« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/31

伏木港まつり 万葉埠頭 2010/7/31 sat

毎年恒例の地元伏木港まつり。今年も自衛艦の体験航海と一般公開が実施された。場所は例年の万葉埠頭であったが、東寄りの埠頭に停泊していた。

20100731_fushiki_m00

8時前に現着は、基本です。

20100731_fushiki_m01

自衛艦旗掲揚中に接岸作業中のロシアFESCOの自動車運搬船。ロシアの輸入関税の関係で壊滅的な影響を受けた中古車輸出であったが、少しずつ回復しているのか?

20100731_fushiki_m02

今年の公開は、佐世保の「DDG172はたかぜ」。まもなく退役となるようなので、見納めとなるか。

20100731_fushiki_m03

富山地本の高機動車。イベントの多い期間中、借り受けて展示に使用しているそうだ。

20100731_fushiki_m04

公開に先駆けて歓迎行事。地元のダンスチームによる披露

20100731_fushiki_m05

もう一艘は、先週も乗艦したミサイル艇「PG824はやぶさ」

20100731_fushiki_m06

しまかぜで、体験航海に出航。港口まで、タグが随行します。

20100731_fushiki_m07

長年の風雪に耐えているしまかぜの艦鐘

20100731_fushiki_m08

艦橋から船首を見ると、5インチ速射砲が。もうレトロな風景ですね。

20100731_fushiki_m09

しまかぜの特徴は艦首のSM-1ミサイルランチャー

20100731_fushiki_m10

伏木港まつりの公開は、明日もやってまーす。富山地本のキャラクターがお迎えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/29

百里航空祭5終 百里飛行場 2010/7/25 sun

百里航空祭5 おまけ編 これでおしまいです。

20100725_rjah_d00

滑走路脇でブルーのお見送りをしている頃、埼玉へ救難に出かけていたU125が帰投してきた。 92-3012

20100725_rjah_d01

その後を追ってUHも帰投してきた。お疲れさまでした。 78-4566

20100725_rjah_d02_2

ブルーが展示の準備をしていた時に、先に救難に出発した穴を埋めるため、南側地区からすかさず待機についたUHがあった。 18-4576

20100725_rjah_d10

花電車牽引トラクターは、力作。左側は305飛行隊のF15に翼には、7月23日に硫黄島で沈んだ無人偵察機をぶら下げている。

20100725_rjah_d11

左側は、302飛行隊塗装。これは多用途小型無人機となるのか?

20100725_rjah_d12

もう一台は、ブルー7号機塗装 006はどんな意味?

飛行隊一覧【第302飛行隊】

20100725_rjah_d20

20100725_rjah_d21

飛行隊一覧【第305飛行隊】

20100725_rjah_d30

20100725_rjah_d31

20100725_rjah_d32

飛行隊一覧【第501飛行隊】

20100725_rjah_d40

20100725_rjah_d41

20100725_rjah_d42

20100725_rjah_d43

次回からは、秋に戻してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA HYAKURI VORTAC

20100725_rjah_huc

photo 2010/7/25

HYAKURI VOR/TACAN

TACAN:CH-80X

HUC

VOR:0030-1200 TACAN:H24

VOR 361113.22N/1402449.42E

TACAN:361114.81N/ 1402447.53E

162FT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA SHINSHU VOR/DME

During the unserviceability of Matsumoto VOR/DME(MBE), alternate procedures Temporary operation of Shinshu VOR/DME(SSE):

20100505_rjaf_sse

photo 2010/5/5

SHINSHU VOR/DME

CH-121X

SSE

H24

VOR and DME : 360937.68N/1375512.20E

679.9m(2230.8ft)

松本VOR/DEM(MBE)機器更新により運用停止

2010.7.29から2010.10.20まで

代替に仮設信州VOR/DEM(SSE)が運用される

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味的航空路誌改訂情報 2010/7/29 thu

趣味的航空路誌改訂情報 2010/7/29 thu
7月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。

【7月1日変更】
○調布飛行場における運用時間の変更等
1. 2330-0800 [2330SUN-0800SAT] EXC Public HOL, 2nd JAN, 3rd JAN
2. 0100-0800 on SUN, Public HOL, 2nd JAN, 3rd JAN

○神津島空港における運用時間の変更
2330-0815 [2330 20th APR - 0815 10th MAY, 2330 15th JUL - 0815 31st AUG]
2330-0730 [2330 31st AUG - 0730 20th APR, 2330 10th MAY - 0730 15th JUL]

○新島空港における運用時間の変更
2330-0815 [2330 20th APR - 0815 10th MAY, 2330 15th JUL - 0815 31st AUG]
2330-0730 [2330 31st AUG - 0730 20th APR, 2330 10th MAY - 0730 15th JUL]

○神戸空港における転移経路の改正
TAMBA TRANSITION

○運航者略号の追加及び削除
NHS 日本ヘリシス 

○函館空港周辺における障害物件の設置

○石垣空港における中間待機位置標識の設置

○高知空港における供給可能燃料種類の改正

○山口宇部空港における目標点標識の設置等

【7月29日変更】
○RNAV 経路の設定及び改正
Establishment of RNAV route: Y104
Revision of RNAV route: Y10

○直行経路の設定
Establishment of Direct route:
BRENT-GKE BRENT-YNE

○福岡FIR 及びロシア連邦のFIR 間の飛行高度の指定の方式の改正
Between Fukuoka FIR and Yuzhno-Sakhalinsk FIR
via AKSUN (A204 Y104)
via LUMIN (B223 Y10) (R490:B223 Y10)

○位置通報点の設定及び改正
Establishment of reporting points:
BANNA BRENT ISEKI NATAC RISHIRI TAKZO WAKKANAI

Revision of reporting points:
AKSUN LUMIN YOROI

○石垣空港における計器進入方式の改正
VOR Y RWY04

○成田国際空港における誘導路の形状変更

○東京国際空港における計器進入方式の改正等
ILS or LOC RWY22
Lost COM procedures

○与那国空港における飛行の方式の設定等
LOC RWY26
VOR RWY26

○空港二次電源供給に係る変更
神戸空港、名古屋空港

○那覇空港におけるINS チェックポイントの改正

○成田国際空港における誘導路灯の設置等

○大館能代空港における滑走路の舗装強度等変更
Strength: PCN 55/R/B/X/T

○東京国際空港におけるプッシュバックレーンの設置等
スポット33-41

○着陸料の軽減に関する変更
那覇発着国際航空の着陸料軽減

○航空航行援助施設利用料の減額に関する事項の設定等
那覇発着国際航空の航空航行援助施設利用料軽減

○ARSR/ORSR サイトの追加等
久米島ORSRの追加
NOTAMで7.2から運用されている

○防空識別圏(ADIZ) の変更
与那国島直上を南北に通過していた防空識別圏外側線を与那国島領海線に変更

○函館空港周辺における障害物件の設置

○宮古空港における誘導案内灯の追加

○飛行場障害物図(TYPE A )の追加
(長崎空港,大分空港,高松空港)

○成田国際空港における誘導路の走行に係る制限事項の改正

○稚内空港における飛行場図の変更等

□美保ILS機器更新により運用停止 2009.12.17から2010.10.20まで

□徳島ILS滑走路延長に伴う、LOC改修 GP/T-DME移設により運用停止 2010.4.8 から

□松本VOR/DEM(MBE)機器更新により運用停止 2010.7.29から2010.10.20まで
 代替に仮設信州VOR/DEM(SSE)が運用される

□大館能代ILS(GS)機器更新及びA地区舗装により運用停止 2010.7.29から2010.11.17まで
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/28

百里航空祭4 百里飛行場 2010/7/25 sun

百里航空祭4 外来機編

首都圏に近い百里には、航空自衛隊の全機種がそろうのが通常で、米軍機は普段は来ないと思っていたら、大物が来ていました。さすがに海軍機は日本海で演習中なので、いませんでしたが、嘉手納からF15とタンカーが来ていたのには、アメリカのプレゼンスを感じます。おかげで、狭いエプロンには地元機の静止展示エリアが無くなっていました。

20100725_rjah_c00

前日体験搭乗を実施していたチヌーク CH47JA IRUMA HT 57-4492

20100725_rjah_c01

AH1S IVATH 73469

20100725_rjah_c02

OH1 IVATH 32620

20100725_rjah_c03

AH64D SK 74508

20100725_rjah_c10

US AIR FORCE F15C 18WG67FS ZZ 80012

20100725_rjah_c11

US AIR FORCE F15C 18WG44FS ZZ 80013

20100725_rjah_c12

US AIR FORCE C135R 18WG909ARS ZZ 63976

20100725_rjah_c13

US MCAS IWAKUNI UC12F 3559

20100725_rjah_c20

T7 11TFW 46-5921

20100725_rjah_c21

T400 41FTS 51-5058

20100725_rjah_c22

E2C AEW 64-3456

20100725_rjah_c23

P3C 3-5029

20100725_rjah_c24

F2A 8SQ 53-8531

20100725_rjah_c25

C130H 401SQ 05-1084

20100725_rjah_c26

U4 HQ 85-3253

20100725_rjah_c27

最後に残っていたC1の存在を忘れていました。BIと一緒に居残りとなったのでしょうか?

C1 402SQ 78-1022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百里航空祭3 百里飛行場 2010/7/25 sun

百里飛行場3 ブルーインパルス編

天候は相変わらずのNOSIG 先に#5が離陸して天候調査を実施。もやと強力な太陽光で飛行場視認がなかなか困難な模様。太陽を背にした方向からなんとか5海里取れそうなので、その方角からのレーストラックでの航過飛行となった。太陽を背にして進入してくるため、観客からは眩しくて見難い飛行となった。また、エンジンスタート時に#6がグランドアボート。乗り換えで予備機が参加した。

#1 46-5730

#2 26-5804

#3 46-5729

#4 26-5805

#5 46-5731

#6 46-5728

#7 66-5745

20100725_rjah_bi00

ブルー電車?も運航の列線

20100725_rjah_bi01

ランプアウト後、#5が先に天候調査で離陸

20100725_rjah_bi02

インデビジュアルテイクオフで4番機まで離陸して、ダーティで会場航過

20100725_rjah_bi03

背面を振り返ると、きれいな青空として写るのですが・・

20100725_rjah_bi04

リーダーズベネフィット

20100725_rjah_bi05

ポイントスター

20100725_rjah_bi06

スワン

20100725_rjah_bi07

これは、レベルオープナー(ロールなし)

20100725_rjah_bi08

#5によるナイフエッジパス

20100725_rjah_bi09

背面からGoレター8

20100725_rjah_bi10

正面にまわると、とたんに逆光で白くぼけてしまいます

20100725_rjah_bi11

綺麗に8ができあがり

20100725_rjah_bi20

単独機のフライパスが何度かあった後、そのままダウンウインドに入って着陸となった。久しぶりに列線前まで進出して、シャットダウンを見た。

20100725_rjah_bi21

終了の敬礼

20100725_rjah_bi22

一日基地司令から花束贈呈。今年の帽子のスタイルは、流行なのでしょうか?

20100725_rjah_bi30

IFRヘビートラフィクで、かなり待たされて帰投のランプアウト

20100725_rjah_bi31

このアングル好きなんですよね。カルガモみたいで

20100725_rjah_bi32

アボートした#6は、居残りとなった。

20100725_rjah_bi33

ランナップ

20100725_rjah_bi34

4機は編隊離陸

20100725_rjah_bi35

後を追って#5,#7が続きます。トリの#7はスモークを引いてぇぇぇぇぇ

20100725_rjah_bi36

・・・・ハイレイトクライム 今度は、千歳で逢いましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百里航空祭2 百里飛行場 2010/7/25 sun

百里飛行場2

20100725_rjah_b00

ソロ機が先に下ります。F15J 62-8958

20100725_rjah_b01

シュートしてF4も着陸 F4EJk 87-8413

20100725_rjah_b02

RFもブレイクしてランディングに向います

20100725_rjah_b03

各飛行隊のモーボ要員もそろって帰還です。

20100725_rjah_b04

RFがランプインして第一ステージ終了

20100725_rjah_b10

救難隊の救難展示 UH60J 78-42666

20100725_rjah_b11

まわるまわるU125 U125A 92-3026

20100725_rjah_b20

模擬緊急発進展示から離陸する記念塗装編隊 F4EJk 07-8435 77-8401

20100725_rjah_b21

左周りでAGGを披露

20100725_rjah_b22

離脱はABを焚いて

20100725_rjah_b23

F4EJk 77-8402

20100725_rjah_b30

続いてF15編隊による高機動飛行 F15J 92-8911

20100725_rjah_b31

F15J 12-8924

20100725_rjah_b32

いつもの通り見事な飛びっぷりでした。午前の部はこれで終了。全身汗だくで日陰に退散です。

20100725_rjah_b40

午後は、偵察航空隊による戦術偵察飛行。2機で絶え間なく会場に侵入して離脱を繰り返す、RFならではの飛びです。

20100725_rjah_b41

気力を振るって暑さと戦います。この時間でも翼面に雲がわきます。

20100725_rjah_b50

そんな呑気でバテバテの中、救難隊に救難要請が入った。すでに報道されているように、埼玉県防災ヘリコプター墜落に伴う、救難要請である。会場エプロンに展示されていたU125等がすぐにエンジンを廻して離陸していった。 U125A 92-3012

20100725_rjah_b51

UHはエプロンにいた2機とも出発していく。 UH60J 78-4566

20100725_rjah_b52

迷彩機も後を追う。後刻、報道のテレビでホバリングして救助している様子が放映されていた。UH60J 18-4551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百里航空祭1 百里飛行場 2010/7/25 sun

とにかく暑い百里飛行場。天候は昨日と同じように、晴れてはいるが視程が悪い。全体的にもやっと白っぽい世界に包まれているようだ。基地側でも暑さに留意してか、パンフレットが「うちわ」になっていたり、ミストで涼が採れる場所があったりした。

20100725_rjah_a00

スタートがゆっくりで、天候調査が上がったのが8時を過ぎてからであった。

ラッキーナンバーのF4 F4EJk 67-8333 ジェームス君07

20100725_rjah_a01

梅組からはT4が天候調査を実施 T4 06-5649

20100725_rjah_a02

特別塗装は、正面展示のF4が2機 後ほど緊急発進とAGGを実施

F4EJk 77-8402

20100725_rjah_a03

F4EJk 77-8398

20100725_rjah_a10

航過飛行に向けて、各飛行隊での準備が始まります。

#093が編隊長機

20100725_rjah_a11

305SQ列線

20100725_rjah_a20

こちらは302SQのF4列線

20100725_rjah_a21

F4は4機でのフライト。F15に続き編隊長機からランプアウト。 F4EJk 07-8435

20100725_rjah_a22

2番機 F4EJk 77-8401

20100725_rjah_a30

302SQと向うあう偵察航空隊501SQの列線。すっかりEJが少なくなってました。

20100725_rjah_a31

エンジンスタートして準備万態

20100725_rjah_a32

編隊長機は、#912 RF4E 57-6912

20100725_rjah_a40

F15から離陸開始 F15DJ 82-8093

20100725_rjah_a41

F4の離陸は低いので、かろうじてクリアして撮影できた。

20100725_rjah_a42_2

この機体のみセンタータンクのみ。 RF4E 57-6912

20100725_rjah_a51

10機の大編隊フライト

20100725_rjah_a52

編隊航過の合間にF15が離陸して、単機での機動飛行を披露

F15J 62-8958

20100725_rjah_a53

305SQ 82-8093 22-8805 12-8924

20100725_rjah_a54

302SQ  07-8435 77-8401 67-8388 87-8413

20100725_rjah_a55

501SQ 57-6912 57-6909 57-6914

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

灼熱原 百里飛行場 2010/7/24 sat

日本海での米韓統合訓練が気になる今日このごろですが、太平洋側にのこのこ出かけてきました。夜中の移動は順調ですが、日中は、灼熱の熱修行だ。あらためて、どうしてここまでして来るか?と、自問してしまう百里原であった。百里航空祭前日予行を眺めてみた。

20100724_rjah_rh00

6時過ぎに現地到着。一服しているところにいきなりやってきたP3C

第4航空隊 5029 海鷲29

20100724_rjah_rh01

梅組T4による天候偵察から。晴れてはいるがシーリングが悪い 65

20100724_rjah_rh02

9時過ぎ、ブルー到着

20100724_rjah_rh03

航過飛行に向けて、各飛行隊の編隊が離陸 305SQ #805 

20100724_rjah_rh04_2

2番目はF4 302SQ #435,#401

20100724_rjah_rh05

3機すべてRF4Eだった501SQ

20100724_rjah_rh06

これが最後の警戒塗装のUH60か? #566 百里救難隊

20100724_rjah_rh07

百里混成編隊

20100724_rjah_rh08

起動飛行披露のF15J #911 305SQ

20100724_rjah_rh09

UH60Jと一緒に救難展示のU125A #026

20100724_rjah_rh10

AGG披露の記念塗装F4 #398

20100724_rjah_rh11

シーリング不良で航過飛行となったBI

20100724_rjah_rh12

会場完熟を終了して着陸態勢のBI1 #730

明日も、今日と同じような天候のようだ。飛行にはチョット辛い視界だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/23

定点 小松空港 2010/7/22 thu

小松空港の送迎デッキは、どうしても午前中は逆光となり撮影には向きません。おまけに暑い!! エアコンの排気箇所で涼んで耐えます。民航機を一覧で。

20100722_rjnk_c00ja8364

以前はジャンボもよくやってきましたが、現在B6が主体

JAL1270 RJNK-RJTT JA8364 B763

20100722_rjnk_c01ja8269

一番は、上下ともJAL

JAL1273 RJTT-RJNK JA8289 B763

20100722_rjnk_c03ja01rj

7月から成田便が2往復となったIBEX

IBX3116 RJNK-RJAA JA01RJ CRJ

20100722_rjnk_c04ja8996

朝は各方面、出発便が続きます

JTA31 RJNK-ROAH JA8996 B734

20100722_rjnk_c05ja11an

ゴールドジェットの入ることもある福岡便

ANA316 RJFF-RJNK JA11AN B737

20100722_rjnk_c06ja301k

すっかり朝出発が定着したADO

ADO89 RJNK-RJCC JA301K B735

20100722_rjnk_c07ja9802

空港格納庫に常駐している中日本のジェットレンジャー

NKK JA9802 BH06

20100722_rjnk_c08ja8368

ANA751 RJTT-RJNK JA8368 B763

20100722_rjnk_c09ja02rj

午前に成田から来るCRJ。この後仙台を往復してまた成田へ向う 

IBX3117 RJAA-RJNK JA02RJ CRJ ->3190 SS 3189 NK 3118 AA

20100722_rjnk_c10ja704a

現在の一番大きな機体B777-200 

ANA753 RJTT-RJNK JA704A B772 <- NK 752 TT 753 NK 756 TT

20100722_rjnk_c11b2333_2

木曜の外航は中国東方

CES557 ZSPD-RJNK B2333 A319

20100722_rjnk_c12ja8299

JAL1279 RJTT-RJNK JA8299 B763

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空振り十字旗 小松飛行場 2010/7/22 thu

三連休明け、蟻飛行も終了して夏休みモード突入か・・と思っていたら、日本海が騒々しいのです。火曜、水曜と聞き耳を立てていると、どうも百里からF4とF15がやってきて、今年の戦競訓練のように思われます。えー、今週末には航空祭と言うのに、忙しい展開です。で、時間が出来たので、小松に出撃してみましたが、水曜夕方には百里に撤収した後でした。そりゃ22日からは航空祭予行がスケジュールされているから、無理もないことだった。

この日は、地元部隊も休飛日。朝から列線に機影は無く、風通しに格納庫の扉が空けてあるだけ。アラートハンガーも一日陰干し状態でしたね。

20100722_rjnk_f00

そんな中でも、昨日フライト時にグランドアボートしたと思われるF4が、一日かけてエンジン調整をして、夕方百里に帰っていきました。

写真では見難いですが、トラベルポットの他に、センタータンク前方に電子戦ポットを懸架しています。キャプティブ弾は下げていないことから、攻撃側機体だったのでしょう。

20100722_rjnk_f01

F4EJk 87-8411 302SQ ジェームス君11

20100722_rjnk_f10

F4出発のチョイ前、築城の天狗15がやってきた。増槽2本のみのフェリー状態???

F15J 52-8850 304SQ 鎚矛01

20100722_rjnk_f11

後を追って、狗鷲のT4が天狗を名乗って降りてきました。もしかしてF15の機体が転属でしょうか?

T4 16-5661 306SQ 鎚矛102

20100722_rjnk_f20

他は定期便の?チヌーク 頂上95

20100722_rjnk_f21

午後遅く、救難隊のUHが訓練開始

UH60J 48-4558 KOMATSU ARS 英雄58

20100722_rjnk_f22

飛行場上空で、パラジャンの訓練でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定点 能登空港 2010/7/19 mon

七尾港での自衛艦公開は、一時間で一通り見てしまった。午後の体験航海まで時間があったので、能登空港までチョコット寄り道?

20100719_rjnw_ja2436

地元航空学園は、夏休みでも盛んに操縦訓練を続けていた。もっとATC練習してねぇ。聞いているほうがハラハラするから・・ 日常生活で絶えずポジションとインテンションを口ずさんでいるとうまくなるからね。

JA2436 SF25

20100719_rjnw_ja8388a

午前の定期便狙いです。代わり映えはしませんがA320

20100719_rjnw_ja8388b

結構下草が伸びていて、脚が隠れることも

ANA747 RJTT-RJNW JA8388 A320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連海 七尾港 2010/7/19 mon

猛暑が続く毎日ですが、出撃基地も灼熱で作業が滞っております。夏の3連休、最終日は懲りずに船に乗りにいってきました。場所は、下道しかないこの日が一番時間がかかる七尾港。ターゲットは、多用途支援艦「ひうち」とミサイル艇「はやぶさだ。

20100719_nanao_n00

本日も自衛旗掲揚に立会い

20100719_nanao_n01

この岸壁、ちっとも工事が進んでないのですが・・・・

PG824「はやぶさ」は、岸壁では良いアングルで写真が撮れません。

20100719_nanao_n02

AMS4301「ひうち」搭載のBARRACUDA。小型ボートに似せた標的船で、無線操縦で操船される。赤い物体は、レーダー反射を模する反射板の役割をしているそうだ。

20100719_nanao_n03

ひうち艦橋からはやぶさを見る。西風がけっこう強くて、旗が綺麗に立っています。

20100719_nanao_n04

艦としては小型ですが、結構安定した走りでした。

20100719_nanao_n05

暑さの中、地本の皆さんはご苦労さまです。バックで離岸して七尾湾出口まで2時間の船旅です。

20100719_nanao_n06

艦に乗船の皆さんもバテバテで帰港となりました。ふぅ、疲れたビー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

海日和 柏崎港 2010/7/18 sun

柏崎市市制施行70周年記念行事・中越沖地震3周年復興記念行事 と言うのが主催の柏崎市のお題目です。柏崎港に海上自衛隊輸送艦「LST4002しもきた」が寄港して一般公開された。米山や鯨波の海水浴場を横目に見ながら、釣客で賑わう酷暑の柏崎まで出かけた。地震から3年ですか。このようなイベントでも続けないと記憶は風化していきますね。

20100718_kashiwazaki_z00

みなとまち海浜公園から柏崎港中浜埠頭に接岸している「しもきた」

20100718_kashiwazaki_z01

1番艦のおおすみは何度も乗艦したが、しもきたは初乗艦となる。

20100718_kashiwazaki_z02

こちらは西浜からの全景

20100718_kashiwazaki_z03

埠頭には高田駐屯地、第2普通科連隊の車両が展示されていた。

20100718_kashiwazaki_z04

午後の公開。ランプドアが下ろされてまもなく乗艦できます。

20100718_kashiwazaki_z05

艦内の階段を何層か昇って後部飛行甲板にでました。塗装が変更になって米軍のような白い表示となっていた。旧塗装後がうっすらとわかります。

20100718_kashiwazaki_z06

艦橋へのラッタルを昇っている途中から後部甲板を一望する。

20100718_kashiwazaki_z07

艦橋から前部甲板を見る。丁度エレベーターが上がってきたところ。遠くには柏崎刈羽原発が見えます。

20100718_kashiwazaki_z08

艦橋からまた階段を下りてLCAC格納庫へ。

20100718_kashiwazaki_z09

推進ファン越しにスタンゲートから外を見るとまぶしぃぃぃ!

20100718_kashiwazaki_z10

エレベータに乗って、もう一度メインデッキに上がる。

20100718_kashiwazaki_z11

港外には海保の「PL04やひこ」が停泊していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏到来 港フェスタ金沢 金沢港 2010/7/17 sat

港フェスタ金沢in金沢港

豪雨から一転、一機に青空が広がり梅雨も明けたようです。ただ自然災害に襲われた地域の方には、お見舞い申し上げます。

20100717_kanazawa_ka00_2

出撃は8時前に、やはり自衛艦旗掲揚からミッションスタートです。今年の寄港艦は、はまゆきとみねゆき

20100717_kanazawa_ka01_2

巡視船えちご前で、「会場安全祈願祭」から。海の安全を祈りました。

20100717_kanazawa_ka02_2

体験公開は、みねゆきで。はまゆきを通って乗艦します。

20100717_kanazawa_ka03_2

タグが付いて、いよいよ出航です。

20100717_kanazawa_ka04_2

はまゆき艦上の舞鶴音楽隊の見送りを受けて、離岸しました。

20100717_kanazawa_ka05_2

お留守番のDD126はまゆき

20100717_kanazawa_ka06_2

搭載ヘリは舞鶴の第23航空隊のSH60J 8275機。コクピット公開と装備装着による記念撮影と、大人気のイベントとなってました。

20100717_kanazawa_ka07_2

金沢港沖合いで反転して、港にもどる2時間の航海

20100717_kanazawa_ka08_2

おなじみの76mm速射砲

20100717_kanazawa_ka09_2

ヘリのバブルウインドゥの魚眼レンズ。恐縮ながら中心に写っているのは小生です。

20100717_kanazawa_ka10_2

僚艦はまゆき搭載へりは、同じ航空隊の能力向上型Jの88号機

20100717_kanazawa_ka11_2

暑い中で一般公開中の「DD124みねゆき」と「DD126はまゆき」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

6空団いろいろ2 小松飛行場 2010/7/8 thu

第6航空団いろいろ その2

教導隊のフライトを気にしつつ、通常の訓練を眺めていると、チョット変わった場面もチラホラ

【始まりはいつもと変わらず】

増槽無しのなんの珍しいところもない306SQのT4ですが、チョットお使いに出たようでした。

20100708_rjnk_c00j661

306SQ T4 16-5661

午後のフライトが始まる前に、一機のF15が帰ってきました。コールは狗鷲。ノーマークのIRAN明け機体のようです。  J74

20100708_rjnk_c01j920

306SQ F15J 02-8920 J31

先のF15に遅れること20分ぐらい後に、朝お出かけしたT4が帰ってきました。後席にはどらえもんは、乗っていません。 J31

20100708_rjnk_c02j661_2

306SQ T4 16-5661

【始まりはいつもと変わらず2】

またしても、なんの変哲もない306SQのT4が登場です。教導隊、306SQと飛び立って少し静かになったところで、中空のコールを名乗る狗鷲が飛び立ちました。??? J74

20100708_rjnk_d00a677

教導隊のフライトが帰投してきたのに気をとられてる時に、突然、スクランブルオーダーが発出された。アラートハンガーが開いて、アラート機がそのまま飛び立っていきます。

20100708_rjnk_d01j843

一番機 F15J 42-8843 主翼パイロンに懸架されてるは実弾ですね。 J29

20100708_rjnk_d02j961

後を追って二番機 F15J 72-8961 訓練機は通常ミリタリですが、さすがにABを焚いて、ターミナル前ですでに離陸して、上昇していきます。デパーチャーからGCIに誘導されて北西方面に飛んでいったようでした。

これって本物? と疑いながら空耳を立てて待っていると小一時間ほどで、T4がF15を引き連れて飛行場上空をローパス

20100708_rjnk_d03a677

接近に気づかず後追いで撮ったT4

20100708_rjnk_d04j843

先にスクランブルで出発したF15がT4の1マイル後ぐらいをぴったりと追従して滑走路上空を通過していきます。 #813

20100708_rjnk_d05j677

一回場周を周回してT4が着陸してきます。 #677

20100708_rjnk_d06j961

その後もスクランブル機は、飛行場上空をゆるい周回コースでホールディングしています。 両翼にある実弾がよく解ります。 #961

20100708_rjnk_d07j843

10分ほどでクリアランスが出て対処機が下りて、そのままアラートハンガーに帰還した。 #843

20100708_rjnk_d08keisou

ほどなくして、RW西側からトラックや消防車に混じって軽装甲機動車が帰ってきました。これで、私の推測。中空司令部による領空侵犯対処及び強制着陸並びに侵犯者の確保に関する監査のようなものがあったのでは、ないだろうか。先ほどのT4は、後で牽引されてエプロンに戻ってきました。

20100708_rjnk_d09a748

お昼休みも終わった後に、中空要員は、総隊のT4で入間にご帰還となりました。 HQ T4 66-5748 浅間C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/10

6空団いろいろ 小松飛行場 2010/7/8 thu

蟻飛行に続いて第6航空団のいろいろをピックアップ

20100708_rjnk_b00mfirst

小松到着時に離陸していった303SQのファーストフライトは、青空の下帰ってきた。綺麗な空が見れたのはここまででした。 303SQ #810,#813,#851 m01flight

20100708_rjnk_b01j922

訓練から帰投時、よくT/Gを行う。本日はこのフライトのみで、後は天候悪化によりほとんどがPAR進入となってしまった。 #922,#098,#933 m05flight

20100708_rjnk_b02j953

無理な飛行は機体を傷めます。#953 J21flight #953,#947,#957,#097

20100708_rjnk_b03d681

入間の総隊司令部からやってきたT4 26-5681 戯曲30

20100708_rjnk_b04m813098

編隊離陸も迫力があります。 #813,#098 m05

20100708_rjnk_b05a021

救難隊は山岳地方を利用して訓練の模様 32-3021

20100708_rjnk_b06h87

UHもしっかりと訓練しています。 勇者87

20100708_rjnk_b07m810851

編隊離陸した編隊は、編隊着陸。お見事 #810,#851 m03

20100708_rjnk_b08c95

チヌークも用務で立ち寄りました。 頂上95

20100708_rjnk_b09h90

他の基地から帰還したUH 英雄90

20100708_rjnk_b10j677

T4はもっぱら、飛行訓練でT/Gを繰り返していた。 #677

20100708_rjnk_b11j947

午後のフライトも順調にこなして帰投してきます。 #947

20100708_rjnk_b12m652

303SQのT4は、増槽なしで飛行訓練 06-5652

20100708_rjnk_b13m941

接地してキュゥンとスロットルを絞る音がナカナカたまりませんね #941 m02

20100708_rjnk_b14c71

地元機のみならず、クロカンのC130も上空を通過していきます。 駱駝71

その2に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/09

蟻飛行2 小松飛行場 2010/7/8 thu

引き続いて午後の部。まったりと14時からミッションスタート。

20100708_rjnk_p20eline

午前に到着したT4も並んだ教導隊列線

20100708_rjnk_p21e086

第一フライトのリーダーは午前と同じ#086 ちょっと遠目ですが機体左側を 蟻11

20100708_rjnk_p22e912

2番機#912

20100708_rjnk_p23e081

3番機、#081

20100708_rjnk_p24e068

4番機、#068

20100708_rjnk_p25e088

午前は遊んでいた#088は、第二フライト一番機で出場 蟻15

20100708_rjnk_p26eces557

ラストチャンスに並ぶと、定期便の中国東方航空から丸見え。果たしてこの機の乗員は、写真でも撮っただろうか? CES557 B6331 A321

20100708_rjnk_p27e081

次々と連続離陸していきます。なぜか気に入って映りが多かった#081

20100708_rjnk_p28e068

第一フライトもこれで終わり#068

20100708_rjnk_p29e088

第二フライトのリーダー機#088

20100708_rjnk_p30e062

第二フライトは、リーダーのみ教導隊機。二番機は303SQの 52-8062

20100708_rjnk_p31e813

三機編隊の最後は、303SQの 22-8813

20100708_rjnk_p32e088

一時間ほどで帰ってきました。IBEXの機長もビックリでしょうか? #088

20100708_rjnk_p33e11flt

ターミナル直上を編隊で帰ってきた第一編隊 #086,#912

20100708_rjnk_p34e900

#086

20100708_rjnk_p35e912

#912

20100708_rjnk_p36e081

#081

20100708_rjnk_p37e068

#068

教導隊については、これでおしまい。いつまで小松に展開しているかは、私は情報を持っておりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟻飛行 小松飛行場 2010/7/8 thu

すっかりご無沙汰となっています。富山に帰ってきてから空耳を立てていると、なんか羽蟻が飛び回っているのを聞いたので、小松へ出かけてみた。

地元部隊のファーストフライトの出発には間に合いませんでしたが、送迎デッキに上がると居ました、いました。すでにご同業もチラホラ見かけましたので、長くなりますが蟻の活動報告と・・・

蟻部隊は、雑誌で報道されている戦競武装で、2本増槽とセンターに電子戦ポッドを抱いていた。確認できたのは DJ が 32-8086 92-8912 32-8081 92-8095 92-8068 の5機、 J が 92-8912 でした。なおJはノーマル装備です。一回のフライトに2フライトで上がっていくようで、地元部隊の機体も混じった混成編成で、戦競の復習なのか、その時の課題の解決策を試しているかのようでした。(あくまでも小生の推測ですが)

まずは、午前の部から

20100708_rjnk_a00eline

306SQオペレーション前に整列した飛行教導隊機。旗の振れからRWは24使用

20100708_rjnk_a01emstart

朝一の龍のフライトが帰ってきた後、9時半ごろからミッションスタート

20100708_rjnk_a02e086

第一編隊のリーダーは、#086 蟻11

20100708_rjnk_a03e912

編隊僚機は、単座の#912

20100708_rjnk_a04e081

3番機は#081 教導隊のDJは重いのかABオンで離陸していきます

20100708_rjnk_a05e056

4番機として借り出された狗鷲は 22-8056

20100708_rjnk_a06e095

第二編隊のリーダーは、#095 蟻15

20100708_rjnk_a07e068

二番機は、#068

20100708_rjnk_a08e719

一回目のフライトが出発した後に、教導隊のT4がやってきた。 46-5719 蟻40

20100708_rjnk_a09e088

残ったもう一機は、#088 午前中エプロンをうろうろしていた。

20100708_rjnk_a10e081

10時半過ぎに戻ってきた #081

20100708_rjnk_a11e912

#912

20100708_rjnk_a12e095

#095 増槽に Aggressor は戦競と同様 

午後に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »