« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/28

定点 富山空港 2012/2/28 tue

METAR RJNT 280100Z 17004KT 100V210 9999 FEW030 BKN/// 01/M09 Q1029 RMK 1CU030 A3041

20120228_rjnt_00ja8271

ANA883 RJTT-RJNT JA8271 B767-381

20120228_rjnt_01ja9316

JA9316 AS350B AAK

20120228_rjnt_02hl7418

AAR102 RKSI-RJAA HL7418 B747-48E

20120228_rjnt_03hl7788

AAR128 RKSI-RJNT HL7788 A320-232

20120228_rjnt_04ja6769

JA6769 A109K2 富山県警
先週に中日本から出場してきたばかり。

20120228_rjnt_05ja8271

ANA886 RJNT-RJTT JA8271 B767-381

20120228_rjnt_06ja01dc

JA01DC C172S

METAR RJNT 280300Z VRB03KT 9999 FEW030 BKN/// 02/M11 Q1028 RMK 1CU030 A3036

20120228_rjnt_07hl7788

AAR127 RJNT-RKSI HL7788 A320-232

20120228_rjnt_08b5320

CSH825 ZSPD-RJNT B5320 B737-8Q8

20120228_rjnt_09ja301k

ADO78 RJCC-RJNT JA301K B737-54K

20120228_rjnt_10ja6193

JA6193 B206B AAK

20120228_rjnt_11b5320

CSH826 RJNT-ZSPD B5320 B737-8Q8

20120228_rjnt_12ja301k

ADO79 RJNT-RJCC JA301K B737-54K

20120228_rjnt_13ja01dc

JA01DC C172S

20120228_rjnt_14ja8271

20120228_rjnt_15ja8271

20120228_rjnt_16ja8271

ANA885 RJTT-RJNT JA8271 B767-381

BOE005の訓練飛行は、23日からはフライトが実施されている。先のAAR102の先に飛んでいるのだが、遠くて視認はできない。

またこの日は、小松VORの検査にCABの格子星3号が飛来していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回想 富山空港 2000/1/15 sat

東京から富山に飛んで、そのまましばらくスポッティングした。

回想 東京国際空港 2000/1/15 sat

空撮 ANA883 2000/1/15 sat

20000115_rjnt_00ja8664

ANA???? RJNT-???? JA8664 B767-381ER
外航チャーターだが、資料がない。

20000115_rjnt_01ja8258

ANA886 RJNT-RJTT JA8268 B767-381

20000115_rjnt_02hl7518

AAR126 RKSI-RJNT HL7518 B737-48E
静岡開港前は、126/125が富山便の便名だった。

20000115_rjnt_03hl7518

AAR125 RJNT-RKSI HL7518 B737-48E

20000115_rjnt_04b2139

CBF613 ZYTL-RJNT B2139 MD82
現在の南方便も、合併前は、北方便だった。

20000115_rjnt_05ja8288

ANA887 RJTT-RJNT JA8288 B767-381

20000115_rjnt_06b2139

CBF614 RJNT-ZYTL B2139 MD82

20000115_rjnt_07ja8288

ANA888 RJNT-RJTT JA8288 B767-381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/27

内航2 中部国際空港 2012/2/22 wed

続いて午後の部。

20120222_rjgg_263ja8390

ANA305 RJGG-ROAH JA8390 A320-211

20120222_rjgg_264ja58an

ANA709 RJGG-RJCC JA58AN B737-881

20120222_rjgg_265ja737t

SKY552 ROAH-RJGG JA737T B737-8Q8

20120222_rjgg_266ja15an

ANA327 RJGG-RJCM JA15AN B737-781

20120222_rjgg_267ja62an

ANA706 RJCC-RJGG JA62AN B737-881

20120222_rjgg_268ja8940

JTA252 ROAH-RJGG JA8940 B737-4Q3

20120222_rjgg_269ja8382

ANA354 RJFK-RJGG JA8382 A320-211

20120222_rjgg_270ja8571

JA8571 F900 JCG

20120222_rjgg_271ja352k_2

ANA224 RJFF-RJGG JA352K B737-5Y0

20120222_rjgg_272ja8571

20120222_rjgg_273ja8571

B787の後方でしばらく待機の後、VFRで飛び立っていった。
JA8571 F900 JCG

20120222_rjgg_274ja737t

SKY765 RJGG-RJCC JA737T B737-8Q8

20120222_rjgg_275ja858a

ANA1838 RJSK-RJGG JA858A DHC8-402

20120222_rjgg_276ja328j

JAL3106 RJCC-RJGG JA328J B737-846

20120222_rjgg_277ja62an

ANA345 RJFM-RJGG JA62AN B737-881

20120222_rjgg_278ja8940

JTA255 RJGG-ROAH JA8940 B737-4Q3

20120222_rjgg_279ja8382

ANA333 RJGG-RJFT JA8382 A320-211

20120222_rjgg_280ja8395

ANA354 RJFK-RJGG JA8395 A320-211

20120222_rjgg_281ja60an

ANA326 RJEC-RJGG JA60AN B737-881

20120222_rjgg_282ja352k

ANA225 RJGG-RJFF JA352K B737-5Y0

20120222_rjgg_283ja8993

JTA254 ROAH-RJGG JA8993 B737-446

20120222_rjgg_284ja05rj

IBX46 RJSS-RJGG JA05RJ CRJ-702

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

内航1 中部国際空港 2012/2/22 wed

お久のセントレアの印象は、青組737天国だ。国内線をトレースするのは、同じ機種が多くて厳しい。一、二匹逃したかもしれないが、飽きずに確認した。まずは午前の部。

20120222_rjgg_200tmln

ターミナルの国内線側は、ご覧の通り。

20120222_rjgg_201ja737t

20120222_rjgg_202ja737t

新顔で進出していたのは、スカイマーク。出発の一番目だ。
SKY551 RJGG-ROAH JA737T B737-8Q8

20120222_rjgg_203ja15an

ANA701 RJGG-RJCC JA15AN B737-781

20120222_rjgg_204ja8995

JTA251 RJGG-ROAH JA8995 B737-446

20120222_rjgg_205ja855a

ANA1801 RJGG-RJSS JA855A DHC8-402

20120222_rjgg_206ja8995

JTA251 RJGG-ROAH JA8995 B737-446

20120222_rjgg_207ja855a

ANA1801 RJGG-RJSS JA855A DHC8-402

20120222_rjgg_208ja05rj

IBX65 RJGG-RJFO JA05RJ CRJ-702

20120222_rjgg_209ja54an

ANA341 RJGG-RJFM JA54AN B737-881

20120222_rjgg_210ja58an

ANA213 RJGG-RJFF JA58AN B737-881

20120222_rjgg_211ja54an

ANA341 RJGG-RJFM JA54AN B737-881

20120222_rjgg_212ja854a

ANA1811 RJGG-RJSN JA854A DHC8-402

20120222_rjgg_213ja8390

ANA371 RJGG-RJFU JA8390 A320-211

20120222_rjgg_214ja303k

ANA351 RJGG-RJFK JA303K B737-54K

20120222_rjgg_215ja8304_2

20120222_rjgg_216ja8304

ANA338 RJGG-RJAA JA8304 A320-211

20120222_rjgg_217ja737j

20120222_rjgg_218ja737j

国際機材の間合い運用で、国内線で大きいのはこれだけか。
JAL3082 RJGG-RJAA JA737J B777-346ER

20120222_rjgg_219ja62an

20120222_rjgg_220ja62an

ANA703 RJGG-RJCC JA62AN B737-881

20120222_rjgg_221ja8273

ANA301 RJGG-ROAH JA8273 B767-381

20120222_rjgg_222ja850a

20120222_rjgg_223ja850a

ANA1821 RJGG-RJOM JA850A DHC8-402

20120222_rjgg_224ja8993

20120222_rjgg_225ja8993

JTA253 RJGG-ROAH JA8993 B737-446

20120222_rjgg_226ja60an

ANA212 RJFF-RJGG JA60AN B737-881

20120222_rjgg_227ja06an

ANA217 RJGG-RJFF JA06AN B737-781

20120222_rjgg_228ja328j

JAL3100 RJGG-RJCC JA328J B737-846

20120222_rjgg_229ja59an

ANA352 RJFK-RJGG JA59AN B737-881

20120222_rjgg_230ja05an

ANA361 RJGG-RJSS JA05AN B737-781

20120222_rjgg_231ja8524

20120222_rjgg_232ja8524

JTA173 RJGG-ROIG JA8524 B737-4Q3

20120222_rjgg_233ja73nj

SKY763 RJGG-RJCC JA73NJ B737-86N

20120222_rjgg_234ja352k

ANA362 RJSS-RJGG JA352K B737-5Y0

20120222_rjgg_235ja8524

JTA173 RJGG-ROIG JA8524 B737-4Q3

20120222_rjgg_236ja67an

ANA352 RJFK-RJGG JA67AN B737-881

20120222_rjgg_237ja73nj

SKY763 RJGG-RJCC JA73NJ B737-86N

20120222_rjgg_238ja858a

ANA1810 RJSN-RJGG JA858A DHC8-402

20120222_rjgg_239ja61an

ANA702 RJCC-RJGG JA61AN B737-881

20120222_rjgg_240ja60an

ANA325 RJGG-RJEC JA60AN B737-881

20120222_rjgg_241ja59an

ANA219 RJGG-RJFF JA59AN B737-881

20120222_rjgg_242ja858a

ANA1837 RJGG-RJSK JA858A DHC8-402

20120222_rjgg_243ja8395

ANA332 RJFT-RJGG JA8395 A320-211

20120222_rjgg_244ja858a

ANA1837 RJGG-RJSK JA858A DHC8-402

20120222_rjgg_245ja339j

JAL3100 RJCC-RJGG JA339J B737-846

20120222_rjgg_246ja352k

ANA331 RJGG-RJFT JA352K B737-5Y0

20120222_rjgg_247ja671n

20120222_rjgg_248ja67an

ANA303 RJGG-ROAH JA67AN B737-881

20120222_rjgg_249ja66an

ANA214 RJFF-RJGG JA66AN B737-881

20120222_rjgg_250ja05rj

IBX66 RJFO-RJGG JA05RJ CRJ-702

20120222_rjgg_251ja330j

JAL3083 RJAA-RJGG JA330J B737-846

20120222_rjgg_252ja307k

20120222_rjgg_253ja307k

ANA221 RJGG-RJFF JA307K B737-54K

20120222_rjgg_254ja339j

JAL3105 RJGG-RJCC JA339J B737-846

20120222_rjgg_255ja8390

ANA372 RJFU-RJGG JA8390 A320-211

20120222_rjgg_256ja05rj

IBX45 RJGG-RJSS JA05RJ CRJ-702

20120222_rjgg_257ja6714

JA6714 B412 JCG

20120222_rjgg_258ja66an

ANA393 RJGG-RJCH JA66AN B737-881

20120222_rjgg_259ja15an

ANA704 RJCC-RJGG JA15AN B737-781

20120222_rjgg_260ja58an

ANA218 RJFF-RJGG JA58AN B737-881

20120222_rjgg_261ja853a

ANA1822 RJGG-RJFM JA853A DHC8-402

20120222_rjgg_262ja05an

ANA364 RJSS-RJGG JA05AN B737-781

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/25

航跡 2012/2/25 sat

中部に飛来しているB787は、23日(木)から訓練飛行をこなしているようだ。日に3回のフライトのようで、松本VOR/DMEの先までいって折り返してくるパターンを繰り返している。そんな中、本日の富山空港では、チョットしたタイミングの悪さから、上海航空のCSH825がG/Aして中部にダイバートした。中部でB787狙いで張っている方には、珍しいおまけになったのではないだろうか?

そんなに天候が悪いとも思っていなかったので、METARは確認していない。だが通報されている気象情報は、あまり良くない。河川カメラで確認すると靄があって、なんともいえない状況だった。ただ、後続のADOがミニマムで着陸できたので、しばらく粘れば着陸できたかもしれない。上海は、ホールディングに入ってから中部ダイバートと判断して、珍しく松本経由で中部に向かった。(航跡図は成田空港情報)

20120225_csh825 12:45

20120225_csh825a 13:02
CSH825 ZSPD-RJNT(dv.RJGG)

中部にダイバートして、そこで便打ち切りかと思っていたら、夕方富山に戻ってきた。

20120225_csh825aa 16:07

20120225_csh825ae 16:22

20120225_csh825ah 16:27
CSH825A RJGG-RJNT
先行にANA887があり、一度 MEDIC ホールドの後難なく着陸。

20120225_csh826a 17:35

20120225_csh826c 19:32
CSH826 RJNT-ZSPD

昨日(24日)から富山VOR/DMEが復活。SID/STARとも更新されている。

ところでB787の方は、どんなコースを飛んでいるかと・・・ FR24でトレースしてみた。

2012/2/25 sat

20120225_boe005i

2012/2/24 fri

20120224_boe005e

2012/2/23 thu

20120223_boe005f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/24

外航 中部国際空港 2012/2/22 wed

チョット身軽にして、スカイデッキに出てみるとアシアナのジャンボがファイナル。急いでカメラを取り出して本日最初の一枚から。中部の外航機を追ってみる。

METAR RJGG 212200Z 33008KT 9999 FEW030 07/02 Q1022 NOSIG RMK 1CU030 A3018

20120222_rjgg_100hl7420

AAR268 KORD-RJGG HL7420 B747-48EF(SCD)
BAE J89 BGOSH J89 YWG J596 YQD NCA13 YESKA NODLE R220 NANZA R220 NULUK R220 NANNO ALICE Y111 MQE Y124 HANKA V34 GTC Y12 XMC TRIKE

20120222_rjgg_101ja317j

JAL883 RJGG-ZSPD JA317J B737-846

20120222_rjgg_102vna322

HVN340 VVTS-RJGG VNA322 A321-231

20120222_rjgg_103hstes

20120222_rjgg_104hstes

THA644 VTBD-RJGG HSTES A330-343X

20120222_rjgg_105bldh

AHK206 VHHH-RJGG BLDH A300F4-605R

20120222_rjgg_1069vstk

20120222_rjgg_1079vstk

SIA672 WSSS-RJGG 9VSTK A330-343X

20120222_rjgg_108b5058

20120222_rjgg_109b5058

昨日遅延してたらしく、ラッキーにも朝出発で確保できた。
YZR7438 RJGG-ZSPD B5058 B737-330F

20120222_rjgg_110n549us

DAL N549US B757-251

20120222_rjgg_111hl7420

20120222_rjgg_112hl7420_2

AAR267 RJGG-RKSI HL7420 B747-48EF(SCD)

20120222_rjgg_113b6331

CES744 RJGG-ZSQD B6331 A321-211

20120222_rjgg_114daigb

20120222_rjgg_115daigb

DLH738 EDDF-RJGG DAIGB A340-311

20120222_rjgg_116rpc3331

PAL437 RJGG-RPLL RPC3331 A330-301

20120222_rjgg_117b5173

CCA160 RJGG-ZBAA B5173 B737-8Q8

20120222_rjgg_118hl7498

KAL752 RJGG-RKSI HL7498 B747-4B5

20120222_rjgg_119ja08an

ANA1191 RJGG-VHHH JA08AN B737-781

20120222_rjgg_120b5173

CCA160 RJGG-ZBAA B5173 B737-8Q8

20120222_rjgg_121n549us

DAL626 RJGG-PGUM N549US B757-251
ESPAN KEC A597 MONPI A597 UNZ

20120222_rjgg_122rpc3331

PAL437 RJGG-RPLL RPC3331 A330-301

20120222_rjgg_123ja08an

ANA1191 RJGG-VHHH JA08AN B737-781

20120222_rjgg_124hl7498

KAL752 RJGG-RKSI HL7498 B747-4B5

20120222_rjgg_125ja315j

JAL821 RJGG-RCTP JA315J B737-846

20120222_rjgg_126blac

20120222_rjgg_127blac

CPA533 RJGG-VHHH BLAC A330-343X

20120222_rjgg_128b18310

CAL151 RJGG-RCTP B18310 A330-302

20120222_rjgg_129n26232

20120222_rjgg_130n26232

UAL92 PGUM-RJGG N26232 B737-824
RICHH A597 MONPI A597 TAPOP A597 KEC V55 TUNAS Y755 CARDS

20120222_rjgg_131ja8997

20120222_rjgg_132ja8997

ANA941 RJGG-RKSI JA8997 A320-211

20120222_rjgg_1339vstk

SIA671 RJGG-WSSS 9VSTK A330-343X

20120222_rjgg_134hl7528

20120222_rjgg_135hl7528

AAR122 RKSI-RJGG HL7528 B767-38E

20120222_rjgg_136b6041

20120222_rjgg_137b6041

CSN619 ZYTL-RJGG B6041 A319-132

20120222_rjgg_138hstes

THA645 RJGG-VTBD HSTES A330-343X

20120222_rjgg_139dlh

20120222_rjgg_140dlh

20120222_rjgg_142daigb

作業が終わってから気がついたが、ターンアラウンドの間にタイヤ交換をした模様。メンテはキャセイが請け負っているようだ。
DLH737 RJGG-EDDF DAIGB A340-311

20120222_rjgg_141ja303j

JAL841 RJGG-ZBTJ JA303J B737-846

20120222_rjgg_143vna322

HVN341 RJGG-VVTS VNA322 A321-231

20120222_rjgg_144daigb

DLH737 RJGG-EDDF DAIGB A340-311

20120222_rjgg_145ja303j

JAL841 RJGG-ZBTJ JA303J B737-846

20120222_rjgg_146daigb

DLH737 RJGG-EDDF DAIGB A340-311

20120222_rjgg_147n676nw

20120222_rjgg_148n676nw

DAL630 RPLL-RJGG N676NW B747-451

20120222_rjgg_149n26232

UAL150 RJGG-PGUM N26232 B737-824
ESPAN KEC A597 BUBDO A597 RICHH A597 REEDE

METAR RJGG 220300Z 31005KT 9999 FEW030 BKN/// 09/02 Q1021 BECMG 24005KT RMK 1CU030 A3015

20120222_rjgg_150b6239

20120222_rjgg_151b6239

CSN697 ZYTX-RJGG B6239 A319-132

20120222_rjgg_152hl7528

AAR121 RJGG-RKSI HL7528 B767-38E

20120222_rjgg_153hl7780

20120222_rjgg_154hl7780_2

JJA1682 RKSS-RJGG HL7780 B737-85F

20120222_rjgg_155b6041

CSN620 RJGG-ZYTL B6041 A319-132

20120222_rjgg_156b6239

CSN698 RJGG-ZYTX B6239 A319-132

20120222_rjgg_157n676nw

20120222_rjgg_158n676nw

DAL630 RJGG-KDTW N676NW B747-451
PASRO A590 PINTT A590 SELDM EHM AKN BKA LVD YQU J515 YEG FUDGY VLN GFK HYR GRB POLAR3

20120222_rjgg_159hl7780

JJA1681 RJGG-RKSS HL7780 B737-85F

METAR RJGG 220500Z 28004KT 9999 FEW025 SCT060 BKN/// 10/03 Q1020 BECMG 24005KT RMK 1CU025 3SC060 A3012

20120222_rjgg_160hl7718

20120222_rjgg_161hl7718

KAL753 RKPK-RJGG HL7718 B737-9B5

20120222_rjgg_162ja613j

20120222_rjgg_163ja613j

JAL8809 PAFA-RJGG JA613J B767-346ER
FAI TKA NOSHO R220 NYMPH R220 NODAN R220 NANAC R220 GOC Y88 SENJO Y881 SLIDE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/23

空振 中部国際空港 2012/2/22 wed

近くて遠いセントレア。搭乗ついでの撮影は何度かあるが、わざわざ撮影だけのために出かけたのは、初めてである。なにやら787が飛来していると、姦しい情報が飛び交っている。当初は、スルーしていたのだが、天気予報は、当地も現地も一日晴天のようなので、中部山岳縦断で出かけた。

情報では、赤組の訓練飛行と言うことで20日にやってきたが、どうも21日は飛んでいない模様。今日こそは飛ぶだろうとの甘い思惑ではあったが、意に反して本日もトラブルで、訓練中止とのこと。8時にセントレアのメールで通知されても、すでに現地にいて、がっかり!!。でも、ドリームリフターの模様も垣間見ることが出来たので、よしとしよう。

20120222_rjgg_00n787ft

朝7時にアシアナのジャンボが到着して、スカイデッキからは見通せない情況。

20120222_rjgg_01n787ft

小生が引き上げるまで、手前の機体はすべて出払ったが、アシアナの後に到着したホンコンカーゴにはばまれて、見通すことができないままであった。

20120222_rjgg_10boe

11時前に沖合いを本日のお荷物が通過。

20120222_rjgg_11boe

お昼過ぎから、ドリームリフターの廻りに支援機材が取り付いて、お仕事開始。

20120222_rjgg_12boe

大型のフォークリフトのような機材が、お尻ブスッ。

20120222_rjgg_13boe

ゆっくり移動して、胴体が開き始めた。

20120222_rjgg_14boe

お荷物のコンテナは、埠頭からソロソロ移動して、制限区域の直前までやってきた。

20120222_rjgg_15boe

まもなく全開となる。

20120222_rjgg_16boe

制限区域の中に入った。

20120222_rjgg_17boe

自走できるローダーが接続され、機内から搭載治具が降ろされる。

20120222_rjgg_18boe

治具をのせて、本日のお荷物をとりに移動。

20120222_rjgg_19boe

本日のお荷物は、主翼でした。

20120222_rjgg_20boe

主翼を搭載して、その場で方向転換。

20120222_rjgg_21boe

まもなくドリームリフターに搭載が始まるところで、小生のタイムアウト。
この機体は、この夜21時ごろGTI4151としてアンカレッジ経由でペインフィールドに出発した。

GTI4151 N718BA B747-4HF/LCF
RJGG-PANC
AAMYY R591 AMOND R591 HAMND NEELL2
PANC-KPAE
ROYST J502 YYJ PAE

なお注目のB787は、23日9時ごろからようやくフライトが始まった。

20120223_boe005d

夕方も飛んだみたいなので、その時確認した航跡は、下記。しめて3回フライトがあったのか?。注目のT/Gが行われたかは、情報がない。

20120223_boe005f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

空撮 ANA883 2000/1/15 sat

電子機器の機内使用等、まだ問題にもなっていなかった。携帯電話が本格的に普及始める年で、カメラ付携帯が登場したのも、この年だ。とにかく空撮が楽しみな搭乗のころだった。

20000115_ana883_00rjttrw22

羽田、RW22とN地区。まだ22は旧滑走路で、新滑走路の整備が進んでいる。

20000115_ana883_01mtfuji

雲海の上に富士の頂。

20000115_ana883_02suwakola

諏訪湖

20000115_ana883_03rjaf

松本空港

20000115_ana883_04joganjirv

我が実家方向。一番手前の川が常願寺川。

20000115_ana883_05toyamast

富山駅上空

20000115_ana883_06ja8664

JA8664 B767-381ER
富山空港に着いたら、ホノルルチャーターの機体がいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/21

格子星 富山空港 2012/2/20 mon


---


---

20120220_rjnt_50ja005g

更新工事が終わっている富山VOR/DME(TOE)。連日の豪雪で、検査がなかなかできずに、更新期間が一ヶ月延びている。さすが雨水を過ぎると、雪も一休み。朝から晴天の青空が広がった。そこで、いよいよ飛行検査が始まった。飛来機は5号機、グローバルエクスプレスだ。

JA005G GLEX CAB

20120220_rjnt_51ja005g

1回目パス

20120220_rjnt_52ja005g

2回目パス

20120220_rjnt_53ja005g

3回目パスは南から

20120220_rjnt_54ja005g

4回目 VOR/DEMをヒットしてから、大回りで南西側へブレイク

20120220_rjnt_55ja005g

5回目 北東から南西へ

20120220_rjnt_56ja005g

6回目

20120220_rjnt_57ja005g

7回目

20120220_rjnt_58ja005g

8回目、雪レフで非常に綺麗に腹部が見える

20120220_rjnt_59ja005g

9回目

20120220_rjnt_60ja005g

10回目

20120220_rjnt_61ja005g

3時間にわたる飛行検査も、本日は終了。ファイナルからランディングです。

20120220_rjnt_62ja005g

20120220_rjnt_63ja005g

20120220_rjnt_64ja005g

#3スポットで地上要員の収容と、検査のブリーフィング

20120220_rjnt_65ja005g

20120220_rjnt_66ja005g

機上整備員の合図で、エンジンスタート

20120220_rjnt_67ja005g

検査は、一日では終了せず、翌日もくるかも??

20120220_rjnt_68ja005g

20120220_rjnt_69ja005g

20120220_rjnt_70ja005g

停泊地、仙台に向けて離陸。抜群の離陸を魅せてくれました。

whitewing681さんの動画

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/02/20

定点 富山空港 2012/2/20 mon

チョット気になったコールが聞こえたので、急ぎ出撃した。その間、記録した日常を。

METAR RJNT 200400Z 26008KT 9999 FEW030 05/M03 Q1024 RMK 1CU030 A3025

20120220_rjnt_00ja8404

20120220_rjnt_01ja8404

ADO79 RJNT-RJCC JA8404 B737-54K

20120220_rjnt_02ja8360

晴天の中、ANA885が神通VOR/DMEをヒット

20120220_rjnt_03ja6768

JA6768 B412 富山県防災

20120220_rjnt_04ja8360

ANA885 RJTT-RJNT JA8360 B767-381

20120220_rjnt_05h90

立山に訓練に出かけていたUH60JがRTB。遠目にも90号機と解る。

20120220_rjnt_06b16111

はるか上空FL300を飛行するMD11F
EVA605 PANC-RCTP B16111 MD11F
ANC5 TED NODLE R220 NATES R220 NIKLL R220 NODAN R217 GTC V30 KMC OME TAMBA V38 OKC V28 IWC V54 HKC A1 BULAN A1 ANNNA AN1A

20120220_rjnt_07ja8360

ANA888 RJNT-RJTT JA8360 B767-381

20120220_rjnt_08b6040

CSN613 ZSPD-RJNT B6040 A319-132

METAR RJNT 200700Z 23005KT 190V260 9999 FEW030 06/M03 Q1024 RMK 1CU030 A3025

20120220_rjnt_09ja9316

JA9316 AS50 AAK

20120220_rjnt_10ja8285

20120220_rjnt_11ja8285

ANA887 RJTT-RJNT JA8285 B767-381

20120220_rjnt_12b6040

20120220_rjnt_13b6040

CSN614 RJNT-ZSPD B6040 A319-132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回想 東京国際空港 2000/1/15 sat

2000年のミレニアムで、大騒ぎ。おかげで年越しは、職場でむかえた。無事年越しも終了して、成人の日に富山に帰省時の羽田のショット。

20000115_rjtt_00tmls

ターミナルビル南側のJALサイド。

20000115_rjtt_01tmln

ターミナルビル北側のANAサイド。

20000115_rjtt_02ja8908

JA8908 B747-446D

20000115_rjtt_03ja8943

JA8944 B777-346
前年から導入が始まった新鋭機だった。

20000115_rjtt_04ja8944

JA8943 B777-346 (Anteres)
JALのB7は、星座の愛称がついていたネ。すっかり忘れているよ。

20000115_rjtt_05tml

西側。現在国際線ターミナルができているところは、旧C滑走路の撤去が終わって土地改良中。JALのラ整ビルが解体を待っている。

20000115_rjtt_06ys11

YS11 ANK 大島線の機体だが、小さすぎて判別できない。

20000115_rjtt_07ja8905

JA8905 B747-446D

20000115_rjtt_08ja8957

JA8957 B747-481D 「ピカチュウジャンボ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

航跡 ANA884 2012/2/19 sun

ANA881の折返しANA884で羽田行きをトレース

現在の飛行計画経路

RJNT-(IKUJI FORE DEP)IKUJI HISUI Y31 GENJI Y10 STONE(CREAM ARR)CREAM-RJTT
ANA881 JA59AN B737-881

20120219_ana884

FR24コンタクト すでにFL200超え。上越セクターにHO
先行に新潟行きのTHAチャーター便が見える。

20120219_ana884a

巡航高度FL270。すでに GENJI ダイレクト

20120219_ana884b

関東北セクターにHO

20120219_ana884c

早くもディセンドが始まり、セパレーションのベクターがされる模様。

20120219_ana884d

13,000ft 通過

20120219_ana884e

10,000ft通過

20120219_ana884f

5,000ft通過

20120219_ana884g

LLZアライン

20120219_ana884h

オンファィナル

20120219_ana884i

300ft

20120219_ana884j

ランディング、TWに離脱。 高度は -275ft これって高度計のセット状態によるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航跡 ANA881 2012/2/19 sun

最近、羽田富山便にB737NXがちょくちょく入っているので、FR24で航跡を記録しておきたい。

現在の飛行計画経路

RJTT-(KANEK ONE DEP)KANEK Y884 MBE JNE URUSI (TOYAMA ARR)MEDIC-RJNT
ANA881 JA59AN B737-881

20120219_ana881

羽田第2ビル67Aゲートからスポットアウト

20120219_ana881a

RW34RにLineUp

20120219_ana881b

エアボーンして KANEK ONE DEPARTURE をトレースして上昇

20120219_ana881c

13,000ft通過

20120219_ana881d

巡航高度 FL240 に到達

20120219_ana881e

ダイレクトJNEが出た模様

20120219_ana881f

20120219_ana881g

MATSUMOTOアビーム。当地で無線入感

20120219_ana881i

ディセンド中

20120219_ana881j

アプローチクリアランス発出。FR24でトレースできるのはここまで。

なにか、自分で早く受信サイトを開局しろって、催促しているようだ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回想 久米島空港 1999/12/12-13 mon

エアーフェスタ那覇終了後、その脚で久米島まで飛んだ。折返しを見送っていたら、ターミナルは店じまい。真っ暗な中、公衆電話のありかもわからず、貨物事務所で電話を使わせてもらい、タクシーを呼んだ。

1999/12/12 sun

19991212_rokj_00ja8953

JTA221 ROAH-ROKJ JA8953 B737-4K5

19991212_rokj_01ja8953

JTA222 ROKJ-ROAH JA8953 B737-4K5

1999/12/13 mon

19991213_rokj_10tml

久米島空港ターミナル

19991213_rokj_11rokj

宇江城城から見た久米島空港
左側には、航空自衛隊久米島分屯基地。画像真ん中の白い塔が、久米島灯台。その右斜め上には、久米島VORTAC。今では公園として整備されているが、この当時はまだ自衛隊の敷地を通らないと城址頂上には立てなかった。ゲートの構内電話で許可をもらって、自分でゲートを開けて入ったのは、面白かった。

19991213_rokj_12ja8973

RAC874 ROKJ-ROAH JA8973 DHC8-103Q

19991213_rokj_13ja8282

19991213_rokj_14ja8282

JTA211 ROAH-ROKJ JA8282 B737-2Q3

19991213_rokj_15kxc

久米島VORTAC(KXC)

19991213_rokj_16kx

EX 久米島NDB(KX) 2011/7/28廃止

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/18

欠航 富山空港 2012/2/17 fri

大雪警報がでた2月17日(金)。前日からの降雪は、あまりなかったのですが、朝から継続的に雪が降り積もった。俗に静かに降る雪で、これは積もるぞ!と思っていたら、積雪は90cmを超え、26年振りの大雪と言っている。前日に、たまっていた積雪も処理しておいたので、そんなに心配もしていない。

さて、富山空港の運行ですが、前日があまりにも天候が良かったので、通常どおり運行できるように、運行されていた模様です。朝方の降雪は、それほどでもなかったのですが、気温が低いため、川靄がたまって視程が悪いのが、テレビや河川カメラでも判った。

富山からの始発のANA882は、除雪のため多少遅れで出発。

20120217_ana882

ANA882 08:20

羽田からの始発のANA881は、視程が悪いため上空待機していたが、1時間ほど待った上で、アプローチ。残念ながらG/Aとなった。ねばってチョット回復が見られたので、ラストチャンスの再アプローチで、幸運的に1時間半遅れで到着。折り返しANA884は、再度の除雪を待って、その分遅れで出発。リターンのANA883の直後を追いかけて羽田に向かった。

20120217_ana881

ANA881 08:17

20120217_ana884

ANA884 11:18

ANA883は、ANA881の到着時には富山上空まで来ていたが、除雪待ちと視程回復待ちで神通VOR/DMEで待機。一度アプローチに入ったが、MEDICでランディングビローで進入中止、即羽田リターン。

20120217_ana883a

ANA883 10:11

20120217_ana883e

ANA883 11:18

AAR128は、丹後半島沖あたりで天候確認して、そのまま富山上空まで来た。丁度、ANA883のさらに上空で待機に入り、ANA883が羽田にリターンした後アプローチ。2度アプローチを試みたが、あえなくG/A。オルタネイトの中部にダイバートして、便欠航となった模様。

20120217_aar128_2

AAR128 10:29

20120217_aar128b

AAR128 10:35

20120217_aar128d

AAR128 12:19

ADO78は、NOVELまで来て様子見。視程回復が見込まれず、新千歳にリターン。

ANA885も富山上空まで来たが、天候回復が見込まれず、羽田リターン。

以後、天候調査となり、運行放棄状態で一日終わる。よって、羽田からの最終が来なかったため、18日のANA882は欠航決定。

さて、18日はどれくらい飛べるでしょうか?(18日15時現在、ほぼ順調に運行)

画像は成田空港情報から

RJNT 171214Z 34005KT 0500 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M02 Q1011 RMK A2986
RJNT 171207Z 32004KT 270V010 0900 SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M02 Q1011 RMK A2986
RJNT 171200Z VRB02KT 3000 -SHSN FEW003 SCT010 BKN020 M01/M02 Q1011
RJNT 171137Z 13004KT 100V180 4500 -SHSN FEW003 SCT010 BKN020 M01/M02 Q1010 RMK 1ST003 3CU010 5CU020 A2985
RJNT 171103Z 16005KT 110V200 3000 -SHSN FEW003 SCT010 BKN020 M01/M02 Q1011 RMK 1ST003 3CU010 6CU020 A2986
RJNT 171100Z 16005KT 110V190 1600 -SHSN VV008(vertical vis. 800ft) M01/M02 Q1011
RJNT 171034Z 18002KT 0900 SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M03 Q1011 RMK A2987
RJNT 171030Z 17001KT 1800 -SHSN VV009(vertical vis. 900ft) M01/M02 Q1011 RMK A2986
RJNT 171000Z 33002KT 3000 -SHSN FEW003 SCT015 BKN025 M01/M02 Q1011
RJNT 170945Z 31002KT 3000 -SHSN FEW003 SCT015 BKN025 M01/M02 Q1011 RMK 1ST003 3CU015 6CU025 A2985
RJNT 170936Z 32002KT 2000 -SHSN FEW003 SCT015 BKN025 M01/M02 Q1011 RMK 1ST003 3CU015 6CU025 A2985
RJNT 170920Z 32003KT 3000 -SHSN FEW003 SCT020 BKN030 M01/M03 Q1011 RMK 1ST003 3CU020 5CU030 A2986 9999NE-SE
RJNT 170900Z VRB02KT 9999 FEW003 SCT030 BKN050 M02/M03 Q1011
RJNT 170821Z 14003KT 090V200 6000 -SHSN FEW003 SCT030 BKN050 M01/M02 Q1011 RMK 1ST003 3CU030 6SC050 A2985
RJNT 170813Z 14003KT 090V190 4000 -SHSN FEW003 SCT020 BKN030 M01/M02 Q1011 RMK 1ST003 3CU020 6CU030 A2986
RJNT 170800Z 14003KT 100V200 2000 -SHSN FEW003 SCT010 BKN020 M01/M02 Q1011
RJNT 170715Z 15003KT 070V200 0400 SHSN VV002(vertical vis. 200ft) M01/M02 Q1012 RMK A2988
RJNT 170700Z VRB02KT 0600 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M00/M02 Q1012
RJNT 170648Z 00000KT 0900 SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M00/M02 Q1011 RMK A2988
RJNT 170645Z 00000KT 1300 -SHSN VV007(vertical vis. 700ft) M00/M02 Q1011 RMK A2988
RJNT 170616Z 23003KT 2600 -SHSN FEW003 SCT005 BKN030 M00/M01 Q1012 RMK 1ST003 3ST005 6CU030 A2988
RJNT 170600Z VRB02KT 3500 -SHSN FEW003 SCT020 BKN030 M01/M01 Q1012
RJNT 170546Z VRB02KT 3200 -SHSN FEW003 SCT010 BKN020 M01/M01 Q1011 RMK 1ST003 3CU010 6CU020 A2987
RJNT 170537Z 01003KT 320V060 2600 -SHSN FEW003 SCT010 BKN020 M01/M01 Q1011 RMK 1ST003 3CU010 6CU020 A2987
RJNT 170515Z 35005KT 320V030 1300 -SHSN VV007(vertical vis. 700ft) M01/M02 Q1012 RMK A2989
RJNT 170512Z 35005KT 320V030 0900 SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M02 Q1012 RMK A2988
RJNT 170500Z 35006KT 310V020 0400 SHSN VV002(vertical vis. 200ft) M01/M02 Q1011
RJNT 170448Z 36006KT 0500 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M01 Q1012 RMK A2988
RJNT 170438Z 03004KT 330V070 0800 SHSN VV004(vertical vis. 400ft) M01/M02 Q1011 RMK A2987
RJNT 170406Z 31004KT 0400 SHSN VV002(vertical vis. 200ft) M01/M02 Q1011 RMK A2988
RJNT 170400Z 29004KT 270V330 0600 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M02 Q1011
RJNT 170344Z 26002KT 0500 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M02 Q1011 RMK A2987
RJNT 170337Z 23003KT 0700 SHSN VV004(vertical vis. 400ft) M01/M02 Q1011 RMK A2987
RJNT 170329Z 23003KT 1000 -SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M02 Q1011 RMK A2987
RJNT 170313Z 23003KT 1800 -SHSN VV009(vertical vis. 900ft) M01/M01 Q1011 RMK A2988
RJNT 170300Z VRB01KT 1100 -SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M01 Q1011
RJNT 170247Z 34004KT 1100 -SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M01 Q1012 RMK A2989
RJNT 170224Z 34006KT 0900 SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M02 Q1012 RMK A2990
RJNT 170207Z 35007KT 0600 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M02 Q1013 RMK A2991
RJNT 170200Z 03006KT 350V140 0800 SHSN VV004(vertical vis. 400ft) M00/M01 Q1013
RJNT 170139Z VRB02KT 1300 -SHSN VV006(vertical vis. 600ft) M01/M01 Q1012 RMK A2991
RJNT 170130Z VRB02KT 1600 -SHSN VV008(vertical vis. 800ft) M01/M01 Q1012 RMK A2991
RJNT 170119Z VRB02KT 1000 -SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M01 Q1013 RMK A2992
RJNT 170100Z 04004KT 340V080 0600 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M01 Q1013
RJNT 170044Z 03006KT 340V070 0600 SHSN VV003(vertical vis. 300ft) M01/M01 Q1013 RMK A2993
RJNT 170018Z VRB01KT 1500 -SHSN VV007(vertical vis. 700ft) M01/M01 Q1013 RMK A2992
RJNT 170000Z 20001KT 1200 -SHSN VV006(vertical vis. 600ft) M01/M01 Q1013
RJNT 162345Z VRB01KT 0700 SHSN VV004(vertical vis. 400ft) M01/M01 Q1013 RMK A2993
RJNT 162329Z VRB01KT 0900 SHSN VV005(vertical vis. 500ft) M01/M01 Q1013 RMK A2994
RJNT 162300Z 15001KT 1300 -SHSN VV006(vertical vis. 600ft) M01/M01 Q1014
RJNT 162233Z 22005KT 1300 -SHSN VV006(vertical vis. 600ft) M01/M02 Q1014 RMK A2995
RJNT 162200Z 25003KT 200V270 0800 SHSN VV004(vertical vis. 400ft) M01/M02 Q1014
RJNT 162145Z 25005KT 0800 SHSN VV004(vertical vis. 400ft) M01/M02 Q1014 RMK A2994
RJNT 162135Z 27005KT 1200 -SHSN VV006(vertical vis. 600ft) M01/M02 Q1014 RMK A2994
RJNT 162110Z 36003KT 330V040 2000 -SHSN FEW003 SCT008 BKN015 M01/M02 Q1013 RMK 1ST003 3CU008 6CU015 A2994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/17

定点F2 小松飛行場 2012/2/13 mon

続いて、午後の部。少し天候が雨模様となってきたが、相変わらず訓練に発着が多い。

20120213_rjnk_f50f728961928097

F15J 72-8961/F15DJ 92-8097 306SQ J21/J22

20120213_rjnk_f51f528854

F15J 52-8854 306SQ J23

20120213_rjnk_f52f728962

F15J 72-8962 306SQ J26

20120213_rjnk_f53f028191

F15J 02-8919 306SQ J27

20120213_rjnk_f54y121160

YS11FC 12-1160 FC T60
入間にお帰り。

20120213_rjnk_f55t165661

T4 16-5661 306SQ JW

20120213_rjnk_f56f628959

F15J 62-8959 306SQ J25

20120213_rjnk_f57f528956

F15J 52-8956 303SQ M05

20120213_rjnk_f58f128077

F15DJ 12-8077 303SQ M06

20120213_rjnk_f59f228806_2

F15J 22-8806 303SQ M02

20120213_rjnk_f60f828093

F15DJ 82-8093 306SQ J24

20120213_rjnk_f61t065652

T4 06-5652 303SQ M40

20120213_rjnk_f62u823007

U125A 82-3007 KOMATSU-ARS A07

20120213_rjnk_f63f828896

F15J 82-8896 303SQ M01

20120213_rjnk_f64f528848

F15J 52-8848 303SQ M03

20120213_rjnk_f65h094590

UH60J 09-4590 KOMATSU-ARS H90

20120213_rjnk_f66f528956

F15J 52-8956 303SQ M05

20120213_rjnk_f67f128077

F15DJ 12-8077 303SQ M06

20120213_rjnk_f68f328826

F15J 32-8826 204SQ E11

20120213_rjnk_f69f628874

F15J 62-8874 204SQ E12
騎手待ちの白頭鷲は、沖縄にお帰り。

20120213_rjnk_f70f528854

F15J 52-8854 306SQ
このころから雨が激しく

20120213_rjnk_f71f928097

F15DJ 92-8097 306SQ

20120213_rjnk_f72f628959

F15J 62-8959 306SQ

20120213_rjnk_f73f028919

F15J 02-8919 306SQ

20120213_rjnk_f74f828093

F15DJ 82-8093 306SQ

20120213_rjnk_f75t165661

T4 16-5661 306SQ JW

20120213_rjnk_f76f628959

F15J 62-8959 306SQ
マイナートラブルで早め帰投。RWも06にチェンジ。この後も、訓練は続いていた。
小生は、帰投とす。

F15J 72-8961 J21
F15DJ 92-8097 J22
F15J 52-8854 J23
F15DJ 82-8093 J24

F15J 62-8959 J25
F15J 72-8962 J26
F15J 02-8919 J27

T4 16-5661 JW

T4 06-5652 M40

F15J 52-8956 M05
F15DJ 12-8077 M06

F15J 82-8896 M01
F15J 22-8806 M02
F15J 52-8848 M03

F15J 32-8826 E11
F15J 62-8874 E12

T4 16-5661 JW

F15J 52-8854 J??
F15DJ 92-8097 J??

F15J 62-8959 J??
F15J 02-8919 J??
F15DJ 82-8093 J??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/16

定点F1 小松飛行場 2012/2/13 mon

冬の雪の切れ間は、たまった訓練をこなすため、朝からあわただしく始まった。先行は、303SQから。まずは、午前の部を眺めてみる。

20120213_rjnk_f00t065652

T4 06-5652 303SQ MW

20120213_rjnk_f01f828896

F15J 82-8896 303SQ M01

20120213_rjnk_f02f528956

F15J 52-8956 303SQ M02

20120213_rjnk_f03f228806

F15J 22-8806 303SQ M05

20120213_rjnk_f04f228810128077

F15J 22-8810/F15DJ 12-8077 303SQ M03/M04

20120213_rjnk_f05u823007

U125A 82-3007 KOMATSU-ARS

20120213_rjnk_f06f828896528956

F15J 82-8896/52-8956 303SQ M01/M02

20120213_rjnk_f07h094590

UH60J 09-4590 KOMATSU-ARS
テイルに模様が描かれているが、何のモチーフか、解らない。

20120213_rjnk_f08f228810128077

F15J 22-8810/F15DJ 12-8077 303SQ M03/M04

20120213_rjnk_f09f228806

F15J 22-8806 303SQ M05

20120213_rjnk_f10f528854

F15J 52-8854 306SQ J25

20120213_rjnk_f11f028919

F15J 02-8919 306SQ J27

20120213_rjnk_f12f828093

F15DJ 82-8093 306SQ J21

20120213_rjnk_f13f928097

F15DJ 82-8097 306SQ J23

20120213_rjnk_f14t165661

T4 16-5661 306SQ JW

20120213_rjnk_f15y121160

YS11FC 12-1160 FC T60
PARの飛行点検にやってきた。詳細は、-> YS 

20120213_rjnk_f16f028915

F15J 02-8915 306SQ E11

20120213_rjnk_f17f328941

F15J 32-8941 303SQ E12

20120213_rjnk_f18f328826

F15J 32-8826 204SQ
上記、3枚 306SQと303SQの混合編隊が ELBOW コールで帰ってきた。現在グアムに出かけている204SQだが、何かの都合で、近代化改修機が貸し出されていた模様。オペ前には204SQ のF15が騎手を待っていた。

20120213_rjnk_f19f328819

F15J 32-8819 303SQ MA

20120213_rjnk_f20f828896

F15J 82-8896 303SQ M03

20120213_rjnk_f21f228806

F15J 22-8806 303SQ M04

20120213_rjnk_f22f228810128077

F15J 22-8810/F15DJ 12-8077 M01/M02

20120213_rjnk_f23f528854628959

F15J 52-8854/62-8959 306SQ J25/J26

20120213_rjnk_f24f028920

F15J 02-8920 306SQ J28

20120213_rjnk_f25f628959

F15J 62-8959 306SQ J26

20120213_rjnk_f26f928097

F15DJ 92-8097 306SQ J23

20120213_rjnk_f27t065652

T4 06-5652 303SQ M40

20120213_rjnk_f28f828093

F15DJ 82-8093 306SQ J21

20120213_rjnk_f29f728961

F15J 72-8961 306SQ J22

20120213_rjnk_f30t265680

T4 26-5680 HQ 戯曲16

20120213_rjnk_f31f228810

F15J 22-8810 303SQ M01

20120213_rjnk_f32f128077

F15DJ 12-8077 303SQ M02

20120213_rjnk_f33f328819

F15J 32-8819 303SQ MA

06-5652 T4 MW

82-8896 F15J M01
52-8956 F15J M02

22-8806 F15J M05

22-8810 F15J M03
12-8077 F15DJ M04

82-3007 U125A A07

09-4590 UH60J H90

16-5661 T4 JW

12-1160 YS11FC T60

52-8854 F15J J25
62-8959 F15J J26
02-8919 F15J J27
02-8920 F15J J28

82-8093 F15DJ J21
72-8961 F15J J22

92-8097 F15DJ J23

02-8915 F15J E11
32-8941 F15J E12

06-5652 T4 M40

32-8819 F15J MA
82-8896 F15J M03
22-8806 F15J M04

22-8810 F15J M01
12-8071 F15DJ M02

26-5680 T4 F16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/15

YS 小松飛行場 2012/2/13 mon

入間から飛行点検隊のYSが飛来した。10時半ごろに民航機、訓練機の合間に着陸。しばらくすると、地上要員がRW脇にスタンバイして、飛行点検が始まった。どうもPARの検査のようである。機体は、12-1160。YSの中では新しい方だが、すでに41歳にもなっている。(タイトルの日付が誤っていましたので、訂正しました。)

20120214_rjnk_y00y121160

YS-11FC 12-1160 FC

20120214_rjnk_y01y121160

ベースオペレーション前に到着して、打ち合わせの模様。

20120214_rjnk_y02y121160

ほどなくして、検査に出発。

20120214_rjnk_y03y121160

セオドライトを準備した地上要員の前を、離陸。

20120214_rjnk_y04y121160

入間航空祭以外では、初めて実際のオペレーションを見れた。

20120214_rjnk_y05y121160

RW24の1回目のローパス。以下2,3回目

20120214_rjnk_y06y121160

20120214_rjnk_y07y121160

20120214_rjnk_y08y121160

RW24を3回パスして、地上要員がRW06サイドに移動して、06側検査。

20120214_rjnk_y09y121160

本日は、訓練のトラフィックが高く、滑走路上で山側にブレイク。ライトパターンを廻る。

20120214_rjnk_y10y121160

RW06側も3回パスして、検査終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/14

定点 小松飛行場 2012/2/13 mon

連日続いていた寒波も一段落。気がつくと立春も過ぎ、日差しも少しづつ伸びてきている。ようやく今年初めての小松初詣に出かけた。各便、両舷を選んだので、大量の画像数となったが、飽きずに眺めてください。まずは、民航編です。

METAR RJNK 122300Z VRB02KT 9999 FEW030 SCT100 BKN120 00/M05 Q1028 RMK 1CU030 3AC100 7AC120 A3036

ナイトステイの状況
#3 ADO89(JA8404)
#4
#5 JTA031(JA8993)
#6 JAL1270(JA8975)
#7 ANA752(JA8199)
#8 IBX16(JA01RJ)

20120213_rjnk_c00ja8975

20120213_rjnk_c01ja8975

JAL1270 RJNK-RJTT JA8975 B767-346

20120213_rjnk_c02ja8199

20120213_rjnk_c03ja8199

ANA752 RJNK-RJTT JA8199 B777-281

20120213_rjnk_c04ja6167

JA6167 B206 NNK

20120213_rjnk_c05ja8404

JA8404 #3->#7

20120213_rjnk_c06ja01rj

20120213_rjnk_c07ja01rj

IBX16 RJNK-RJAA JA01RJ CRJ100LR

20120213_rjnk_c08ja8272

ANA751 RJTT-RJNK JA8272 B767-381

20120213_rjnk_c09ja659j

JAL1273 RJTT-RJNK JA659J B767-346ER

20120213_rjnk_c10ja8272

ANA751 RJTT-RJNK JA8272 B767-381

20120213_rjnk_c11ja659j

JAL1273 RJTT-RJNK JA659J B767-346ER

20120213_rjnk_c12ja8993

20120213_rjnk_c13ja8993

JTA031 RJNK-ROAH JA8993 B737-446

20120213_rjnk_c14ja8404

20120213_rjnk_c15ja8404

ADO89 RJNK-RJCC JA8404 B737-54K

20120213_rjnk_c16ja9802

JA9802 B206 NNK

20120213_rjnk_c17ja307k

20120213_rjnk_c18ja307k

ANA316 RJFF-RJNK JA307K B737-54K

20120213_rjnk_c19ja893f

JA893F B412 石川県防災

20120213_rjnk_c20ja659j

20120213_rjnk_c21ja659j

JAL1272 RJNK-RJTT JA659J B767-346ER

20120213_rjnk_c22ja8272

20120213_rjnk_c23ja8272

ANA754 RJNK-RJTT JA8272 B767-381

20120213_rjnk_c24ja307k

20120213_rjnk_c25ja307k

ANA315 RJNK-RJFF JA307K B737-54K

20120213_rjnk_c26hl8225

20120213_rjnk_c27hl8225

KAL775 RKSI-RJNK HL8225 B737-8Q8

20120213_rjnk_c28ja8357

20120213_rjnk_c29ja8357

ANA753 RJTT-RJNK JA8357 B767-381

20120213_rjnk_c30ja8975

20120213_rjnk_c31ja8975

JAL1275 RJTT-RJNK JA8975 B767-346

20120213_rjnk_c32ja893f

JA893F B412 石川県防災 

20120213_rjnk_c33ja03rj

20120213_rjnk_c34ja03rj

IBX17 RJAA-RJNK JA03RJ CRJ200ER

20120213_rjnk_c35ja8975

20120213_rjnk_c36ja8975

JAL1276 RJNK-RJTT JA8975 B767-346

20120213_rjnk_c37hl8225

KAL776 RJNK-RKSI HL8225 B737-8Q8

20120213_rjnk_c38ja03rj

IBX90 RJNK-RJSS JA03RJ CRJ200ER

20120213_rjnk_c39ja8357

ANA756 RJNK-RJTT JA8357 B767-381

20120213_rjnk_c40hl8225

KAL776 RJNK-RKSI HL8225 B737-8Q8

20120213_rjnk_c41ja03rj

IBX90 RJNK-RJSS JA03RJ CRJ200ER

20120213_rjnk_c42ja8357

ANA756 RJNK-RJTT JA8357 B767-381

20120213_rjnk_c43b6399

20120213_rjnk_c44b6399

CES557 ZSPD-RJNK B6399 A320-232

METAR RJNK 120400Z 19003KT 9999 -RA BKN050 BKN080 OVC100 04/M06 Q1026 RMK 5SC050 7AC080 8AS100 A3031

20120213_rjnk_c45b6399

20120213_rjnk_c46b6399

CES557 RJNK-ZSPD B6399 A320-232

20120213_rjnk_c47ja8269

20120213_rjnk_c48ja8269

JAL1279 RJTT-RJNK JA8269 B767-346

20120213_rjnk_c49ja03rj

20120213_rjnk_c50ja03rj

IBX89 RJSS-RJNK JA03RJ CRJ200ER

20120213_rjnk_c51ja8269

20120213_rjnk_c52ja8269

JAL1278 RJNK-RJTT JA8269 B767-346

METAR RKNK 130600Z 10003KT 9999 -RA SCT020 BKN050 OVC080 04/M03 Q1024 RMK 3SC020 7SC050 8AS080 A3026

20120213_rjnk_c53ja03rj

20120213_rjnk_c54ja03rj

IBX18 RJNK-RJAA JA03RJ CRJ200ER

20120213_rjnk_c55bmar

20120213_rjnk_c56bmar

20120213_rjnk_c57bmar

20120213_rjnk_c58bmar

AMU9802 VMMC-RJNK BMAR A321-111

20120213_rjnk_c59ja712a

20120213_rjnk_c60ja712a_2

ANA755 RJTT-RJNK JA712A B777-281

20120213_rjnk_c61bmar

20120213_rjnk_c62bmar

AMU9801 RJNK-VMMC BMAR A321-111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/13

回想 那覇空港 1999/12/12 sun

古いデジタルデータなので、解像度が悪く、機体番号確認に四苦八苦だ。他にも画像があるが、機体番号が確定できないものは、掲載していない。

19991212_roah_00ja8597

JTA605 ROAH-ROIG JA8597 B737-4Q3

19991212_roah_01ja8941

JAL901 RJTT-ROAH JA8941 B777-346

19991212_roah_02ja8973

RAC853 ROAH-RJKA JA8973 DHC-103Q

19991212_roah_03ja8275

ANA124 ROAH-RJFF JA8275 B767-381

19991212_roah_04b18609

CAL121 ROAH-RCTP B18609 B737-809

19991212_roah_05ja8975

JAL496 ROAH-RJNN JA8975 B767-346

19991212_roah_06ja8597

JTA002 ROAH-RJOM JA8597 B737-4Q3

19991212_roah_07ja8238

ANA301 RJNN-ROAH JA8238 B767-281

19991212_roah_08ja5282

RAC725 ROAH-RORA JA5282 BN2B-26

19991212_roah_09ja8062

JAS504 ROAH-RJBB JA8062 MD90-30

19991212_roah_10hl7515

AAR171 ROAH-RKSI HL7515 B767-38E

19991212_roah_11ja8569

ANA123 RJFF-ROAH JA8569 B767-381

19991212_roah_12hl7259

AAR??? HL7259 B737-4Y0

19991212_roah_13ja8802

JA8802 DH6-300

19991212_roah_14ja8282

JTA640 ROIG-ROAH JA8282 B737-2Q3

19991212_roah_15ja8064

JAS555 RJTT-ROAH JA8064 MD90-30

19991212_roah_16ja8569

ANA94 ROAH-RJFT JA8569 B767-381

19991212_roah_17ja8152

ANA103 RJOO-ROAH JA8152 B747-181SR

19991212_roah_18ja8369

JAS552 ROAH-RJTT JA8369 A300B4-203

19991212_roah_19ja8908

JAL904 ROAH-RJTT JA8908 B747-446D

19991212_roah_20ja8953

JTA615 ROAH-ROIG JA8953 B737-4K5

19991212_roah_21ja8266

JAA??? ROAH-RCTP JA8266 B767-346

年月の経過に伴う記憶の劣化も激しく、なかなか便名等調査しきれない。先のアシアナのB3は、釜山線だったかソウルチャーターか、はっきりしない。日本アジアもなかなか時刻表が見つからず、便名を確定できなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/12

回想 那覇空港 1999/12/11 sat

奄美空港から那覇空港まで、琉球エアコミューターのdush8で一飛び。今では、すっかりあたりまえのdush8ですが、小生は、初めての搭乗でした。

19991211_rac856_00air

快調に上昇して、すぐ雲の上に。

19991211_rac856_01roah

那覇空港到着。自衛隊エプロンにC1が見えます。

19991211_rac856_02roah_2

南側エプロンには、JASのA300。

19991211_rac856_03roah

海自のP3C群。シーサーのマークが沖縄を感じます。

19991211_roah_04sunset

東シナ海に沈む夕陽。手前のA300は、JAS556。奥のB4はJAL906。

19991211_roah_05ja8242

青組は、ANAのB62とANKのB35

19991211_roah_06ja8492

JTA627 ROAH-ROIG JA8492 B737-2Q3

デジカメの解像度が低いため、機番確認がなかなかたいへんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回想 奄美空港 1999/12/11 sat

このブログを始めてから、足掛け7年目に突入。途中、更新を中断した時期もあったが、我ながらよく続いていると思う。小生がデジカメを使い始めたのは、1999年。オリンパスのC900Zと言うコンパクトカメラで、ズームは3Xまで。単3電池駆動で小型の割りにずいぶん重いなと思っていたが、旅のおとも程度に使い始めた。それまでは、フィルムのコンパクトであった。今後、順次現在のスタイルの「回想」シリーズとして、公開していきたい。

スタートは、奄美大島。那覇航空祭に出かける途中に立ち寄ったものだ。朝早い東京からのJAS549で島入り。レンタカーを借りて島の北半分を廻った記憶がある。

19991211_rjka_00terminal

奄美空港ターミナル

19991211_rjka_01cab

CAB奄美空港出張所庁舎

19991211_rjka_02dep

鹿児島からANKが乗り入れていた。

19991211_rjka_03ja8972_2

RAC855 ROAH-RJKA JA8972 DHC8-100

ターミナルの食堂で初めて鶏飯をいただいた。

19991211_rjka_04ja8886

JAC962 RJKN-RJKA JA8886 SAAB340B-281

19991211_rjka_05ja8972

RAC856 RJKA-ROAH JA8972 DHC8-100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

定点 富山空港 2012/2/10 fri

連日の朝から出撃。撮影場所への道をラッセルして、ターゲットを待ちます。

METAR RJNT 092200Z 15004KT 100V190 9999 -SHSN FEW005 SCT025 BKN060 M01/M02 Q1021 RMK 1ST005 3CU025 7SC060 A3016

今日も、一日こんな天候に悩まされるのかと、覚悟。昨日は夕方の東京からの到着機が欠航したので、朝一のANA882は、欠航。

20120210_rjnt_00ja8670

20120210_rjnt_01ja8670

ANA881 RJTT-RJNT JA8670 B767-381

タイミングが良いと、こんなに晴れ渡る時間も。おかげで、少し雪焼けした。

20120210_rjnt_02ja8525

20120210_rjnt_03ja8525_2

JTA9851 ROAH-RJNT JA8525 B737-4Q3

METAR RJNT 100100Z 16006KT 130V190 9999 -SHSN FEW003 SCT025 BKN050 01/M02 Q1020 RMK 1ST003 3CU025 6SC050 A3013

20120210_rjnt_04ja8669

20120210_rjnt_05ja8669

折りしもエプロンで出会ったB6は、連番でした。
ANA883 RJTT-RJNT JA8669 B767-381

20120210_rjnt_06ja8670

20120210_rjnt_07ja8670

ANA884 RJNT-RJTT JA8670 B767-381

20120210_rjnt_08ja8525

20120210_rjnt_09ja8525

20120210_rjnt_10ja8525

JTA3235 RJNT-RJOB-ROYN JA8525 B737-4Q3

今回のチャーター先は、与那国。富山から一番遠い国内の就航地となる。
<修正>運行の対地が岡山でしたので、岡山で給油中継と思われます。

20120210_rjnt_11hl7788

20120210_rjnt_12hl7788

AAR128 RKSI-RJNT HL7788 A320-232

METAR RJNT 100200Z VER01KT 9999 FEW003 SCT025 BKN050 02/00 Q1019 1ST003 3CU025 6SC050 A3012

20120210_rjnt_13ja8669

20120210_rjnt_14ja8669

ANA886 RJNT-RJTT JA8669 B767-381

20120210_rjnt_15hl7788

20120210_rjnt_16hl7788

AAR128 RJNT-RKSI HL7788 A320-232

後日談 昨日動向が気になったグアムチャーターですが、結局ツアーキャンセルとなって、ユナイテッドの機体は、フェリーでグアムに帰ったようだ。ツアー客、ツアー会社も大変だが、泣き面に蜂のユナイテッド航空も、富山に来たくならないように、祈るのみです。よって、12日に予定されていた帰国便は、ありません。撮り逃した方は、残念でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

連合 富山空港 2012/2/9 thu

大雪の中、恒例の南国チャーターが実施される。統合が進んでいる旧コンチネンタル航空が、ユナイテッド航空として初めての富山飛来となる。雪の状況でフライトが心配だが、グアム出発を確認してから、出撃とした。

20120209_ual1873

METAR RJNT 082300Z 15005KT 110V190 3200 -SHSN FEW010 BKN020 M01/M03 Q1017 RMK 2CU010 6CU020 A3006

20120209_rjnt_00ja8288

20120209_rjnt_01ja8288

ANA882 RJNT-RJTT JA8288 B767-381

20120209_rjnt_02ja8670

20120209_rjnt_03ja8670

ANA884 RJNT-RJTT JA8670 B767-381

この後、UAL1873 はアプローチしたが、あえなくG/A。除雪が必要となり、中部にダイバートとなった。

20120209_rjnt_04snowrv

ハイスピードで除雪です。除雪が終わったエリアから合わせてSI測定。

20120209_rjnt_05ja8291

冬の天候は、変化が激しく、雲の切れ間になると綺麗な光線状態ともなる。

20120209_rjnt_06ja8291

ANA883 RJTT-RJNT JA8291 B767-381

20120209_rjnt_07ja8291

20120209_rjnt_08ja8291

ANA886 RJNT-RJTT JA8291 B767-381

METAR RJNT 090300Z 17006KT 0800 SHSN VV004 M00/M02 Q1018 A3007
METAR RJNT 090426Z 22010KT 2500 -SHSN FEW003 SCT008 BKN015 M00/M02 Q1018 RMK 1ST003 4CU008 6CU015 A3008

中部にダイバートしたユナイテッドは、12時50分ごろ着で、再度やってきた。但し、またしても視界不良で、ミスドアプローチ。MEDIC HOLD となったが、その間に雷鳴も聞こえた。ヤバッ。ホールド高度を上げて、後続で NOVEL HOLD 中の ADO が先にアプローチ。

20120209_rjnt_09ja8595

ADO78 RJCC-RJNT JA8595 B737-54K

三度目の正直。なんとか視程が確保されているタイミングに進入してきた。この季節、除雪と視程回復のタイミングがチョットずれるとアウトとなるので、辛い状況だ。

20120209_rjnt_10n27734

20120209_rjnt_11n27734

20120209_rjnt_12n27734

UAL1873 PGUM-RJNT N27734 B737-724
RICHH A597 TAPOP A597 KEC V52 KMC V30 OYABE

20120209_rjnt_13soli

さてさて、朝から待っているチャーターのお客様は、お昼も過ぎてイライラ模様。

20120209_rjnt_14ja8595

20120209_rjnt_15ja8595

ADO79 RJNT-RJCC JA8595 B737-54K

20120209_rjnt_16ja8291

ANA885 RJTT-RJNT JA8291 B767-381

20120209_rjnt_17n27734

悪い事は重なるもので、やはり被雷していて入念な点検が行われることに。出発は、またまた延期。いつになったら出発できるかは・・・ 未定? 自分が搭乗客だったら爆発しそう!

20120209_rjnt_18ja8291

20120209_rjnt_19ja8291

ANA888 RJNT-RJTT JA8291 B767-381

20120209_rjnt_20soli

天候調査中だった南方も大連まで来て欠航となった。小生も帰宅して除雪しないといけないので、引き上げ。その後、ユナイテッドの動向は気になっていたが、夕方NHKテレビでは、まだ5番スポットに駐機したままだったが、夜に出発できたようだ。

20120209_ual1862

whitewing681 さん撮影の動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/09

趣味的航空路誌改訂情報 2012/02/09 thu

趣味的航空路誌改訂情報 2012/02/09 thu
2月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。

○福江NDB(FU) 及び宮古島NDB(MY) の廃止に伴う改正等

○最低安全高度警報が通報される空域の改正
福岡空港

○航空路の改正
Revision of AWY:
B462, A593, V17, V28

○RNAV 経路の改正
Revision of RNAV route:
Y23, Y28, Y59, Y60, Y62

○直行経路の改正
Revision of direct route:
FUE---IKE

○直行経路の廃止
Abolishment of direct route:
FUE---DGC, FUE---AZUKI, FU---IKE, FU---OLE, FU---JB, FU---JBT,
MY---TEBEK, SJE---MY

○洋上転移経路の改正
Revision of oceanic transition route:
OTR30

○位置通報点の設定及び改正
Establishment of reporting point;
ANEGA アネガ, AVION アビオン, AZURE アズール, BEAST ビースト, BIBLO ビブロ, CECIL セシル, CREST クレスト, CURVY カービィ, DEANE ディーン, DELCA デルーカ
Revision of reporting point;
AZUKI, ESBIS, FUKUE, HISUI, IKUJI, KAZIK, GOMAR, MENMA, NANAO, NOBEL, OHANA, ONIKU, OYABE, POTET, SADEK, TEBEK, URUSI

○位置通報点の廃止
Abolishment of reporting point:
BUNNY, DRINK, IMARI

○成田国際空港におけるRWY34L MM の廃止

○成田国際空港におけるRWY34L MM 廃止に伴う計器進入方式の改正
ILS RWY34L
LOC RWY34L

○東京国際空港における誘導路等の廃止
H3, NR45, NR46

○東京国際空港における計器進入方式の設定等
ILS Y RWY34L
ILS Y RWY34R(CAT Ⅱ )
LDA Z RWY22
Establishment → LDA X RWY22
ILS Z RWY23
LDA Z RWY23
Establishment → LDA X RWY23
BACAN ARRIVAL
DATUM ARRIVAL

○福江空港における福江NDB(FU) 廃止に伴う方式の改正等
AD CHART
NAGASAKI THREE DEPARTURE → NAGASAKI FOUR DEPARTURE
IKI FOUR DEPARTURE → IKI FOUR DEPARTURE
FUKUE REVERSAL TWO DEPARTURE → FUKUE REVERSAL THREE DEPARTURE
LOC RWY 03
LOC RWY 21
VOR RWY 21
LDG CHART

○鹿児島空港における簡易式進入灯の改正等

○宮古空港における宮古島NDB(MY) 廃止に伴う記載変更
AD CHART
Lost COM Procedures

○宮古空港における宮古島NDB(MY) 廃止に伴う飛行の方式の改正等
ADF/ILS RWY22 → Abolishment
ADF RWY04 → Abolishment
NAHA THREE DEPARTURE → NAHA FOUR DEPARTURE
NAHA ARC FOUR DEPARTURE → NAHA ARC FIVE DEPARTURE
ISHIGAKI TWO DEPARTURE → ISHIGAKI THREE DEPARTURE

○大分空港における滑走路等の舗装強度の変更等

○下地島空港における宮古島NDB(MY) 廃止に伴う記載変更
Lost COM Procedures

○下地島空港における宮古島NDB(MY) 廃止に伴う飛行の方式の改正等
ILS or LOC Z RWY17
ILS or LOC Y RWY17
ILS Z or LOC Z RWY35
ILS Y or LOC Y RWY35
VOR RWY17
VOR RWY35
TORII ARC FOUR DEPARTURE → TORII ARC FIVE DEPARTURE
TORII THREE DEPARTURE → TORII FOUR DEPARTURE

○富山空港における飛行の方式の改正等
LOC Z RWY20
LOC Y RWY20
RNAV(GNSS)RWY20
VOR A
OHANA ARRIVAL
TOYAMA ARRIVAL
OYABE ARRIVAL
IKUJI FOUR DEPARTURE → IKUJI FIVE DEPARTURE
HISUI TRANSITION
URUSI REVERSAL THREE DEPARTURE → URUSI REVERSAL FOUR DEPARTURE
TOYAMA REVERSAL SEVEN DEPARTURE → TOYAMA REVERSAL EIGHT DEPARTURE

○航空固定業務に係る変更
北海道支庁組織変更に伴う管轄区域
ロシアハバロフスクFIR統合に伴う国際通信回線の廃止

○飛行計画の提出手続きに関する変更
(p)その他

○コリドーラインの修正
AKARA-FUKUE CORRIDOR

○浜松DME(LHD) の制限事項の追加

○関西国際空港における除雪区域の改正

○松山空港におけるRVR の位置の記載

○女満別空港における滑走路強度等の変更

○紋別空港における滑走路強度等の変更

○中標津空港における滑走路強度等の変更

○新潟空港における通信途絶時の飛行方式の改正

○奥尻空港における滑走路強度等の変更

○利尻空港における滑走路強度等の変更

○山口宇部空港におけるRADIO 庁舎の移設

□銚子VORTAC(CVC)機器更新により運用停止 2011.7.28から 2012.4.5まで
 代替に仮設猿田VOR/DEM(SAE)が運用される

□富山VOR/DME(TOE)機器更新により運用停止 2011.11.17から 2012.2.8まで
 代替に仮設神通VOR/DEM(JNE)が運用される

□宮津VOR/DME(YME)機器更新により運用停止 2011.12.15から 2012.6.28まで
 代替に仮設織部VOR/DEM(OME)が運用される

■NDB廃止
 館山NDB(PQ)2012.4.5
 熊谷NDB(AY)2012.4.5
 大宮NDB(MI)2012.4.5
 荏田NDB(RB)2012.4.5
 名古屋NDB(KC)2012.4.5
 鹿児島NDB(HK)2012.4.5
 永良部NDB(ON)2012.4.5
 沖縄NDB(OK)2012.4.5
 南大東NDB(MD)2012.4.5
  福江NDB(FU)2012.2.9
 宮古島NDB(MY)2012.2.9

■VOR廃止(DME化)
那須VOR/DME(NZE)->那須DEM(NZD)2012.4.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

露軍襲来 2012/2/8 wed

統合幕僚監部発表

 ロシア空軍が大挙、日本近郊にやってきた。

 2月8日「ロシア機の日本海及び太平洋における飛行について」

 として発表されている。

 今回は、先のオホーツク海での演習に登場した、A-50 AWACS が 日本海にとどまり、長距離のTU-95が日本列島北半分を周回、SU-24が侵攻を模した飛行を行っている。

A-50は、隠岐先の日本海に滞空しているので、当然韓国空軍の追跡もうけているだろう。またSU-24の航跡先は、横須賀と三沢のように見える。まさかではの想定ではあるが、戦術核で米軍基地を攻撃するぞとのサインのようにも見える。

小生は、昨日あまり耳を立てていなかったので、訓練が少ないなとは思っていたが、入間からなにやらバンバン飛んできたので、なにか演習でもあるのかとも、思っていた。

統合幕僚監部発表-> p20120208.pdf をダウンロード

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »