は仮設ILS 2009.12.16まで

□八丈島VOR/DEM(HCE)機器更新より運用停止中 代替は八丈島NDB(HE) 2009.11.18まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

雷鳥週間終了 2009/10/19 mon

昨日は、雨の中ブルーインパルスを見送って、三沢から新幹線、夜行バスと乗り継いで、本日朝に富山へ帰還しました。感動と映像が、おまけに疲れも溜まって更新も進みませんが、じっくりと記録していきます。

その雷鳥飛行隊も日本には丁度一週間のみの滞在。本日早くも次の展開地、韓国の烏山に向けて旅立って行きました。支援のC17は、来日の時と同じ到達便として、10時ごろに、雷鳥達は、13時ごろに2機の母虎さんに助けられて、日本海沿岸を西進していきました。彼等の囀りも、ショーの時と同じで、鳥肌ものですね。明日は事前訓練、明後日は本番と、ほんと休む暇もなく任務遂行です。小生も負けておられませんと、映像整理を進ていきたい。

この後バーズは韓国の烏山、ソウルでショーを実施した後、一度ホームベースのネバタ州ネリス空軍基地に戻ると思われるので、26,27日ぐらいにはトランスパックする編隊が日本上空を通過していくであろうか?

追、雷鳥の随伴機は、夜10時過ぎに2機とも北に向って帰っていった。三沢なのか本土まで帰るのか。こちらも大変な任務だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/16

雷鳥観望 いざ浜松へ 千歳 2009/10/15 thu

フライトが終わったとたんに、雨雲が進入して雨が降り出しました。エプロンではパイロットのサイン会が行われている後ろで、各機は浜松に向けての準備が進められています。

2009101rjcj_tbd00 招待者席の壇上に上がると、こんな感じ。

2009101rjcj_tbd01 到着位置から人力に押されて、出発位置に移動されて整備が進みます。

2009101rjcj_tbd02 お休み処に移動していた#7が戻ってきました。

2009101rjcj_tbd03

うさぎさんの様な格好でインテークの中に入って点検しています。すっぽり中に入ってしまって1分ほど出てきませんでした。

2009101rjcj_tbd04 #3まで後ろに下がりました。

2009101rjcj_tbd05 #8のD型が戻ってきました。その後ろに定期便のC1がランデブーです。

2009101rjcj_tbd06 #8と思いきや、#6に変身していました。浜松ではこれが飛ぶのでしょうか?

2009101rjcj_tbd07 よく見ると#5の隣にいた機体は、#6のステッカーが剥がされて白地になっていました。

2009101rjcj_tbd08 いよいよ浜松に向けて出発です。エプロン前では、隊旗の列でお見送りです。

2009101rjcj_tbd09 最後の#8はスモークを引いて、翼を振ってのお別れです。

2009101rjcj_tbd10 千歳デパーチャーに誘導され、上昇しながら編隊を組んでいきます。太平洋上では、やさしい虎ママがおっぱいをいっぱいにして待っています。この後、日本一のお山で写真撮影をしながら浜松に赴くそうだ。

2009101rjcj_tbc17a 新千歳空港のPOL地区前のエプロンに泊まっていたC17も出発です。最初にAKから

2009101rjcj_tbc17b REACH225 C17A ELMENDORF AFB 517thAS AK 00171 15:10AB

2009101rjcj_tbc17c しばらくしてまもなく陽が落ちそうな時間にヒッカムも出発しました。

2009101rjcj_tbc17d REACH248 C17A HICKAM AFB 15thAW HH 55147 16:43AB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

雷鳥観望 Let's SHOW Time 千歳 2009/10/15 thu

何度も訪れている千歳基地ですが、紅葉の時期は初めてです。8時開放となっていますが、7時過ぎに正門に到着した時には、すでに開門して待ちの車もありませんでした。一通りいろいろな角度から観察して、本日のポジションを決めて、ひたすら開始まで待ちます。さて、その結果は? ・・・ 素晴らしい、癖になりそう! そんな触りを少し。フライトについては、明日から御覧の方の為に、お見せできません。楽しみにしていてください。

2009101rjcj_tb00 USAF THNDERBIRDS

20091015_rjcj_tb01

千歳基地正門には特別な横断幕が

20091015_rjcj_tb02 さあ、今日の仕事でしょ

20091015_rjcj_tb03

しだいに眼を覚ますバーズ

20091015_rjcj_tb04

今日も、いい仕事ができそうだ。

20091015_rjcj_tb05

電源車、ご配達

20091015_rjcj_tb06 ショーに出ない僕は、お休み処へ移動

20091015_rjcj_tb07 日の丸は33の位置に

20091015_rjcj_tb08 サンダーバーズ3人娘

20091015_rjcj_tb09

FOB! ショウの前にごみ拾い。これが大事です。

2009101rjcj_tb10_2

整備員、勢ぞろい

2009101rjcj_tb11 パイロットも整列

2009101rjcj_tb12_2

#1 Commander Leader Lt Col Greg Thomas

2009101rjcj_tb13 キャノピークローズ

2009101rjcj_tb14_2

タクシーアウト、さあフライトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整備中

整備中
風は南10ノット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の列線 千歳 20091015

朝の列線 千歳 20091015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

雷鳥観望 事前訓練 千歳 2009/10/14 wed

20091014_rjcj_tbo 本日は、週の真ん中水曜日、真ん中・・・ なんですが、私を含めて朝からギャラリーがいっぱい。訓練の始まる時刻が近づくと、原宿の様な混雑となってました。14時ぴったりにタクシーアウト。しかし離陸したのは37分でした。この時間から最終編隊が着陸した15時31分まで、空域は米空軍のものに。内容は、一応の流れに沿っているようですが、同じ演目を何回か実施したりして確認している様にも見えました。くわしい演目は解らないので、画像だけを掲載します。

20091014_rjcj_tba 事前に空域監視の確認のため#8が10時40分に離陸して、1時間程飛行して帰ってきました。

20091014_rjcj_tbb 事前訓練開始です。最初に#8が空域監視の為に飛び立ちました。14時37分。垂直のハイレイトクライムで上昇し、雲低は6000ftと報告

20091014_rjcj_tbc #1が離陸したのは14時43分 4機の編隊離陸です。

20091014_rjcj_tbd 20091014_rjcj_tbe

20091014_rjcj_tbf

20091014_rjcj_tbg 20091014_rjcj_tbf_2

20091014_rjcj_tbi 20091014_rjcj_tbj

20091014_rjcj_tbk 20091014_rjcj_tbl

20091014_rjcj_tbm 20091014_rjcj_tbn

20091014_rjcj_tbp 20091014_rjcj_tbq

20091014_rjcj_tbr 20091014_rjcj_tbs

20091014_rjcj_tbt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷鳥観望 千歳 2009/10/14 wed

千歳は良い天気です。一日晴れの模様。今回、行程が長いのでパソコンを持参しています。朝の動向です。昨日1機の飛来が確認されているC17ですが、朝には2機となっていました。さぁ一日長いですが、そろそろホテルから出発します。

20091014_rjcj_acm

偵察による追記

初めに降りた機体 ELMENDORF AFB 517thAS AK 00171

夕方降りた機体 HICKAM AFB 15thAW HH 55147

RJCC 132300Z VRB02KT 9999 FEW030 09/06 Q1010 RMK 1CU030 A2982
RJCC 132230Z 17004KT 9999 FEW030 06/05 Q1010 RMK 1CU030 A2982
RJCC 132200Z 16004KT 9999 FEW030 03/02 Q1009 RMK 1CU030 A2982
RJCC 132130Z VRB02KT 9999 PRFG FEW030 01/01 Q1009 RMK 1CU030 A2981 FG E
RJCC 132100Z 15003KT 9999 FEW030 02/00 Q1009 RMK 1CU030 A2981

RJCC 132036Z 1321/1424 16007KT 9999 FEW030 BKN050
BECMG 1322/1324 32005KT
BECMG 1415/1418 11003KT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/13

雷過ぎて鳥来る 千歳飛行場 2009/10/13 tue

久しくエアラインに乗っていなかったのですが、秋深まる北海道に向かいました。青い鳥の北海道便もあと僅か、乗り収めです。なーんて、我が富山県の県鳥「雷鳥」の飛来を、この眼で確かめました。

20091013_rjcj_tba 始まりは、到達便です。現在千歳飛行場は、メインの36Rが保守工事中。軍用機でも大型機は新千歳空港にを利用します。

REACH2251 C17 Arr.13:14

20091013_rjcj_tbb reach便の到着か2時間後ぐらいに飛来かと予測しましたが、登場したのは、まもなく陽も落ちかけた16:19 第1編隊 #1-#4

20091013_rjcj_tbc_2 Vの千歳アプローチに飛び込んできた時には、ゾクゾクものでした。

20091013_rjcj_tbd #5,#6 編隊は4機、2機、2機のトレイルで進入して#7,#8はブレイクして一足先に着陸した。

20091013_rjcj_tbe 地形完熟は、#1-#4がトレイルの編隊で予定空域を隅々周り、#5-#6はソロで飛び回った。飛行パターンが解らないので、編隊を追いかけながら音のする方をチェックする、忙しく追いかけた。

20091013_rjcj_tbf 20091013_rjcj_tbg

まもなく陽が落ちそうな千歳フィールド。烏がたくさん飛んでいて、フライトに絡んで、邪魔。

20091013_rjcj_tbh  8機がエプロンに勢ぞろい。よく見るとたくさんの隊旗を掲げてお出迎えです。明日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーズ到着

バーズ到着
陽が落ちました。バーズは場周慣熟飛行してから着陸しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の現場 千歳20091013

只今リーチが新千歳におりた 1314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

本日の現場 能登 20091011

本日の現場 能登 20091011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/09

秋は世界遺産へ 富山空港 2009/10/9 fri

秋の稲作の収穫もほぼ終わり、農協観光さん主催の世界遺産 張家界・武陵源 5日間の旅のため、久しぶりに中国国際航空がやってきました。例年B737-700での運行ですが、北京オリンピック対応で新造機が増えたためか、-800でやってきました。今まで富山ではなかった目的地なので、ちょっと調べてみました。

20091009_rjnt_b5423a CCA1011 ZBYN-RJNT B5423 B738

ウィングレットのエアチァイナマークもなかなかよいです。昔からのシックな塗装にスタアラマークも微妙。

20091009_rjnt_b5423b 同上、スターボード 給油会社は-800だったので、地上から給油口に届かず、あわてて脚立を準備していました。また水と汚水車もウロウロしていたなぁ。

20091009_rjnt_b5423c CCA1012 RJNT-ZGDY B5423 B738 (B737-89L delivery 2009-04-22)

到着は、山西省太原市の太原武宿空港(Taiyuan Wusu)から IATA:TYN ICAO:ZBYN

出発は、湖南省張家界市の張家界荷花空港(Zhangjiajie)へ IATA:DYG ICAO:ZGDY

20091009_rjnt_ja3938 本日の来客 本田航空 JA3938 C172P

20091009_rjnt_ja8363 お昼の定期便はシップチェンジでB6、しばらくB7を見ていません。

ANA886 RJNT-RJTT JA8363 B763

手前は、朝日航洋 JA9612 AS332L

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

METARに見る台風通過 2009/10/8 thu

最強クラスの台風18号は、本日未明知多半島に上陸して東名阪や本州の都市部に大きな影響をもたらし、日本列島中心を北上して、仙台あたりで東北沖の海上へ進みました。本州上陸から進行していく様子をMETARを検索して確認してみました。

最初に地元、富山ですが空港での観測開始が8日6時からとなるので、その時点で最接近状況でした。下記の時間の青字午前7時が最も気圧が低い時間となり、その後はずーと上昇を続けていきました。最大風速は、7時30分のガスト47nt(約25m/s)でした。富山空港では、午前の便はすべて欠航となり、運行開始はアシアナ航空の済州島からのチャーター便 AAR1287 でした。

RJNT 080208Z 36023G33KT 3500 SHRA BR FEW005 SCT008 BKN010 17/16 Q0995 RMK 1ST005 3ST008 6CU010 A2939 P/RR
RJNT 080200Z 36024G35KT 3000 SHRA BR FEW005 SCT008 BKN010 17/16 Q0994
RJNT 080131Z 01022G32KT 4000 SHRA BR FEW005 SCT010 BKN015 17/16 Q0993 RMK 1ST005 3CU010 5CU015 A2934 P/RR
RJNT 080100Z 01022G33KT 5000 SHRA BR FEW005 SCT010 BKN015 17/16 Q0992
RJNT 080000Z 01025G35KT 4500 SHRA BR FEW008 SCT012 BKN015 16/15 Q0990
RJNT 072314Z 02024G39KT 4000 SHRA BR FEW008 SCT012 BKN015 17/15 Q0989 RMK 1ST008 3CU012 6CU015 A2921
RJNT 072300Z 02025G39KT 350V050 6000 SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 17/15 Q0988
RJNT 072237Z 03024G40KT 9000 SHRA FEW008 SCT015 BKN020 17/14 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2918 P/RR
RJNT 072230Z 03027G47KT 9999 -SHRA FEW008 SCT015 BKN020 17/15 Q0987 RMK 1ST008 3CU015 5CU020 A2917
RJNT 072219Z 03023G44KT 350V070 9999 SHRA FEW008 BKN015 BKN020 17/15 Q0987 RMK 1ST008 5CU015 6CU020 A2916 P/RR
RJNT 072200Z 03028G45KT 9999 -SHRA FEW008 SCT015 BKN020 17/15 Q0986
RJNT 072110Z 04027G46KT 9999 FEW008 SCT015 BKN080 18/14 Q0987 RMK 1ST008 3CU015 5AC080 A2915

台風上陸地点に一番近い中部国際空港は、8日5時に965hp、最大風速は、5時30分のガスと79nt(約41m/s)

RJGG 072200Z 27032KT 9999 -SHRA FEW010 SCT030 BKN040 21/17 Q0982 TEMPO 30030G40KT
RJGG 072130Z 29039KT 4500 -SHRA BR FEW010 SCT020 BKN030 20/18 Q0977 BECMG 9999 NSW TEMPO 32035G45KT
RJGG 072100Z 31048G62KT 2000 R36/0900V1800D SHRA BR FEW008 SCT012 BKN020 19/18 Q0972 NOSIG
RJGG 072030Z 33059G79KT 0400 R36/0300V0500N +SHRA BR FEW002 BKN005 BKN009 23/23 Q0966 TEMPO 1600 +SHRA BR FEW005 BKN010 BKN015 FEW025CB
RJGG 072000Z 35058G73KT 0600 R36/0350V0500N +SHRA BR FEW003 BKN006 BKN020 FEW025CB 18/17 Q0965 TEMPO 1500 +SHRA BR FEW005 BKN008 BKN015 FEW025CB
RJGG 071930Z 04026G48KT 010V080 1300 R36/0900V1300N +SHRA BR FEW005 BKN012 BKN020 FEW025CB 21/20 Q0968 TEMPO 1500 +SHRA BR FEW005 BKN008 BKN015 FEW025CB

さらに羽田においては、7時から8時の間にこれだけSPECIが発出されて、7時40分が最低気圧

RJTT 072300Z 18037G50KT 2500 R34L/1100VP1800N R22/1400VP1800U R16L/1800U SHRA BR FEW008 SCT015 BKN025 22/20 Q0988
RJTT 072247Z 17053G67KT 2500 R34L/0800VP1800N R22/1200VP1800D R16L/1800D SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 22/19 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2918
RJTT 072243Z 17042G60KT 2800 R34L/0750VP1800N R22/1000VP1800U R16L/1700U SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 22/19 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2919
RJTT 072240Z 17040G60KT 2500 R34L/0750VP1800D R22/1000VP1800D R16L/1400VP1800D SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 22/19 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2918
RJTT 072238Z 17040G50KT 3000 R34L/0750VP1800D R22/1000VP1800D R16L/1400VP1800D SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 22/19 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2919
RJTT 072236Z 17050G66KT 3000 R34L/0750VP1800D R22/1000VP1800U R16L/1400VP1800N SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 22/19 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2919
RJTT 072235Z 17045G66KT 3000 R34L/0750VP1800U R22/1100VP1800U R16L/1600VP1800U SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 22/18 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 5CU020 A2919
RJTT 072230Z 17043G59KT 5000 R34L/0900VP1800D R22/1100VP1800D R16L/1600VP1800D SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 23/19 Q0988
RJTT 072225Z 17041G56KT 4500 SHRA BR FEW008 SCT015 BKN020 23/18 Q0988 RMK 1ST008 3CU015 5CU020 A2919 P/FR
RJTT 072208Z 16034G48KT 9999 -SHRA FEW010 SCT020 BKN030 22/19 Q0989 RMK 1ST010 3CU020 5CU030 A2921 P/FR
RJTT 072202Z 15025G37KT 9999 -SHRA FEW008 SCT015 BKN020 21/20 Q0989 RMK 1ST008 3CU015 5CU020 A2922 P/FR
RJTT 072200Z 14015G26KT 110V170 9999 -SHRA FEW008 SCT015 BKN020 21/20 Q0989 RMK 1ST008 3CU015 6CU020 A2922 P/FRRJTT 072130Z VRB02KT 9999 -SHRA FEW002 BKN010 BKN020 17/15 Q0990 RMK 1ST002 5ST010 6CU020 A2925 P/FR

私が調べた中で一番低気圧を記録したのは、静浜飛行場の6時31分、983hp

RJNY 072336Z 24021G32KT 210V270 9999 -SHRA FEW005 SCT010 BKN025 20/18 Q0988 RMK 1ST005 3CU010 5CU025 A2918
RJNY 072230Z 23023G39KT 7000 -SHRA BR SCT002 BKN008 BKN025 20/17 Q0986 RMK 4ST002 5CU008 7CU025 A2912
RJNY 072144Z 20025G36KT 3000 -SHRA BR SCT002 BKN008 BKN025 22/19 Q0983 RMK 4ST002 5CU008 6CU025 A2905
RJNY 072131Z 19027G40KT 3000 BR SCT002 BKN008 BKN025 22/19 Q0983 RMK 3ST002 5CU008 6CU025 A2904
RJNY 072039Z COR 16033G52KT 2500 -SHRA BR FEW005 SCT008 BKN015 22/20 Q0984 RMK 2ST005 4CU008 7CU015 A2906

一方、陸上から太平洋へ抜けた仙台では、14時に983hpを観測しているが、風はそんなに強くなく、台風の目が直上なのか、3ntの微風を挟んで風が南から北に変わっています。

RJSS 080700Z 34015KT 9999 -SHRA FEW010 BKN025 BKN040 15/14 Q0984
RJSS 080632Z 35015KT 5000 SHRA BR FEW010 BKN020 BKN040 16/14 Q0984 RMK 1ST010 6CU020 7CU040 A2906
RJSS 080600Z 36016KT 9999 -SHRA FEW005 BKN015 BKN030 16/14 Q0983
RJSS 080534Z 35015KT 9999 -SHRA FEW005 SCT009 BKN012 16/15 Q0984 RMK 1ST005 3ST009 7ST012 A2906
RJSS 080515Z 34011KT 9999 -SHRA FEW005 BKN007 BKN010 18/16 Q0983 RMK 1ST005 5ST007 6ST010 A2905
RJSS 080500Z 28003KT 240V320 5000 -SHRA BR FEW008 SCT010 BKN040 21/20 Q0983
RJSS 080435Z 19007KT 160V220 7000 FEW010 BKN030 BKN040 21/20 Q0984 RMK 1ST010 5CU030 7CU040 A2906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

USAFサンダーバーズ来日迫る 

アメリカ空軍のデモンストレーションチーム、サンダーバーズ(ThunderBirds)の来日が迫ってきました。

正式な情報を集約すると

千歳基地
10月13日(火)到着
10月14日(水)事前訓練飛行 14時40分~15時30分
10月15日(木)セレモニー10時30分~ フライト11時~11時50分
         午後、浜松基地へ移動

浜松基地
10月15日(木)千歳基地から到着
10月16日(金)事前訓練飛行
10月17日(土)フライト11時30分~  午後、三沢基地へ移動

三沢基地
10月17日(土)浜松基地から到着
10月18日(日)セレモニー12時30分~ デモ12時40分

本体は、F-16×8機、C-17×2機で展開 となっています。

ハワイからオーストラリアに渡って始まったアジアパシフィックツアーですが、散々な天候に遭っているいるようです。

オーストラリアでは、例の真っ赤な砂塵、アンダーセンは台風で中止、クアラルンプールではスマトラ島地震、バンコックは中止と、現在は、グアムのアンダーセンに居るようです。

当初、バンコックは10/10の予定でしたので、それと千歳の展開日を考えると、私の予想では、10/11に嘉手納経由三沢かなとも思っていましたが、グアムから直接三沢に入るようにも思えます。三沢で旅支度を身軽にして、10/13に千歳入りではないでしょうか? 随伴のC17も三沢泊まりで、国内の移動は横田のC130が担うものと思います。三沢から次の韓国烏山へは10/20の移動でしょうか? それとも19に行ってしまうでしょうか? ラジオに傾注かな。

そんなで、前回来日時のショットを少し、気持ちを高揚していきましょう。

20041002_rjnh_tb1 2004/10/2 RJNH 浜松基地での事前訓練日、天候が悪く夕方近くになって辛うじてフライトした模様です。RW27にラインアップしてますが、完熟のためリーダー機はD型でした。

20041002_rjnh_tb2 当時まだチンケなデジカメしかなかったので、これで精一杯の画像。

20041002_rjnh_tb3 浜松エアパーク広報館の頭上をタイトな編隊で飛行しました。

20041003_rjnh_tb4 翌日本番の日は、あいにくの雨模様で、天候調査で上がりましたが、あえなく中止となってしまいました。列線の後ろを展示飛行中のAWACS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

白鳥紀行 首相IOC総会出席 2009/10/1-3

先日の訪米から間もないけれど、今度はIOC総会出席の為、デンマーク行きです。残念ながら2016年オリンピックは、南米リオデジャネイロと決まり、関係者は落胆しての帰国のょうでした。日本には、なんか何事も他人事の様な風潮が広まっていて、主体性が無くなってきているようにも感じます。

政府専用機運航日程
 10. 1(木) 東京国際空港 発 → カストラップ空港 着 
     2(金) カストラップ空港 発
     3(土) 東京国際空港 着

残念ながら、フライトのトラックは見つかっていません。

最初、カストラップ空港ってどこや? と思いました。調べてみるとデンマークの首都コペンハーゲンにあるコペンハーゲン国際空港の名称と解りました。

EKCH Kastrup Airport

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/04

はやぶさ出航 富山新港 2009/10/4 sun

昨日訪問した「はやぶさ」の見送りに行ってきました。どこまでも透き通るような青空の下、日本海の守り、舞鶴地方隊に帰還です。

20091004_shinkou_pg824a 自衛艦旗も青空にたなびく。

20091004_shinkou_pg824b 岸壁には、見送りの信号旗も。

20091004_shinkou_pg824c ガスタービンエンジンが起動され、ウォータージェットから水流が流れます。

20091004_shinkou_pg824d タービンエンジン独特の甲高い音で、シビレます。

20091004_shinkou_pg824f 逆推進で、離岸です。どうやって推力を逆向きにするかは、ジェット機の逆噴射と同じ。水流の後ろにリバーサーが出て、前に水流を流しています。

20091004_shinkou_pg824g 港内で転回します。

20091004_shinkou_pg824h 普段あまり綺麗に感じない港内の色が、本日は真っ青に映っています。

20091004_shinkou_pg824i 艦橋には、「U旗」と「回答旗」が

20091004_shinkou_pg824j ちょっと見え難いですが、海王丸にも「UW旗」が上がり航海の無事を祈っています。海王丸に敬礼。

20091004_shinkou_pg824k 船の出港は、やっぱり「帽ふれぇ」でのお別れが感動です。

20091004_shinkou_pg824l 海王丸とお別れです。ここから舞鶴まで8時間、長旅ですがお気をつけて。

20091004_shinkou_pg824m 岸壁は日曜とあって釣客がのんびり。遠く北アルプスの山並みも望めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/03

海自ミサイル艇公開 富山新港 2009/10/3 sat

富山市防災訓練も午前中に終了して、八尾町から射水市は富山新港の海王丸埠頭へ

海上自衛隊舞鶴地方隊第2ミサイル艇隊所属のミサイル艇「はやぶさ」が公開されている。

20091003_shinkou_pg824a PG824「はやぶさ」 大型漁船と同じくらいの大きさ。

20091003_shinkou_pg824b 全長50m 最大幅8.4m 排水量200トン 速力44ノット はやぶさは平成14年の就役なので、早くも7年たっている。

20091003_shinkou_pg824c 目を引く、ステルス型の62口径76mm速射砲

20091003_shinkou_pg824d 海王丸との2ショット

20091003_shinkou_pg824e 高速の源、ガスタービン駆動によるウォータージェット推進装置

20091003_shinkou_pg824f 艦対艦ミサイル(SSM1B)

20091003_shinkou_pg824g

私が乗艦したのは午後2時、この時点で本日の来客が824人となり、記念品が贈呈されていました。明日、4日午前も公開されているので、興味のある方は、急いでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山市総合防災訓練 八尾 2009/10/3 sat

富山市総合防災訓練の本来?の・・(疑問?)活動をピックアップ と言うが、実は地道な訓練活動は、ほとんど記録していない。ゆるしてぇね

20091003_yatsuo_heltel 初っ端から???

これは、ヘリテレ受信アンテナ

後ろのバスに受信機とモニターがあって、映像を見れます。(これは先の県訓練と同様)

20091003_yatsuo_hashigo1 富山市消防局の一番大きなはしご車が展示された。

20091003_yatsuo_hashigo2 はしごを伸ばすと40mにもなります。

20091003_yatsuo_hashigo3 早速、試乗させていただいて会場展望。いい眺め。

20091003_yatsuo_382sq1 陸上自衛隊富山駐屯地からは、第382施設中隊による自走架柱橋渡河訓練。はしご車の上から展開地を眺める。ちなみに金沢の第14普通科連隊からも連絡官が参加していた。

20091003_yatsuo_382sq2 先に一橋を架設して、その先にもう一橋を架けるようです。

20091003_yatsuo_382sq3 安全を確認しながら確実に実施されます。

20091003_yatsuo_bundan1 最後に威勢よく富山市消防団八尾方面団の分団消防車が終結して、一斉放水です。

20091003_yatsuo_bundan2 発炎筒も焚かれて、10台のポンプ車による一斉放水。川の中に入っての取水管担当の方が大変そうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災へり特集 富山市総合防災訓練 八尾 2009/10/3 sat

富山市の郊外「おわら風の盆」で有名な八尾町で、平成21年度富山市総合防災訓練が実施された。すっかり防災へり追っかけとなっている小生ですが、富山県消防防災へり「とやま」JA6768の活動を特集してみた。

20091003_yatsuo_ja6768a 富山市八尾町民ひろば駐車場が臨時のヘリポート

20091003_yatsuo_ja6768b この場所は、富山空港の管制圏の南端。上空でヘリテレ中継をした後、隣接する井田川上空で、空中消化デモを実施。

20091003_yatsuo_ja6768c 駐車場に着陸。

20091003_yatsuo_ja6768d 物資搬送訓練で、物資の搭載。

20091003_yatsuo_ja6768e_2 孤立集落へ向けて離陸。

20091003_yatsuo_ja6768f 孤立集落からけが人を搬送して帰ってきた。

20091003_yatsuo_ja6768g すばやくけが人をへりから降ろして待機する救急車へ。

20091003_yatsuo_ja6768h その後、給水訓練も実施されるかと思いきや、ホースを繋いだだけで、展示の準備が始まった。

20091003_yatsuo_ja6768i BELL412EPのコクピット

20091003_yatsuo_ja6768j ヘリテレのカメラは、実はこれ。防振の外付カメラは重量が増えるので、これで十分だそうです。

20091003_yatsuo_ja6768k 手前のハンドルの様なものが、ヘリテレ用アンテナ。他に消防関係の短いアンテナが並びます。

20091003_yatsuo_ja6768l 展示終了後、一度ローパスして富山空港に帰投した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »