« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/27

岐阜基地航空祭 B.I. 岐阜飛行場 2010/10/24 sun

20101024_rjng_bi00

今にも雨が降り出しそうなあいにくの曇り空。3区分でスタートしたブルーインパルスの展示は、終盤雨が降り出して4区分に変更して、最後まで行われた。

20101024_rjng_bi01

20101024_rjng_bi02

20101024_rjng_bi03

20101024_rjng_bi04

20101024_rjng_bi05

20101024_rjng_bi06

20101024_rjng_bi07

20101024_rjng_bi08_3

20101024_rjng_bi09_3

20101024_rjng_bi11

20101024_rjng_bi12

20101024_rjng_bi13

20101024_rjng_bi14

20101024_rjng_bi15

20101024_rjng_bi16

20101024_rjng_bi17

20101024_rjng_bi18

20101024_rjng_bi19

20101024_rjng_bi20

20101024_rjng_bi21

20101024_rjng_bi22

20101024_rjng_bi23

20101024_rjng_bi24

20101024_rjng_bi25

20101024_rjng_bi26

20101024_rjng_bi27

20101024_rjng_bi28

20101024_rjng_bi29_2

演目終了後、各機はそのまま川崎エプロンに入った

20101024_rjng_bi30

20101024_rjng_bi31

小雨がパラツク中、帰投となった。

20101024_rjng_bi39

第一編隊と第二編隊の離陸の間に、お迎えのC1が着陸。 #029

#1 46-5730

#2 66-5745

#3 46-5729

#4 26-5805

#5 46-5731

#6 46-5728

#7 46-5725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

岐阜基地航空祭 岐阜飛行場 2010/10/24 sun

20101024_rjng_00

長らく期待されていたXC-2の公開が行われることから、岐阜航空祭に出かけた。週末飛騨の山越えをして、開門の列に並んだ。

ゲートガードのT-2は、毎年塗装しているように綺麗に皆さんをお迎えしていた。

20101024_rjng_10

はい、本日の目玉。次期輸送機XC-2。C-1がB3級で、C-2はB6級と言えるか。初見にそんなに感動はなかったが、やはりでかいなと感じた。

20101024_rjng_11

古い格納庫が取り壊され、エプロンが拡張されてから初めての岐阜でした。ポートサイドは、他の展示物があってお尻まで、見通せませんでした。

20101024_rjng_12

3格前での涙ぐましい、XC2君。何か新しい愛称などつけてあげたらいいな。でも、よくできてます。

20101024_rjng_13

横から見ると、造作はなかなか素晴らしいですね! 黙々と記念写真に納まっておりました。ご苦労さまです。

20101024_rjng_15

TRDI XC-2 08-1201

20101024_rjng_20

開門は7時半前。外来機到着が見られるのはいいですね。お隣名古屋飛行場からデカポコ付のC130

401SQ C130H 75-1078

20101024_rjng_21

後を追って、救難教育隊のUH60Jも到着

TS UH60J 78-4567

20101024_rjng_22

先週も浜松で会った明野から飛来のUH1J

S(MH) UH1J 41874

20101024_rjng_23

一緒に飛来したAH

S(VATH) AH1S 73479

20101024_rjng_30

T-4(紫)による天候偵察に続いて、オープニングフライトに各機離陸です。

楓、調教師、灰、狼星、銀、海賊、青

20101024_rjng_31

F4EJ初号機

20101024_rjng_32

T7、F15、F2によるオープニング

20101024_rjng_40

格納庫内ではT2CCVが健在

ADTW T2CCV  29-5103

20101024_rjng_41

巡航ミサイルになりそうな? 空対空小型標的

20101024_rjng_50

T4,F4,F15,F2のレフトエシュロン

20101024_rjng_51

そのまま右にブレイクするとトレイルに

20101024_rjng_52

調教師 ADTW T4 66-5603

20101024_rjng_53

灰1 ADTW F4EJk 07-8431

20101024_rjng_54

灰2 ADTW F4EJ 17-8301

20101024_rjng_55

滑走路エンドでシュートを切り離し

20101024_rjng_56

実働しているノーマルF4 

ADTW F4EJ 17-8301

20101024_rjng_57

F2はL&Rにブレイク

20101024_rjng_58

青 ADTW F15J 12-8928

20101024_rjng_59

20101024_rjng_60

狼星 ADTW F2A 63-8501

20101024_rjng_66

C130の飛行展示

20101024_rjng_67

不整地着陸を披露。離陸もあるかと思いきや、エンジンカットしてトーイングカーに引かれてエプロンに帰っていった。

20101024_rjng_70

名物の異機種大編隊飛行。今年もS&Gの曲にのって・・・

拳闘手、調教師、灰、狼星、銀、海賊、青、金

20101024_rjng_71

C1FTBの離陸から。そのうちC2に変わるのかなぁ

ADTW C1FTB 28-1001

20101024_rjng_72

T4は編隊離陸

20101024_rjng_73

F4編隊は、R&Lでブレイク

20101024_rjng_74

F2,F15はズームで上昇

20101024_rjng_75

C1を中心にT4,F4,F2,F15

20101024_rjng_76

2回目のパス

20101024_rjng_77

編隊航過の間合いにF4,F15,F2が機動飛行

20101024_rjng_78

今年初お目見えのY字に見える編隊。

20101024_rjng_79

C1はカーゴドアを開いて航過

20101024_rjng_80

調教師 T4 66-5603 26-5684

20101024_rjng_81

F15は低いアプローチからブレイク

20101024_rjng_82

灰1 F4EJ 07-8429 僚機は#301 EJ編隊でした

20101024_rjng_83

海賊1 F15J 72-8893

20101024_rjng_839_2

海賊2 F15DJ 32-8059

20101024_rjng_84

青 F15J 12-8928

20101024_rjng_85

F2はシュートランディング

狼星 F2A 63-8501

20101024_rjng_86

銀 F2B 63-8101

20101024_rjng_90

ブルーインパルスの展示中に雨模様となった。外来組はどんどん準備して、帰投です。

20101024_rjng_91

雨の中でも粘ります。雨粒で霞む状況でお見送り

FCS U125 39-3942

20101024_rjng_92

他の外来機を 小牧のU125A

TS U125A 02-3014

20101024_rjng_93

41FTS T400 41-5052

20101024_rjng_94_2

飛行警戒監視隊 E2C 44-3463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

B.I.meet 浜松飛行場 2010/10/17 sun

20101017_rjnh_bi50

ブルーインパルス創設50周年。記念してブルー発祥の地、浜松で歴代ブルー使用機が一同に会した。それ以外は、表だった企画はなかったように見えた。

20101017_rjnh_bi51

20101017_rjnh_bi52

20101017_rjnh_bi53

20101017_rjnh_bi54

BLUE IMPULSE MEET F86F 02-7960 T2 59-5111 T4 46-5725

天候は、高曇りのBKN。スモークが見えにくいが、第1区分を実施。

20101017_rjnh_bi60

20101017_rjnh_bi61

20101017_rjnh_bi62

20101017_rjnh_bi63

20101017_rjnh_bi64

20101017_rjnh_bi65

20101017_rjnh_bi66

20101017_rjnh_bi67

20101017_rjnh_bi68

20101017_rjnh_bi69

20101017_rjnh_bi70

20101017_rjnh_bi71

20101017_rjnh_bi72

20101017_rjnh_bi73

20101017_rjnh_bi74

20101017_rjnh_bi75

VVGMで終了して、15時40分から帰投となりました。

20101017_rjnh_bi80

列線の後ろを通ってタクシー。陽炎の中に揺れています。

20101017_rjnh_bi81

キャノピーを開けて、さかに手を振ってくれます。この一時が一番、来てよかったと思う時間です。

20101017_rjnh_bi82

予備機が2機並んだ、珍しい光景です。

20101017_rjnh_bi83

第一編隊は、いつものようにダイヤモンドになって上昇していきます。

20101017_rjnh_bi84

この日一番の見もの! 残る4機が全部スモークを引いて編隊離陸です。

20101017_rjnh_bi85

第1編隊を追って、デパーチャーコースを上昇していきます。また来週会いましょう。

<おまけ>

来週は、岐阜基地の航空祭ではあるが、自衛隊観閲式でもある。今年は陸自主催、朝霞が会場となる。先週から航空部隊のリハーサルが実施されているが、エアフェスタ浜松当日も実施された。おまけに、それに参加した機体が浜松VORを通過したので、記録しておく。

20101017_rjnh_bi90

小牧のC130、3機編隊がトレイルで通過。丁度クラウドベースで、雲に見え隠れしながら近づいた。

20101017_rjnh_bi91

ブルーの展示が済んだ後、岩国のUS1Aが通過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/19

エアフェスタ浜松2010 浜松飛行場 2010/10/17 sun

20101017_rjnh_fd30f576914

実質外来機は、これ1機のみ

501SQ RF4E 57-6914

20101017_rjnh_fd31f338522

第1術科学校教材のF2

1TS F2A 33-8522

20101017_rjnh_fd32f028917

1TS F15J 02-8917

20101017_rjnh_fd33t665939

1TS T7 66-5939

20101017_rjnh_fd34h084571

20101017_rjnh_fd35h084571a

20101017_rjnh_fd36h084571b

20101017_rjnh_fd37u823008

浜松救難隊の展示は、落下傘降下とコンバットレスキューの流れ

HAMAMATSU-ARS UH60J 08-4571 U125A 82-3008

20101017_rjnh_fd38t665941

20101017_rjnh_fd39t765946

外来の展示飛行の最初は、お隣静浜からT7

11FTS T7 66-5941 76-5946

20101017_rjnh_fd40f328941

小松からはF15x2 小松航空祭の飛行展示コンビでのフライトでした

303SQ F15J 32-8941 22-8933

20101017_rjnh_fd41f8115

岐阜からは例の脚引っ込み事故の#115

ATWD F2B xx-8115

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1空団 浜松飛行場 2010/10/17 sun

20101017_rjnh_1c10

エアフェスタ浜松2010での地元第1航空団のフライトを。見事に並んだT-4の列線。BIも含めて19機

20101017_rjnh_1c11

私は初見となった、31飛行隊の金魚ちゃん。31飛100,000時間無事故フライトのマーキングのある増槽をつけています。今年は地元T-4には、スペマはないようです。

31SQ T4 16-5797

20101017_rjnh_1c12

B.I.側列線から

20101017_rjnh_1c13

おしりも忘れずに

20101017_rjnh_1c14

8時過ぎからオープニングフライトにあがります

32SQ T4 86-5610 26-5682

20101017_rjnh_1c15

第2編隊 

31SQ T4 86-5609 76-5755

20101017_rjnh_1c16

デルタでフライバイ

20101017_rjnh_1c17

レフトエシュロンで進入、ブレイク

20101017_rjnh_1c18

20101017_rjnh_1c19

20101017_rjnh_1c20

11時から総勢12機でのフライトです。

20101017_rjnh_1c21

いろいろなパターンの編隊離陸を実施

20101017_rjnh_1c22

ソロで編隊の間合いに飛行。T/Gでの離陸

20101017_rjnh_1c23

10機でのビックデルタ

20101017_rjnh_1c24

31飛編隊

20101017_rjnh_1c25

32飛編隊

20101017_rjnh_1c26

統合編隊長機となった#609 31飛100,000時間マーキング機

20101017_rjnh_1c27

誘導路では、皆さんさかんに手を振ってくれました。

20101017_rjnh_1c28

予備機となった#698 RWにランナップした後、南側誘導路を静かにタクシーしてRW27エンドで合流して帰ってきた。

参加機

31SQ 86-5609 16-5655 86-5611 36-5699 76-5755 66-5744

32SQ 86-5610 26-5682 36-5700 96-5780 86-5612 36-5698

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪快麦酒 浜松飛行場 2010/10/17 sun

20101017_rjnh_aw00

E767の基地、浜松。エプロンが狭いので、隅っこにひっそりと展示されていました。各基地で流行のミニAWACSも登場。見た目は自走できそうにないのだが、よく造作されてます。種車は何だろう? そして5号機は、どこにいるのか? 謎!

E767 64-3501 E2C 54-3456 E767jr 74-3506

20101017_rjnh_aw01

AWACSエプロンで準備完了。展示飛行は2号機です。 E767 64-3502

20101017_rjnh_aw02

20101017_rjnh_aw03

豪快に離陸。すでにローテイトしています。

20101017_rjnh_aw04

周回してフライバイ

20101017_rjnh_aw05

ウイングロックもエルロンの動きがよくわかって、豪快です。

20101017_rjnh_aw06

結構なハイスピードで進入して、T/G

20101017_rjnh_aw07

旋回しながら、ギアダウン。中々見れない光景です。

20101017_rjnh_aw08

一通り展示が終了してフルストップ

20101017_rjnh_aw09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/18

Welcom RAAF 浜松飛行場 2010/10/16 sat

20101016_rjnh_00a30005

AUSSIE902 RAAF E737 A30-005 

航空自衛隊発表で、「オーストラリア空軍との部隊間交流」が実施される。

<発表概要>

 1 目的

   親善訪問(航空自衛隊との早期警戒管制機部隊間交流)

 2 期間 22.10.16(土)~10.20(水)

 3 訪問基地  航空自衛隊浜松基地

 4 訪日部隊等

    (1) 人員 オーストラリア空軍第2飛行隊 ルーク・ストゥッドゥレー中佐以下15名

    (2) 機種  E-737AEW&C Wedgetail

エアフェスタ浜松2010前日、ブルーインパルスのプラクティス前の13時に到着した。これは、うれしいお土産となった。

以下、ブルーの本日の動向

20101016_rjnh_01bi1

10時前第一編隊は、ライトエシュロンで進入 BLUE IMPULSE 1

20101016_rjnh_02bi730

#1 46-5730

20101016_rjnh_03bi804

#2 26-5804

20101016_rjnh_04bi729

#3 46-5729

20101016_rjnh_05bi805

#4 26-5805

20101016_rjnh_06bi5a

5分後第2編隊も到着、それも4機で。うすく煙を引いていることから、途中富士山ででもフォトミッションを実施してきたかも。

20101016_rjnh_07bi5b

ブレイクして、着陸態勢に移行

20101016_rjnh_08bi731

#5 46-5731

20101016_rjnh_09bi728

#6 46-5728

20101016_rjnh_10bi745

#7 46-5745

20101016_rjnh_11bi725

#8 46-5725

20101016_rjnh_12c881028

B.I.支援のC1は11時に到着 COSMO28 402SQ C1 88-1028

20101016_rjnh_30bi

今回は、そのままRW27エンドで観覧。チョットショーセンターから遠いのだが、どんな風に見えるか確認した。少し高い雲が存在するが、プラクティスは1区分をほとんど実施した。

20101016_rjnh_31bi

裏から見る、ファン・ブレイク

20101016_rjnh_32bi

インバーテッド・コンティニュアス・ロールからリカバリしたところ

20101016_rjnh_33bi

レター・エイトで追いついたところ

20101016_rjnh_34bi

4シップ・インバーテッドからリカバリ

20101016_rjnh_35bi

デルタ・ロール

20101016_rjnh_36bi

20101016_rjnh_37bi

デルタ・ループ

20101016_rjnh_38bi

スター・クロス前の上向き開花

20101016_rjnh_39bi

斜め進入のローリング・コンバット・ピッチ

20101016_rjnh_40g

明野からの陸自ヘリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

趣味的航空路誌改訂情報 2010/10/21 thu

趣味的航空路誌改訂情報 2010/10/21 thu
10月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。

2010/10/1 fri
○運航者略号の変更等
Establishment :
AKX ANAウイング
Abolishment :
CRF エアーセントラル
NXA エアーネクスト

2010/10/21 thu
○航空路の設定、改正及び廃止
Establishment :
V16
Revision :
A1, A597, B586, G223, G581, G597, R211, R220, V11, V15, V17, V22, V30, W18
Abolishment :
V18, W28

○RNAV 経路の設定,改正及び廃止
Establishment :
Y106, Y107, Y108, Y113, Y122, Y124, Y182, Y213, Y233, Y30, Y301, Y32, Y37, Y371, Y512, Y514, Y517, Y526, Y527, T546, Y562, Y575, Y58, Y582, Y584, Y586, Y602,
Y79, Y81, Y83, Y85, Y87, Y871, Y873, Y882, Y883, Y884, Z22, Z24
Revision :
Y10, Y11, Y111, Y15, Y151, Y16, Y18, Y20, Y21, Y212, Y22, Y23, Y28, Y31, Y36, Y50, Y51, Y513, Y515, Y52, Y54, Y55, Y56, Y57, Y60, M750, Y71, Y80, Y802, Y808, Y810, Y88, Z20, Z21
Abolishment :
Y211, Y231, Y521, Y523, Y573, Z15

○直行経路の設定、改正及び廃止
Establishment :
TLE-AKAGI, MIURA-SAGMI, EDDGE-PETAL, YZ-SAGMI, SHOES-SUNNS
Revision :
PQE-BAFFY, PQ-PETAL, PQ-SUNNS, MBE-CBE, MBE-KMC, MBE-TOE
Abolishment :
MWE-PEONY, SPENS-SIKNE, XA-ORGAN, MJE-PETAL, MOE-SPENS

○洋上転移経路の改正
OTR3, OTR24

○エンルート待機経路の設定、改正及び廃止
Establishment :
NISIN, JUGEM, RUBIS, KAMOH, BONGO, DANDY, IKAHO, SHELY, OTARI, DAIGO, DAVID, KULOE, ANGEL, OSHIMA, BOKJO, CHALK, MIYAKEJIMA
Revision :
PEONY, ARMOR, JAMES
Abolishment :
ORGAN, BINAN, TOROI

○福岡FIR 及びロシア連邦のFIR 間の飛行高度の設定の方法にかかる変更
福岡FIR 及びハバロフスクFIR 間(AVGOK 経由)
Fukuoka FIR(R211, Y37) via AVGOK Khabarovsk FIR(A933, R22, R211) 
福岡FIR 及びウラジオストックFIR 間(IGROD 経由)
Fukuoka FIR(R347, B451, Y301) via IGROD Vladivostok FIR(B358, A333, A931, A932)
福岡FIR 及びウラジオストックFIR 間(IGROD 経由 B451)
Fukuoka FIR(R347, B451, Y301) via IGROD Vladivostok FIR(B451)
福岡FIR 及びウラジオストックFIR 間(IGROD 経由 G346)
Fukuoka FIR(R347, B451, Y301) via IGROD Vladivostok FIR(G346)
福岡FIR 及びユジノサハリンスクFIR 間(AKSUN 経由)
Fukuoka FIR(A204, Y104) via AKSUN Yuzhno - Sakhalinsk FIR(A204)

○RNAV5 優先運用方式-スカイハイウェイ運用方式-の運用開始
3.16.1 適用空域
硫黄島TACAN を中心とした半径55海里以内の範囲を除くQNH適用区域内(以下、「国内空域」という。) であって、FL290 以上FL410 以下の空域
3.16.2 運用方式
3.16.2.1  FL290 以上FL410 以下の高度(以下、「RNAV 優先高度」という。) は、原則として飛行計画経路の一部にRNAV5 経路を計画するRNAV5 航行許可機のみに指定される。

○位置通報点の設定、改正及び廃止
Establishment of Reporting Points :
ACTOR アクター, ADDUM アダム, AGNES アグネス, AIDAH アイダー, AMAGA アマガ, ANKOH アンコウ, APOLO アポロ, ARLON アーロン, ARTIC アーティック, ATUMI アツミ, AWARD アワード ,AXIZU アクシズ,
BACON ベイコン, BATIS バティス, BAUER バウアー, BEKEN ベケン, BILLY ビリー, BLITZブリッツ, BOKJO ボクジョー, BONDO ボンド, BONGO ボンゴ, BONUS ボーナス, BRASS ブラス, BRIGE ブリッジ, BUNNY バニー,
CACAO カカオ, CAMEL キャメル, CHALK チョーク, CHEIN チェーン, CHEVY チェビー, CIDER サイダー, CISCO シスコ, CLALA クララ, CLOAK クローク, CREAM クリーム, CURRY カリー,
DAIYA ダイヤ, DAMBO ダンボ, DARKS ダークス, DATUM デイタム, DAVID デイビッド, DENNY デニー, DIIVA ディーバ, DOMEL ドメル, DOYLE ドイル, DREAD ドレッド, DRINK ドリンク, DYUKE デューク,
EBATY エバティー, EDDGE エッジ, EGARI エガリ, ESCAL エスカル,
FUSOH フソー ,
GABAN ギャバン, GENJI ゲンジ, GOTEN ゴテン, GYANG ギャング,
HACHIJOJIMA ハチジョウジマ, HAIJI ハイジ, HAKKA ハッカ, HEIJI ヘイジ, HEIKE ヘイケ, HOJYO ホジョー, HOSEN ホーセン,
IKAHO イカホ, INASI イナシ, INAWA イナワ, ISEBI イセビ,
JUGEM ジュゲム, JYOGA ジョーガ, JYOSO ジョウソウ,
KALON カロン, KAMOH カモウ, KASGA カスガ, KASTE カステ, KENNY ケニー, KINAI キナイ, KOBSI コブシ, KONAN コナン, KUJYU クジュウ, KUKUI ククイ, KULOE クロエ,
LANAI ラナイ, LD225, LIBRA リブラ, LOCUP ロカップ, LOTUS ロータス, LUBBY ルビー,
MAUKA マウカ, MIHARA ミハラ, MITOH ミトー, MYOGI ミョーギ,
NADIA ナディア, NAGAI ナガイ, NECTA ネクタ, NEXUS ネクサス, NICKY ニッキー, NIFTY ニフティ, NINJA ニンジャ, NIRAS ニラス, NITRO ニトロ, NUMAR ヌマー, NYLON ナイロン,
ONJUKU オンジュク, ONUMA オヌマ, OPARL オパール, OTARI オタリ, OYAMA オヤマ, OZAKA オザカ,
PLEIA プレア,
RIKYU リキュウ, RINOA リノア, RUBIS ルビス, RUISA ルイサ,
SABAR サバー, SAKURA サクラ, SALVO サルボ, SANJO サンジョ, SANOH サノー, SAVER セイバー, SAWAT サワット, SAZAN サザン, SCREW スクリュー, SDATI スダティ, SEILO セイロ, SEKIYADO セキヤド, SENNA セナ, SHELY シェリー, SHOES シューズ, SHOOT シュート, SINGO シンゴ, SMILE スマイル, SNAKE スネイク, SOHSA ソーサ, SQUAD スカッド, SQUID スクイド, STEAM スチーム, STONE ストーン, SUWAH スワー, SWEET スウィート, SYOEN ショウエン,
TADMI タダミ, TAPOP タポップ, TOADS トーズ, TORAM トラム, TRIKA トリカ, TUKMO ツクモ,
UMUKI ウムキ,
VANDM ヴァンダム, VIRGO バーゴ,
WELDA ウェルダ, WOSSE ウォッセ,
YONOH ヨノウ, YULIA ユリア,
ZUWAI ズワイ

Revision of Reporting points:
AKAGI, AKITA, ALBAT, AMI, AMIDA, ANGEL, AOMORI, APPLE, ARMOR, ARROW, ASTER, ASUKA, AVGOK,
BAFFY, BANJO, BEACH, BEANS, BIRDY, BUBDO, BYOBU,
CHINO, CHOKA, CHOSHI, COMET, COSMO, CREEK, CROWN,
DAIGO, DANDY, DARTS,
ENSYU,
FACER,
GULEG,
HABAR, HAKODATE, HAMAMATSU, HANAB, HANMAKI, HANKA, HARIS, HIBAR, HINAI, HONDA,
IGAWA, IGROD, INAHO,
JAMES, JERID,
KAIHO, KAIJI, KANEK, KASMI, KINPU, KISARAZU, KODAI, KOHAK, KOSYU, KOWA, KUGA, KUMAGAYA, KUSHIMOTO,
LAKES,
MAGOH, MAPDO, MARCO, MATSUMOTO, MAYON, MIKRA, MIURA, MIYAKEJIMA, MIYAKO,
NADAR, NANAC, NIIGATA, NIIJIMA, NIKKO,
OATIS, OCEAN, OGASA, OHDAI, OPPAR, ORION, OSHIMA, OTOWA, OWLET,
PAPAS, PEONY, PERCH, PRINK,
QUIST,
ROOKS, ROUGE,
SAGMI, SAKSAK, SAMBO, SAMMY, SAMON, SANGO, SCOTT, SEKID, SENDAI, SETSU, SOLAR, SOPHY, SOUKA, SUNNS, SWAMP,
TAERU, TALES, TANUK, TAPOP, TATEYAMA, TAURA, TEMAR, TETRA, TOHME, TT6L1,
USHIK,
VENUS,
WAPPA,
YACHI, YAIZU, YAMAGATA, YHUKI, YOHRO, YOSHI

Abolishment of Reporting points:
ALUPA, AMATU, AMUSE, ANEGA, ARIMA, ASAHI, AVION,
BASSA, BINAN, BOSOH, BUROI,
CAMEO, CANAL, CANNA, CAVIA,COPER, CREST, CUPID,
DREAM,
HABOO, HANAO, HANNO, HATBA, HISYO, HORAI,
JONAN,
KAEDE, KANOH, KASAI, KEIYO,KIRAL, KIRYU, KOALA, KOITO, KOTBE, KOZUN, KROYU,
LAPIS, LINKS, LUNAR,
MAKTA, MAMAS, MESSE, MICKY, MILAN, MORIYA,
NAGRA, NANSO, NASU,
OASIS, OBITU, ORGAN, OTAKI,
PANDA, PERRY,
RECTO,
SAKBO, SATMI, SIRIO, SOGAR, SPENS,
TAKDA, TOGII, TOMAS, TOROI, TT041, TT161, TT162, TT163, TT164, TT16A, TT16C, TT221, TT222, TT223, TT224, TT341, TT342, TT6LZ,
VERSO, VESTA, VIOLA,
WAKBA, WESTN, WHARF,
YATSU, YOKOSUKA, YUUTO, YUZAR

○経路指定視認進入(CVA: Charted Visual Approach) の実施に係る改正
1.10.1 CVA は騒音等の周辺環境を考慮するため、もしくは航空交通の安全と秩序を促進するために飛行すべき経路が図示された視認進入であり、1.9.2 における条件が満足される場合においてターミナル管制所により許可される。
1.10.2 CVA は視認進入図として公示され、飛行すべき経路及び高度が示されるとともに、当該飛行に資する顕著な地上物標が記載される。

○中部国際空港における飛行の方式に改正等
CHITA ONE RNAV DEPARTURE
DARTS SOUTH RNAV ARRIVAL
DARTS NORTH RNAV ARRIVAL
DARTS MARINE RNAV ARRIVAL

○福岡空港における飛行の方式の設定等
SABAR TRANSITION

○関西国際空港における飛行の方式の設定
SHION TRANSITION
HABAR TRANSITION

○松本空港における飛行の方式の改正
MATSUMOTO REVERSAL THREE DEPARTURE
HAPPO THREE DEPARTURE
HOTAKA REVERSAL THREE DEPARTURE (FOR PROP)
VOR RWY 18
VOR A

○三宅島空港における飛行の方式の改正
BAFFY TWO DEPARTURE

○成田国際空港における飛行の方式の改正
TETRA ONE RNAV DEPARTURE
BAY ONE RNAV DEPARTURE
JYOSO ONE RNAV DEPARTURE
PAPAS ONE RNAV DEPARTURE
MANGO ONE RNAV DEPARTURE
GIRAF ONE RNAV DEPARTURE
SAKURA ONE DEPARTURE
KISARAZU ONE DEPARTURE
AMI ONE DEPARTURE
MAMAS ONE DEPARTURE
KIWII ONE DEPARTURE
INUBO ONE DEPARTURE
ONJUKU THREE DEPARTURE
TULIP THREE DEPARTURE

FAIRY TRANSITION
CHINO TRANSITION

(RNAV RWY 34L/34R)
BEACH SOUTH ARRIVAL
WOSSE SOUTH ARRIVAL
TSUKUMO SOUTH ARRIVAL
(RNAV RWY 16R/16L)
ANKOH NORTH ARRIVAL
LAKES NORTH ARRIVAL
CHOSHI NORTH ARRIVAL
SOLAR NORTH ARRIVAL
(SOUTH)
KASMI SOUTH ALFA ARRIVAL
KASMI SOUTH BRAVO ARRIVAL
ABBOT SOUTH ALFA ARRIVAL
ABBOT SOUTH BRAVO ARRIVAL
VENUS SOUTH ALFA ARRIVAL
VENUS SOUTH BRAVO ARRIVAL
(NORTH)
KASMI NORTH ARRIVAL
ABBOT NORTH ARRIVAL
VENUS NORTH MIKE ARRIVAL
VENUS NORTH HOTEL ARRIVAL

ILS Z RWY 34L
ILS Y RWY 34L
LOC RWY 34L
VOR RWY 34L
ILS Z RWY 34R
ILS Y or LOC RWY 34R
VOR RWY 34R
ILS or LOC RWY 16R(CAT II & III)
VOR RWY 16R
ILS or LOC RWY 16L

(HLDG PATTERN)
TUKMO LIBRA BEACH VENUS ABBOT LAKES KASMI

○大島空港における飛行の方式の廃止
SPENS FIVE DEPARTURE

○仙台空港における飛行の方式の設定等
STEED ONE RNAV DEPARTURE
RIKYU TRANSITION
OWLET EAST RNAV ARRIVAL

○東京国際空港におけるRWY05/23 供用開始に伴う改正等
Installation:
RWY 05/23, TWY, SPOT, Lightings and Markings RADIO AIDS of ILS and LDA for RWY23, etc.
Revision,establishment:
APCH, TWR, GND frequency
Local traffic regulation, Noise abatement procedure,
Applicable Instrument approach procedure for Simultaneous Independent LDA
Procedure concerning passege of vessel which affects aircraft operations, etc.

Cargo-handling facilities  Boeing747-8F type freighter.
INS checkpoints Revision :
Spot NR 101,102,103,104,105F,105P,106,106R,106L,107,107R,107L,108,108R,108L,109,110,111,112,113,114,115,116,121,122,123,124,131,132,133,134,901,902,902R,902L,903,904,904R,904L,905,905R,905L,911,912,913,914,915

ATS COMMUNICATION FACILITIES
Tokyo Approach 119.4MHz
Tokyo Radar Abolishment 119.4MHz, 125.2MHz, 125.3MHz
Tokyo Tower 118.575MHz, 118.725MHz
Tokyo Ground 121.625MHz, 121.975MHz 

RADIO NAVIGATION AND LANDING AIDS
LDA-LOC 22 IKL
LDA-DME 22 IKL
ILS-LOC 23 ITD
ILS-GP 23
ILS-DME 23 ITD
LDA-LOC 23 ITL
LDA-DME 23 ITL
羽田LDA(ITL)、東京RW23ILS(ITD)新設

LOCAL TRAFFIC REGULATIONS
GROUND CONTROL Frequency
118.225MHz TWY C H E4-8 J K Q 
121.7MHz   TWY A1-11 W G Z B9
121.625MHz TWY L P B1-8 T U N F
121.975MHz TWY E1-3 E Y D S G R A

機材制限
B747-100/100SR, -200/200SR, -300/300SR 及び-SP(いわゆる、「クラシックジャンボ」) については、緊急
機または国の航空機を除き運航は許可されない。

Standard taxiing route
Departure To RWY05 ROUTE5 TWY A-Y-S
Arrival From RWY23 ROUTE5 TWY S-Y-A

NOISE ABATEMENT PROCEDURES
騒音制限
東京国際空港においては、以下の騒音軽減運航方式が適用される。
・優先滑走路方式
・優先飛行経路

CHARTS RELATED TO AN AERODROME
Aerodrome Obstacle Chart-ICAO type A (RWY05/23)
Precision Approach Terrain Chart (precision approach Cat II and III runways)

PLUTO ONE RNAV DEPARTURE / MIDORI TRANSITION
SEKID ONE RNAV DEPARTURE
YANAG ONE RNAV DEPARTURE
JYOGA ONE RNAV DEPARTURE
MIURA ONE RNAV DEPARTURE
KANEK ONE RNAV DEPARTURE
MITOH ONE RNAV DEPARTURE
SEKIYADO ONE DEPARTURE / AMI TRANSITION
URAGA ONE DEPARTURE
OPPAR ONE DEPARTURE / JYOGA TRANSITION (RNAV1 required), CHIKURA TRANSITION
ZUSHI ONE DEPARTURE (FOR PROP ONLY)
HUMMINGBIRD ONE DEPARTURE (FOR JET AIRCRAFT ONLY)
ISOGO ONE DEPARTURE (FOR PROP ONLY) / OSHIMA TRANSITION, TATEYAMA TRANSITION

ARLON ARRIVAL
CREAM ARRIVAL
CACAO ARRIVAL
BACON ARRIVAL
DATUM ARRIVAL
NYLON ARRIVAL
STEAM ARRIVAL
BALAN ARRIVAL
DARKS ARRIVAL
DAIYA ARRIVAL
KAIHO ARRIVAL
EGARI ARRIVAL
SINGO ARRIVAL
KENJI ARRIVAL
NAGAI ARRIVAL

ILS Z RWY34L
LOC Z RWY34L
ILS Y RWY34L
LOC Y RWY34L
ILS Z RWY34R CAT II
LOC Z RWY34R
ILS Y RWY34R CAT II
LOC Y RWY34R
ILS RWY22
LOC RWY22
LDA Z RWY22
LDA Y RWY22
ILS Z RWY23
LOC Z RWY23
ILS Y or LOC Y RWY23
LDA Z RWY23
LDA Y RWY23
VOR RWY34L
VOR A

FUTTSU VISUAL RWY34L
HIGHWAY VISUAL RWY34R

(HOLDING PATTERN)
SQUAD, DREAD, STONE, SCREW, KASGA SMILE, BALAN, DARKS, DENNY, CURRY, NYLON, CHIBA, BACON, BRASS, CREAM, CACAO, KAIHO, ARLON, NAGAI, EGARI, SINGO, ADDUM

○東京国際空港における飛行場予報(TREND,Take-Off forecast) の提供開始
WIND(RW05/23) RVR(RW23) CEIL(RW23)

○東京国際空港における国際線の停留料の変更

○花巻空港におけるILS(IHP) に係る変更
 設置:ILS-DME 20
 廃止: MM 20, OM 20

○花巻空港における計器進入方式等の改正
VOR/DME/ILS RWY20 → ILS or LOC RWY20
VOR/DME RWY20 → VOR RWY20
VOR/DME RWY02 → VOR RWY02

○ATS 空域の改正
(百里進入管制区,仙台進入管制区,東京特別管制区,東京進入管制区,東京ターミナルコントロールエリア)

○ACC 管轄区域境界線の改正
T01 (Joetsu Sector)
T02 (Tohoku Sector)
T03 (Kanto North Sector)
T04 (Kanto East Sector)
T05 (Kazusa Sector)
T07 (Joshu Sector) * At or BLW FL340 GOC, IXE, HUC
T09 (Kanto South A Sector)
T10 (Kanto South B Sector)
T11 (Kanto South C Sector)
T12 (Kanto West Sector)
T13 (Musashi Sector)
T14 (Shonan Sector) * At or BLW FL270 XAC, OSE, PQE, NJC, XA, PQ
T15 (Boso Sector) * At or BLW FL270 T09 and T10
T17 (Kii Sector)
T21 (Kinki West Sector)
T22 (Sanyo Sector)
T24 (Mikawa Sector)
T26 (Tokai Sector)
T27 (Hokuriku Sector)
T28 (Wakasa Sector) * WEST OF Hokuriku Secter
F01 (Chugoku North Sector)

*:新設セクター

○自衛隊高高度訓練/試験空域の改正

○マルチラテレーションの運用開始
マルチラテレーションシステムとは、航空機等のトランスポンダ応答信号を、空港面に配置した複数の受信機により受信し、それらの受信時刻差から滑走路や誘導路上を走行する航空機の位置を算出・表示する監視システムである。
適用空港等 成田国際空港 東京国際空港

○粟国空港における滑走路強度の改正等

○函館空港における滑走路強度の改正等

○浜松飛行場における飛行の方式の設定等
Establishment → SAGRA ONE DEPARTURE
OSHIMA ONE DEPARTURE → OSHIMA TWO DEPARTURE
TOROI ONE DEPARTURE → Abolishment

○久米島空港における滑走路強度の改正等

○那覇空港における飛行の方式の改正等
AGUNI TWO DEPARTURE
DORIS FIVE DEPARTURE
NAHA SOUTHWEST FOUR DEPARTURE
NAHA SOUTH REVERSAL TWO DEPARTURE
KUMEJIMA THREE DEPARTURE
WX MNM

○成田国際空港における通信途絶時の飛行の方法の変更

○新潟空港における滑走路強度の改正等

○岡山空港にけるエプロンの変更等
Spot NR 5B,6,6B,7,7B,8

○佐賀空港における接地帯標識の変更

□美保ILS機器更新により運用停止 2009.12.17から2010.10.20まで

□徳島ILS滑走路延長に伴う、LOC改修 GP/T-DME移設により運用停止 2010.4.8 から

□松本VOR/DEM(MBE)機器更新により運用停止 2010.7.29から2010.10.20まで
 代替に仮設信州VOR/DEM(SSE)が運用される

□大館能代ILS(GS)機器更新及びA地区舗装により運用停止 2010.7.29から2010.11.17まで
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/10

定点 小松飛行場 2010/10/3 sun

日付は前後しますが、航空祭当日にゲットした民航機を記録しておく。

20101003_rjnk_c00ja8267

始発はJAL 

JAL1270 RJNK-RJTT JA8267 B763

20101003_rjnk_c01ja8975

最初の到着もJAL

JAL1273 RJTT-RJNK JA8975 B763

20101003_rjnk_c02ja8504

ANA機から転用されたレドームのB3。この機体は8月の千歳でも確認している。

ADO89 RJNK-RJCC JA8504 B735

20101003_rjnk_c03ja8597

JTA31 RJNK-ROAH JA8597 B734

20101003_rjnk_c04ja354k

昨日と同じ機体の福岡便

ANA316 RJFF-RJNK JA354K B735

20101003_rjnk_c05ja602a

航空祭向けのスペシャル

ANA751 RJTT-RJNK JA602A B763

20101003_rjnk_c06hl7708

KAL775 RKSI-RJNK HL7708 B739

20101003_rjnk_c07ja04rj

つっこんだAOAが特徴のCRJ

IBX17 RJAA-RJNK JA04RJ CRJ

20101003_rjnk_c08ja712a

ANAの始発で東京に向かったスタアラが帰ってきた

ANA753 RJTT-RJNK JA712A B772

20101003_rjnk_c09b2337

日曜の東方はA320

CES557 ZSPD-RJNK B2337 A320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/09

定点 富山空港 2010/10/8 fri

先日、ウラジオストク航空の冬ダイヤが発表され、とうとう新潟から撤退となってしまった。ダイヤ上は運休となっているが、成田便が好調であるから戻ってくる可能性は低いであろう。一方富山については、細々と週一便YK40による運行が続くようなので、ひとまずホットした。そのYK40を確認にいってきた。

20101008_rjnt_00ja03hk

お馴染み北國新聞社機 JA03HK EC35

20101008_rjnt_01hl7730

アシアナのスタアラ いつもこのスプリンクラーが邪魔で入れないようにしていたが、リフトオフで掛かってしまった

AAR127 RJNT-RKSI HL7730 A321

20101008_rjnt_02ja828n

JA828N C208 NAS

20101008_rjnt_03ra87273

今日は、北風が10ntを超えていたので、RW02に廻って着陸

VLK839 UHWW-RJNT RA87273 Y40

20101008_rjnt_04ra87273

20101008_rjnt_05ra87273

20101008_rjnt_06ja9712

中日本運行の共同通信機 富山県警の処分についての取材か

JA9712 SA35 NAS

20101008_rjnt_07ra87273

VLK840 RJNT-UHWW RA87273 Y40

20101008_rjnt_08ja301k

逆光がきつくてチョット補正してます。

ADO70 RJCC-RJNT JA301K B735

20101008_rjnt_09ja301k

20101008_rjnt_10ja8287

ANA885 RJTT-RJNT JA8287 B763

20101008_rjnt_11ja301k

ADO79 RJNT-RJCC JA301K B735

20101008_rjnt_12ja6768

この日のとりは、県防災。本日もレスキューご苦労さまです

JA6768 BH41 富山県防災

20101008_rjnt_19ekumo

15時ごろに剣岳を起点にした放射状の雲が見られた。なにか山風の影響か? この後はブロークンとなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

定点 小松飛行場 2010/10/2 sat

忘れない内に、航空祭前日の民航機の動向を

20101002_rjnk_c00ja02fj

なぜか朝にFDAが駐機していた。前日便のトラブルか? 静岡へフェリーで帰っていった

FDA9001 RJNK-RJNS JA02FJ E170

20101002_rjnk_c01ja8299

もうB6しかこなくなったJAL それもいつも同じパターンです。

JAL1270 RJNK-RJTT JA8299 B763

20101002_rjnk_c02ja8980a

JAL1273 RJTT-RJNK JA8980 B763

20101002_rjnk_c03ja713a

ANA752 RJNK-RJTT JA713A B772

20101002_rjnk_c04ja01rj

10月からIBEXの便名が短縮された。でもみんななれてなくて、すぐ31xxと言いそうになる。

IBX16 RJNK-RJAA JA01RJ CRJ

20101002_rjnk_c05ja8932

JAT31 RJNK-ROAH JA8932 B734

20101002_rjnk_c06ja300k

ADO89 RJNK-RJCC JA300K B735

20101002_rjnk_c07ja354k

ANA315 RJNK-RJFF JA354K B735

20101002_rjnk_c08ja8275

ANA754 RJNK-RJTT JA8275 JA763

20101002_rjnk_c09ja702a

ANA753 RJTT-RJNK JA702A B772

20101002_rjnk_c10ja893f

JA893F BH41 石川県防災

20101002_rjnk_c11ja8980b

JAL1275 RJTT-RJNK JA8980 B763

20101002_rjnk_c12ja03rj

IBX90 RJNK-RJSS JA03RJ CRJ

13

20101002_rjnk_c13lxscv

CLX LXSCV B744F

20101002_rjnk_c14lxscvb

このピカピカのボディーがなんとも美しい

CLX LXSCV B744F 'City of niederanven'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

小松航空祭その2 小松飛行場 2010/10/3 sun

航空祭’10inKOMATSU 昨日予行時にトラブルとなったブルーインパルス6番機は、予備機と交替して列線からはずされていた。6機での列線で、トラブルのあった#725は、航空祭終了後整備格納庫から列線に戻され、松島へはいっしょに帰っていった。写真特集で解説はつけませんので、あしからず。(時系列にはなっている)

#1 46-5730

#2 26-5804

#3 46-5729

#4 26-5805

#5 46-5731

#6 66-5745

#7 46-5725

20101003_rjnk_bi00

20101003_rjnk_bi01

20101003_rjnk_bi02

20101003_rjnk_bi03

20101003_rjnk_bi04

20101003_rjnk_bi05

20101003_rjnk_bi06

20101003_rjnk_bi07

20101003_rjnk_bi08

20101003_rjnk_bi09

20101003_rjnk_bi10

20101003_rjnk_bi11

20101003_rjnk_bi12

20101003_rjnk_bi13

20101003_rjnk_bi14

20101003_rjnk_bi15

20101003_rjnk_bi16

20101003_rjnk_bi17

20101003_rjnk_bi18

20101003_rjnk_bi19

20101003_rjnk_bi20

20101003_rjnk_bi21

20101003_rjnk_bi22

20101003_rjnk_bi23

20101003_rjnk_bi24

20101003_rjnk_bi25

20101003_rjnk_bi26

20101003_rjnk_bi27

20101003_rjnk_bi28

20101003_rjnk_bi29

20101003_rjnk_bi30

20101003_rjnk_bi31

20101003_rjnk_bi32

20101003_rjnk_bi33

20101003_rjnk_bi34

20101003_rjnk_bi35

20101003_rjnk_bi36

20101003_rjnk_bi37

20101003_rjnk_bi38

20101003_rjnk_bi39

20101003_rjnk_bi40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

小松航空祭その1 小松飛行場 2010/10/3 sun

カブッキーです。’10航空祭inKOMATSUにようこそ

心配された天候も、朝方チョットぱらっと来ただけで、なんとか夕方まで持ちました。

米海兵隊からの飛来がキャンセルとなったため、展示機はチョット寂しい様子でしたが、展示飛行は、バリバリ実施されました。

20101003_rjnk_00f729861

20101003_rjnk_01f024928

F15電車の力持ち#928号機。なんとも運転のお兄さんの笑顔がいいねぇえ! 08-4591

20101003_rjnk_02u753252

朝一外来として、402SQのU4がやってきました。 402SQ U4 75-3252

20101003_rjnk_03t565932

一度は操縦してみたいT7。来年の静浜航空祭は開催できるだろうか? 11FTW T7 56-5932

20101003_rjnk_04h084591

ながーいストローを付けたUHです。 KOMATSU-ARS UH60J 08-4591

20101003_rjnk_05f728961

オープニングフライトの主役は、カブッキー 306SQ F15J 72-8961

20101003_rjnk_06f428948

306と303の混成でオープニングフライト 306SQ F15J 72-8961 72-8948

20101003_rjnk_07f528851

303SQ編隊。3本増槽で先週小牧に展開していた#810もランナップ 303SQ F15J 52-8851 22-8810

20101003_rjnk_09f538531

外来機展示の目玉は、8SQのスペシャル 8SQ F2A 53-8531

20101003_rjnk_10f428948

飛んでるカブッキー

20101003_rjnk_11f303x2

綺麗な編隊飛行です。

20101003_rjnk_12f428948

民航機とのランデブーも小松ならでは 306SQ F15J 42-8948

20101003_rjnk_13f728961

フライトが終わって展示位置にタクシーバック 306SQ F15J 72-8961

20101003_rjnk_14f028916

機動飛行展示に向かう303SQ機 F15J 02-8916

20101003_rjnk_15f228813

20101003_rjnk_16f228813

僚機#813 303SQ F15J 22-8813

20101003_rjnk_17f638501

岐阜からリモートで高機動飛行を披露したF2 ATDW F2A 63-8501

20101003_rjnk_18h084590

小松救難隊による救難展示に向けてテイクオフ KOMATS-ARS UH60J 08-4591 U125A 82-3007

20101003_rjnk_19h084590

いつもながら素早い救助展開。

20101003_rjnk_20r476903

百里の偵察航空隊から虎の子のRF4Eが展開して、偵察飛行の展示。 501SQ RF4E 47-6903

20101003_rjnk_21r476903

20101003_rjnk_22f328941

8機のF15による編隊飛行。303SQ第2編隊 303SQ F15J 32-8941 92-8910

20101003_rjnk_23f528953

こちらは306SQの同 306SQ F15J 52-8953 32-8816

20101003_rjnk_24f15x8

20101003_rjnk_25f15x8

20101003_rjnk_26t165663

編隊変更の合間に303SQのT4が小気み良い展示で間を繋ぎます。 303SQ T4 16-5663

20101003_rjnk_27f15x7

20101003_rjnk_28f228810

小松で一番若番#810 303SQ F15J 22-8810

20101003_rjnk_29f828964

小松で一番新しい#964 306SQ F15J 82-8964

20101003_rjnk_30f428947

続いて306SQによる機動飛行。連番機です。 なお、F15の飛行には一機もDJが参加していなかった。 306SQ F15J 42-8947 42-8948

20101003_rjnk_31h574492

高曇りのまま、雨は落ちてこずに帰投の時間となりました。 IRUMA-HT C47JA 57-4492

20101003_rjnk_32m919204

海自からのU36は4号機 VC91 U36A 91-9204

20101003_rjnk_33t415052

これも小牧展開機と同機 41FTS T400 41-5052

20101003_rjnk_34e543456

E2C 54-3456

20101003_rjnk_35f538531

早くスタートして、早く追い出しとなった。離陸準備中のF2。離陸を見るのは諦めて音だけでお別れとなった。 8SQ F2A 53-8531

つづきは、B.I.をまとめて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

航空祭前日 小松飛行場 2010/10/2 sat 

日曜は、雨の予想でしたが、いくぶん回復傾向。日中は晴間もでそうである。さて、前日はブルーの入りと、プラクティスを見るのが慣例となってきた。地元部隊の予行は、30日に終わっていたが、昨日も通常訓練からナイトまで実施されていた。ナイトのフライトは、百里に疎開したようだ。

20101002_rjnk_00bi

快晴の秋空の元、10時前に到着

20101002_rjnk_01bi

今年も赤い羽根をつけたANA機と

20101002_rjnk_02bi

20101002_rjnk_03bi

飛行群オペ前に整列

20101002_rjnk_04c951081

先週も見たC130は、お久のブルー支援 401SQ C130H 95-1081

20101002_rjnk_05etc

土曜は恒例の協力者招待日。公募の記念塗装機も見えます。

20101002_rjnk_06m35095

外来機は厚木のP3C VP3 P3C 3-5095

20101002_rjnk_10bi

まったりとお昼を過ごした後、13時から慣熟飛行が開始です。

20101002_rjnk_11bi

ダイヤモンド・テイクオフ

20101002_rjnk_12bi

ダーティーターン

20101002_rjnk_13bi

裏から見ると・・

20101002_rjnk_14bi

ローアングル・テイクオフ

20101002_rjnk_15bi

一気に上昇して、キューバンエイト

20101002_rjnk_16bi

ロールオン・テイクオフ

20101002_rjnk_17bi

ファン・ブレイク この後上空で6番機にトラブル発生

20101002_rjnk_18bi

5番機にチェイスされながら、無事に着陸

20101002_rjnk_19bi

チェンジ・オーバー・ループ

20101002_rjnk_20bi

レッツゴー・ダイヤモンド

20101002_rjnk_21bi

20101002_rjnk_22bi

20101002_rjnk_23bi

5番機によるハーフ・スロー・ロール

20101002_rjnk_24bi

レター・エイトはターミナル上空でスモーク

20101002_rjnk_25bi

20101002_rjnk_26bi

4シップ・インバート

20101002_rjnk_27bi

6番機が欠けて、5番機だけでのキューピッド

20101002_rjnk_28bi

360°&ループ

20101002_rjnk_29bi

ここでまたもやトラブル。風船襲来でミッションストップ。ワイド・トゥ・デルタ・ループがデルタ・ローパスに変更。当然6番機抜きです。

20101002_rjnk_30bi

中途半端でしたが、ミッション終了となりました。

20101002_rjnk_31bi

先に6番機が帰ったエプロンに帰還となります。

20101002_rjnk_32bi

明日も、晴れますように・・ トラブルがありませんように・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »