« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/27

陸自高田駐屯地2 2010/4/25 sun

高田自衛隊と親しまれている陸自高田駐屯地は、旧軍の駐留(地元では入城と言う)以来102年、警察予備隊から60年となる。いたるところに年季の入った施設が点在していた。また日本にスキーが紹介されて100年にもなるそうだ。現在は施設部隊の第5施設群が中核となり第2普通科連隊とで構成され、長岡市から西の新潟県を管轄としている。

そんな「義と愛の精神を継承し60年 地域とともに高田自衛隊」の一旦を

20100425_takada_00

古くからあると思われる松が立派です。

20100425_takada_01

第2普通科連隊徽章

20100425_takada_02

観閲行進は普通科から、各中隊毎に違う火気を携えていた

20100425_takada_04

式典終了後、第1空挺団による自由落下展示から

20100425_takada_05

模擬戦闘訓練は、航空偵察から第12偵察隊による強行偵察により開始される

20100425_takada_06

第12へリ隊によるヘリボーン

20100425_takada_07

UH60のダウンウォシュにより砂嵐に見舞われてしまった

20100425_takada_08

大砲担当、第12高射特科中隊の155mm榴弾砲が展開します

20100425_takada_09

対戦車兵が支援する中、第1戦車大隊の74式戦車が進出します

20100425_takada_11

120mm迫撃砲も、こんな風に発射されますの図

20100425_takada_12

タイミングがとれずマズルフラッシュは撮影できませんでした

20100425_takada_13

こちらは81mm迫撃砲、有刺鉄線の向こうの適役と対峙します

20100425_takada_14

第307施設隊が地雷原啓開に向う

20100425_takada_15

通称MCV、92式地雷処理車が一挙に地雷を爆破させます、と言うシナリオ

20100425_takada_16

地雷が除去され、普通科が侵攻します。主体は第2普通科連隊第2中隊。写真の96式装輪装甲車は、第1機甲教育隊から参加

20100425_takada_17

トラックに張りぼての敵戦車は見事に撃破され、進撃します

20100425_takada_18

無事、状況終了

20100425_takada_19_3

上空で待機していたへり達が展示のためグランドに着陸してきます

20100425_takada_20

やっぱり人気は、戦車試乗。こちらも第1機甲教育隊から参加の74式戦車

20100425_takada_21

へり展示場では、給油のシーンも見ることができました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

創設60周年記念行事 陸自高田駐屯地 2010/4/25 sun

近くて遠かったお隣新潟県上越市に所在する、陸上自衛隊高田駐屯地の創設60周年記念行事に出撃した。桜のシーズンは過ぎて、陽射しは強いが肌寒い風が吹き降ろす一日晴天の式典日和でした。まずは、空の部から

20100425_takada_gf

開門前に駐屯地から関山演習場に退避していた各機体は、観閲行進のトリに場内進入

20100425_takada_ch47ja

演目は2000m上空のCH47からの4名の空挺降下、降下、降下

20100425_takada_oh6

模擬戦闘訓練は、お決まりのOHによる航空偵察から

20100425_takada_uh60ja

偵察員の進入は、UH60からのリペリングで

20100425_takada_2961

模擬戦闘訓練が終了して、地上展示の為グランドに着陸するチヌーク

CH47JA  XIIH 52961

20100425_takada_3117_2

つづいてUH60

UH60JA XIIH 43117

20100425_takada_3469

観閲飛行のみで戦闘訓練には参加しなかったコブラ

AH1S IVATH 73469

20100425_takada_1291

最後にOHが着陸して、急ピッチで展示会場設営が進められた

OH6D XIIH 31291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/23

定点 富山空港 2010/4/23 fri

speedbird virgin aeroflot いつもの上越セクターが帰ってきました。朝のヨーロッパからの入れ込みが聞こえないと、寂しい日々でした。

今週は、20日に富山の飛行検査が実施され、JA004Gが飛来。翌21日には能登と巡回していった。

20100423_rjnt_hl7735

AAR127 RJNT-RKSI HL7735 A321

20100423_rjnt_b18609a

CAL7596 RCTP-RJNT B18609 B738

20100423_rjnt_ra87273a

VLK839 UHWW-RJNT RA87273 Y40

20100423_rjnt_ra87273b

海路のルーシー号が売却されて、富山とウラジオを結ぶのは週一のこれだけ

20100423_rjnt_ja8196a

ADO70 RJCC-RJNT JA8196 B735

20100423_rjnt_ra87273c

VLK840 RJNT-UHWW RA87273 Y40

20100423_rjnt_ra87273d

なんとも、この黒煙が魅力です

20100423_rjnt_b18609b

CAL7595 RJNT-RCTP B18609 B738

20100423_rjnt_ja8196b

ADO79 RJNT-RJCC JA8196 B735

20100423_rjnt_ja8287

ANA887 RJTT-RJNT JA8287 B763

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

台湾デー? 富山空港 2010/4/17 sat

今日は、アルペンルート全通の日。雪の大谷は例年以上の高さで皆様をお待ちしております。この日を目指して台湾から3便のチャーターが到着した。日本で例えれば東京、大阪、名古屋にあたると言えるのか、台北、高雄、台中から、おまけに復興航空はA320、華信のE190とこの点も注目の一日でした。

20100417_rjnt_b22607a

台湾桃園国際空港の朝一番に出発して、10時前には富山に到着

TNA6992 RCTP-RJNT B22607 A321

20100417_rjnt_ja8567

背後の呉羽山の桜は、散り始め

ANA883 RJTT-RJNT JA8567 B763

20100417_rjnt_b22607b

TNA6991 RJNT-RCTP B22607 A321

20100417_rjnt_b6041

なかなかスケジュール日に出撃できなくて、久しぶりの南方です

CSN613 ZYTL-RJNT B6041 A319

20100417_rjnt_b22310a

午後一に高雄からの第2便、富山初登場の復興A320

TNA6996 RCKH-RJNT B22310 A320

20100417_rjnt_ja3717

一般外来機は、これのみ JA3717 C206

20100417_rjnt_ja8504

時折エコーラインが通過して雨が降って、ご覧のとおりです

ADO70 RJCC-RJNT JA8504 B735

20100417_rjnt_b22310b

出発地高雄へフェリーで、お帰り

TNA6995 RJNT-RCKH B22310 A320

20100417_rjnt_ja8291

ANA885 RJTT-RJNT JA8504 B763

20100417_rjnt_b16829a

発地、機種とも初となるか? 台中発の華信航空エンブラエル190

MDA7356 RCMQ-RJNT B16829 E190

20100417_rjnt_b16829b

台中は、またの名を清泉崗とも言う。軍事的には有名

MDA7356 RCMQ-RJNT B16829 E190

20100417_rjnt_b16829c

想わずハヤっと呟いてしまった離陸。西陽が強くさして明日は晴れそうです

MDA7357 RJNT-RCMQ B16829 E190

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は雪 2010/4/17 sat

季節は冬に逆戻り。関東地方はみぞれ模様ですね。羽田で観測、富山は晴れてきました。 7時現在

-SHRASNGS light shower rain snow snow pellets or hail

しゅう雨性のみぞれ、雪あられを観測、現在の強さは、雨、雪、雪あられの順で全体としての強度は弱である。

RJTT 162130Z 32015KT 3500 -SHRASNGS BR FEW005 BKN010 BKN013 02/01 Q1020 RERA RMK 1ST005 5ST010 6CU013 A3013 SMALL HAIL
RJTT 162123Z 32013KT 3000 -SHSNRAGS BR FEW005 BKN008 BKN013 02/00 Q1020 RMK 1ST005 5ST008 6CU013 A3014 SMALL HAIL P/RR
RJTT 162110Z 32015KT 3000 SHRAGS BR FEW005 BKN008 BKN013 02/01 Q1021 RMK 1ST005 5ST008 6CU013 A3015 SMALL HAIL
RJTT 162100Z 34018KT 3000 -SHGSRA BR FEW006 BKN008 BKN013 02/01 Q1019 RMK 1ST006 5ST008 6CU013 A3012 SMALL HAIL
RJTT 162031Z 34018G28KT 4000 -SHRAGS BR FEW006 BKN008 BKN013 03/02 Q1019 RMK 2ST006 5ST008 6CU013 A3011 SMALL HAIL
RJTT 162030Z 34019KT 4000 -SHRAGS BR FEW006 BKN008 BKN013 03/02 Q1019 RMK 2ST006 5ST008 6CU013 A3011 SMALL HAIL
RJTT 162025Z 34017G28KT 4500 -SHRAGS BR FEW006 BKN008 BKN015 03/01 Q1019 RMK 2ST006 5ST008 6CU015 A3010 SMALL HAIL
RJTT 162021Z 33017KT 4500 -SHRAGS BR FEW006 BKN008 BKN015 03/01 Q1019 RMK 2ST006 5ST008 6CU015 A3011 SMALL HAIL
RJTT 162000Z 34019KT 5000 -RA BR FEW006 BKN008 BKN015 03/01 Q1019 RMK 2ST006 5ST008 6SC015 A3010
RJTT 161930Z 33015KT 6000 -RA FEW006 BKN008 BKN015 03/01 Q1019 RMK 2ST006 5ST008 6SC015 A3011

RJAA 162143Z 33017KT 2500 SHRA BR FEW002 BKN004 02/02 Q1019 REGS RMK 1ST002 7ST004 A3010
RJAA 162136Z 33015KT 2000 SHGSRA BR FEW002 BKN004 02/01 Q1019 RMK 1ST002 7ST004 A3010 SMALL HAIL
RJAA 162130Z 33018KT 2500 RA BR FEW002 BKN004 02/01 Q1019 TEMPO 36018G30KT RMK 1ST002 7ST004 A3010 2113 MOD TURB BTN 10000FT AND 6000FT 30NM S NRE B777
RJAA 162112Z 32014KT 2000 RA BR FEW001 BKN004 02/01 Q1018 RMK 1ST001 7ST004 A3008
RJAA 162105Z 32013KT 2500 RA BR FEW001 BKN004 03/02 Q1018 RMK 1ST001 7ST004 A3008 2101 MOD TURB 3000FT 15NM S NARITA B767
RJAA 162100Z 33015KT 3000 -RA BR FEW001 BKN004 03/02 Q1018 TEMPO 36018G30KT RMK 1ST001 7ST004 A3008 2049 MOD TURB BTN FL140 AND 6000FT 40NM S NARITA B772
RJAA 162030Z 35017KT 4500 -RA BR FEW002 BKN007 04/03 Q1018 TEMPO BKN004 BKN015 RMK 1ST002 7ST007 A3007
RJAA 162015Z 35016KT 3200 -RA BR FEW002 BKN007 04/03 Q1018 RMK 1ST002 7ST007 A3007
RJAA 162000Z 35016KT 2500 RA BR FEW003 BKN007 BKN015 04/03 Q1018 TEMPO BKN004 BKN015 RMK 2ST003 5ST007 7SC015 A3007
RJAA 161930Z 36015KT 3500 -RA BR FEW002 BKN006 04/04 Q1017 TEMPO BKN004 BKN015 RMK 2ST002 7ST006 A3006

RJNT 162110Z VRB03KT 9999 FEW003 SCT025 BKN040 07/06 Q1021 RMK 1ST003 3CU025 5CU040 A3015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/15

春チャーター 富山空港 2010/4/15 thu

桜が満開になったと思ったら山の上の方には、白いものがまた増えたりして、なんとも不安定な天候が続いています。陽射しはすでに強くなって、油断すると日焼けをしてしまいます。

さて、昨日の能登の入れ込みから台湾からの春チャーターが始まりました。立山にはたんまり雪があるので、楽しみにしてくださいね。今年は、全国を飛び回っている復興航空が北海道方面からシフトしてきます。従来からの中華と、久し振りに華信がエンブラエルでやってくるので楽しみです。ただ長栄はありません。

20100415_rjnt_b2168

天窓のある-800初期型の上海 CSH825 ZSPV-RJNT B738 B2168

20100415_rjnt_b18617a

後からウイングレットを追加したタイプの中華 CAL7596 RCTP-RJNT B738 B18617

20100415_rjnt_b18617b

チャーターパターンの初期の為、帰りはフェリー CAL7597 RJNT-RCTP B738 B18617

20100415_rjnt_ja8287

いつものとおりに定期便 ANA885 RJTT-RJNT B763 JA8287

20100415_rjnt_ja301k

到着時に豪快にひねって降りてきたADO ADO79 RJNT-RJCC B735 JA301K

20100415_rjnt_ja6769

ここから地元機 富山県警 JA6769 A109

20100415_rjnt_ja6768

富山県防災 JA6768 BH41

20100415_rjnt_ja6193

朝日航洋 JA6193 BH06

20100415_rjnt_ja9635

春山輸送に飛来していると思われる朝日航洋 JA9635 AS32

SORA_MM NK 14,15 8X306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

とある日 東京国際空港 2010/3/12 fri

日ごろ見慣れた風景が、過去のことになるのには時間がかからないご時勢。先月チョット立ち寄った羽田の日常を記録しておく。

20100312_rjtt01_newterminal

旧ターミナル地区には、新国際線ビルの建設が急ピッチで進んでいる

20100312_rjtt02_ja8195

ADOのB735も頻繁に発着する ADO B735 JA8195

20100312_rjtt03_ja8233

JALの中でも長生きの機体B762、N地区にはPVJのA319 JAL B762 JA8233

20100312_rjtt04_ja8961

N地区の格納庫はスカイマーク使用、その前に無地のMD81 ANA B744 JA8961

20100312_rjtt05_newtower

すでに運用開始されている羽田新管制塔

20100312_rjtt06_ja8574

新国際線地区の貨物ビル、結構な広さです JAL A300-600R JA8574

20100312_rjtt07_ja326j

JEX B738 JA326J

20100312_rjtt08_ja8984

JAL ECO JET B772 JA8984

20100312_rjtt09_b6726

羽田ではレアな機体となったA321 CCA181 ZBAA-RJTT A321 B6726

20100312_rjtt10_ja712a

STARALLA ANA B772 JA712A

20100312_rjtt11_ja602a

モヒカンも健在 ANA B763 JA602A

20100312_rjtt12_b6126

意外と大きいA330 CES537 ZSSS-RJTT A333 B6120

20100312_rjtt13_ja03mc

個性一番はやっぱりコレ SFJ A320 JA03MC

20100312_rjtt14_b2566

東方の子会社になって動向が注目 CSH815 ZSSS-RJTT B763 B2566

20100312_rjtt15_ja8957

そろそろ新しいシリーズが欲しいピカチュウ ANA B744 JA8957

20100312_rjtt16_ja8359

旭山動物園に助けられている? 背後の洋上は海保の新型PL66しきね  ADO B763 JA8359

20100312_rjtt17_ja737r

トランプシリーズ スペード SKY B738 JA737R

20100312_rjtt18_ja8322

NHK竜馬伝号 ANA B763 JA8322

20100312_rjtt19_ja737a

南のNCC SNA B734 JA747A

20100312_rjtt20_ja306k

現在はAIR NEXT のドルフィンちゃん 普段なかなか聞けないがCALLはBLUE-DOLPHIN NXA B735 JA306K

20100312_rjtt21_ja300k

一方ADOに移籍した元ドルフィンちゃん ADO B735 JA300K

20100312_rjtt22_ja8910

韓国線に活躍する-400 JAL92 RKSS-RJTT B744 JA8910

20100312_rjtt23_ja8912

トーイングされ国際線エプロンに向う JAL B744 JA8912

20100312_rjtt24_ja8964

ANAの-400Dも残り少なくなってきました ANA B744D JA8964

20100312_rjtt25_ja737q

ハートは SKY B738 JA737Q

20100312_rjtt26_ja51an58an

勢力拡大中 ANAのB738 手前 JA58AN STAALLA JA51AN

20100312_rjtt27_ja606a

FLY PANDA ANA1282 ZSSS-RJTT B763ER JA606A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/08

趣味的航空路誌改訂情報 2010/4/8 thu

趣味的航空路誌改訂情報 2010/4/8 thu
4月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。
主な変更
■徳島飛行場滑走路延長関係

【4/1から有効分】
○飛行前情報業務の提供場所及び提供方法に関する変更
 福島及び南紀白浜空港出張所がセルフブリーフィング端末での提供となる

○対馬空港における運用時間等の変更
 2300-1030 が 2230-1130 に変更

○広島西飛行場における運用時間等の変更
 2330-1100 が 2330-1130 に変更

○飛行計画の提出手続きに関する変更
 福島及び南紀白浜空港出張所は、通報された飛行計画が受理されず飛行援助センターに中継されそこで受理される方式に変更

【4/8から有効分】
○RNAV 経路の改正
Revision of RNAV route: Y54

○直行経路の改正
Revision of direct route: PQE-HCE

○位置通報点の設定及び改正
Establishment of reporting points:
KANTA KURMI
Revision of reporting points:
RASYA SANGO SPENS
ANOXA ERABU ISARI MEKAX SQRUM

○三宅島空港における標準計器出発方式の改正
HACHIJO ONE DEP -----> HACHIJO TWO DEP
MIYAKE REVERSAL ONE DEP

○東京国際空港における標準計器出発方式等の改正
URAGA SEVEN DEP
NANAM TWO RNAV DEP -----> URAGA EIGHT DEP
NANAM THREE RNAV DEP
TATEYAMA TRANSITION

○函館空港における飛行の方式の設定等
TAKE OFF MINIMA for RNAV DEPARTUREの変更

ILS Z or LOC Z RWY 12
ILS Y or LOC Y RWY 12
Abolishment of LOC X RWY 12
KURUMI RNAV ARR
TSUGARU ONE RNAV DEP
KOMACHI TRANSITION
WX MINIMA

○美保飛行場における誘導路形状の変更等
B2 Width : 26.5m -> 34m  Taxiing guidance sign

○那覇空港におけるスポットの供用開始等
Installation of spot: 36L, 36R

○帯広空港における管制周波数に係る改正
緊急用周波数が追加

○徳島管制圏の改正

○徳島飛行場における滑走路の延長等
RW29側(東側)に延長 2000m -> 2500m
民航地区が東側新地区に移動し、新ターミナル及びエプロンが供用
NORTH APRONの移動 f/EV 37ft spot 1,2,3,4
Taxiway変更 N-1 S-1 N-2,3,4,5 S-3 S-4,5 N-6 S-6

○徳島飛行場における飛行の方式の改正等
VOR RWY 29
NDB RWY 29
TACAN Z RWY 29
TACAN Y RWY 29
TOSAR THREE DEP -----> TOSAR FOUR DEP
ISIMA TWO DEP  -----> ISIMA THREE DEP
TOKUSHIMA REVERSAL FOUR DEP-----> TOKUSHIMA REVERSAL FIVE DEP
MIYAZU FIVE DEP -----> MIYAZU SIX DEP
MIKAN ONE DEP -----> MIKAN TWO DEP
WX MINIMA:PAR RWY29, ASR RWY 29
Visual REP
LDG CHART

○築城ターミナルコントロールエリアの改正
築城飛行場の北側空域がターミナルコントロールエリアに追加
北九州管制圏、小月管制圏、宇部情報圏上の空域 10000ft までTCAが提供される

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/05

寒櫻 熊谷基地 2010/4/4 sun

かぞえること8年振りに熊谷に花見に行った。天気予報では日中は晴天の予定だったが、お昼前には雲がかかり、とっても寒い花見となった。熊谷の桜は3分咲きぐらいで、来週の週末だったら最高だったかもしれない。

20100404_ay_ch495a 最初に到着したのは、入間のCH47JA 67-4495 IRUMA_HT

20100404_ay_uh567a続いて百里からUH60J 78-4567 HYAKURI_ARS

20100404_ay_uh567b公開展示が始まった当初は、まばらですが、その内結構な人出に

20100404_ay_uh567c久しぶりに来たら、隣の太平洋セメントの煙突が2本から3本になっていた

20100404_ay_ch495b展示飛行前に砂塵飛散対策の散水を行ってはいたが・・・

20100404_ay_uh567d着陸の時には気が付かなかったが、離陸時はすさまじい飛散状況で、体中芝くずだらけになった

20100404_ay_ch495c チヌークの機動飛行、UHの救難展示と続く

20100404_ay_bia ブルーインパルス飛来時は、ご覧のような曇天で、たいへん寒かった。まずは、会場北側からワイドデルタで進入

20100404_ay_bib 360度デルタターンの後、南西からスワンで会場進入、さくらのフォーメーションに移る

20100404_ay_bic 青空が背景ならば、たいへん美しいさくらだが、曇天で残念。チョット中心がズレているのは、ご愛嬌?

20100404_ay_bid 周辺空域入圏機で一時中断の後、チェンジオーバーターン、#5ソロナイフエッジと続いて、初お披露目のサンライズで演目終了

20100404_ay_bie最後は、会場西から各機順次進入、バイバイフライトをして入間に帰投した

20100404_ay_t7 フライバイの先頭は、静浜からのT7 天城H

20100404_ay_c1 入間のC1は、3回パス 宇宙31

20100404_ay_f4 最後は、百里からF4  ジェームス君01

20100404_ay_uh567eブルーが終わっても帰る人は少なく、最後までUHを見送った

20100404_ay_uh567f帰投の際、バイバイフライトに向けて高度を上げて、スタートです

片道4時間、朝3時に家を出て日帰りはチョットキツカッタですね。寒かったからなおさらかもしれませんが、少し日焼けしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »