« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/28

趣味的航空路誌改訂情報 2012/06/28 thu

趣味的航空路誌改訂情報 2012/06/28 thu
6月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。

○航空路の改正
Revision of AWY:
V59

○直行経路の改正
Rvision of direct route:
YME-CUE, YME-TRE, YME-THE
SJE-DIANA-ANNIE

○位置通報点の改正
Establishment of reporting point;
AYAGU アヤグ ,CHIMI チミ ,MIJIL ミージル ,PINZA ピンザ ,YOJIL ヨージル
Revision of reporting point;
AGARI ,CHILY ,CLOVE ,HOTAL ,INABA ,KOCHO ,KRAMA ,MIHO ,MIYAZU ,NAKTU ,OGAKI ,OTSU ,PEPAR ,SABAE ,SAKYU ,SAMON ,SENJO ,SENKO ,SPIDR ,TAMBA ,TOHGO ,TOJYO ,TOZAN
ANNIE ,BETTY ,DIANA ,TORII ,

○広島空港における転移経路の改正
MIYAZU TRANSITION
OTSU TRANSITION

○出雲空港における転移経路の改正
MIYAZU TRANSITION

○美保飛行場における転移経路の改正
MIYAZU TRANSITION

○成田国際空港における誘導路中心線標識の追加等

○岡山空港における飛行の方式の改正等
MIYAZU TWO DEPARTURE → MIYAZU THREE DEPARTURE
OTSU FIVE DEPARTURE → OTSU SIX DEPARTURE
WASYU TWO DEPARTURE
KIBI REVERSAL FOUR DEPARTURE
OKAYAMA TWO DEPARTURE
CHIZU TRANSITION

○但馬飛行場における標準計器出発方式の改正等
MIYAZU ONE DEPARTURE
TAJIMA REVERSAL ONE DEPARTURE

○東京国際空港における誘導路Q の一部廃止等

○東京国際空港におけるHF 対空通信施設(10048KHz) の廃止

○出雲空港における計器進入方式の改正
RNAV(GNSS)RWY07

○下地島空港における飛行の方式の設定等
TAKE OFF MINIMA
ANNIE THREE DEPARTURE → ANNIE FOUR DEPARTURE
TORII ARC FIVE DEPARTURE → TORII ARC SIX DEPARTURE
BETTY THREE DEPARTURE → BETTY FOUR DEPARTURE
TORII FOUR DEPARTURE → TORII FIVE DEPARTURE
MIYAKOJIMA ONE DEPARTURE → MIYAKOJIMA TWO DEPARTURE
Establishment → ANNIE ARRIVAL
Establishment → BETTY ARRIVAL
ILS Z or LOC Z RWY17
ILS Y or LOC Y RWY17
ILS Z or LOC Z RWY35
ILS Y or LOC Y RWY35
VOR RWY17
VOR RWY35
VOR A → Abolishment
HOLDING PATTERN → Abolishment

○静岡空港における目視位置通報点の改正等
新東名ブリッジ Shin Tomei Bridge

○与論空港における計器進入方式の改正
RNAV(GNSS)RWY14
RNAV(GNSS)RWY32

○運航者略号の変更
HIJ ディーエイチシー

【7/1から有効】
○関西国際空港における管理者の変更
新関西国際空港株式会社

○大阪国際空港における管理者の変更
新関西国際空港株式会社

□宮津VOR/DME(YME)機器更新終了により運用再開 2012.6.28

■今期中の施設廃止予定
長沼NDB
守谷VOR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/26

分屯基地から 新潟空港 2012/6/10 sun

新潟分屯基地の創隊記念行事の際、基地エプロンから撮った民航機。

20120610_rjsn_a00ja357k

20120610_rjsn_a01ja357k

ANA516 RJSN-RJOO JA357K B737-5L9

20120610_rjsn_a02ja850a

ANA1810 RJSN-RJNA JA850A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a03ja05fj

FDA371 RJNA-RJSN JA06FJ ERJ175-STD

20120610_rjsn_a04ja843a

ANA1657 RJOO-RJSN JA843A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a05ja211j

JAL2241 RJOO-RJSN JA211J ERJ170-STD

20120610_rjsn_a06ja211j

JAL2240 RJSN-RJOO JA211J ERJ170-STD

20120610_rjsn_a07ja843a

20120610_rjsn_a08ja843a

ANA1658 RJSN-RJOO JA843A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a09ja05fj

FDA502 RJSN-RJFF JA06FJ ERJ175-STD

20120610_rjsn_a10ja302k_2

ANA321 RJFF-RJSN JA302K B737-54K

20120610_rjsn_a11ja05fj

FDA502 RJSN-RJFF JA06FJ ERJ175-STD

20120610_rjsn_a12hl8211

20120610_rjsn_a13hl8211_2

KAL764 RJSN-RKSI HL8211 A330-223

20120610_rjsn_a14ja305k

ADO80 RJCC-RJSN JA305K B737-54K

20120610_rjsn_a15ja302k

ANA322 RJSN-RJFF JA302K B737-54K

20120610_rjsn_a16ja80ct

NJA102 RJSN-RJSD JA80CT BN-2B

20120610_rjsn_a17ja305k

ADO81 RJSN-RJCC JA305K B737-54K

20120610_rjsn_a18ja850a

ANA1811 RJGG-RJSN JA850A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a19ja305k

ADO81 RJSN-RJCC JA305K B737-54K

20120610_rjsn_a20ja357k

ANA513 RJOO-RJSN JA357K B737-5L9

20120610_rjsn_a21ja850a

ANA1660 RJSN-RJOO JA850A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a22b6680

CSN615 ZYHB-RJSN B-6680 A320-232

20120610_rjsn_a23ja850a

ANA1660 RJSN-RJOO JA850A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a24ja357a

ANA765 RJSN-RJCC JA357A B737-5L9

20120610_rjsn_a25ja843a

ANA1659 RJOO-RJSN JA843A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a26b6680

CSN616 RJSN-ZYHB B-6680 A320-232

20120610_rjsn_a27ja843a

ANA1659 RJSN-RJOO JA843A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a28ja02fj

20120610_rjsn_a29ja02fj

FDA373 RJNA-RJSN JA02FJ ERJ170-STD

20120610_rjsn_a30ja02fj

FDA374 RJSN-RJNA JA02FJ ERJ170-STD

20120610_rjsn_a31ja80ct

NJA104 RJSD-RJSN JA80CT BN-2B

20120610_rjsn_a32ja220j

20120610_rjsn_a33ja220j

JAL2243 RJOO-RJSN JA220J ERJ170-STD

20120610_rjsn_a34ja846a

ANA1661 RJOO-RJSN JA846A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a35ja80ct

NJA105 RJSN-RJSD JA80CT BN-2B

20120610_rjsn_a36ja858a

20120610_rjsn_a37ja858a

ANA1858 RJCC-RJSN JA858A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a38ja220j

JAL2244 RJSN-RJOO JA220J E170-STD

20120610_rjsn_a39ja846a

ANA1662 RJSN-RJOO JA846A DH-8-402Q

20120610_rjsn_a40ja3978

JA3978 PA-46-310P

20120610_rjsn_a41ja8504

ADO82 RJCC-RJSN JA8504 B737-54K

20120610_rjsn_a42ja858a

ANA3240 RJSN-RJAA JA858A DH-8-402Q

6/16 YOKOSUKA
6/12 KOMATSU
6/10 NIIGATA
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

見上げる昼休み 成田近郊 2012/6/24 sun

成田空港近郊の某所。今日は、南風。お昼の休憩中に、成田に進入する機体を眺めていたが、とうとう禁断を破ってカメラを向けてしまう。30分少々だが、楽しい時間でした。但し、さすがにラジオは、聞いていないので、後から情報を追加した。

RJAA 240330Z 09006KT 060V130 9999 FEW020 BKN/// 23/17 Q1009 NOSIG RMK 1CU020 A2981

20120624_narita_00n856fd

FDX157 PANC-RJAA N856FD B777-FS2

20120624_narita_01dal

DAL208 RKSI-RJAA N????? B767-3??

20120624_narita_02a6eyk

ETD878 OMAA-RJAA A6-EYK A330-243
今日の一枚は、これ。かなりオーバーシュートして16Lに向かう。この位置は、16Rのコース。これから90度左に振ってアラインした。

20120624_narita_03b6358

CSZ9265 ZSFZ-RJAA B-6358 A320-214

20120624_narita_04jin_2

ABL112 RKPK-RJAA HL???? A320-

20120624_narita_05n664us

DAL172 RPLL-RJAA N664US B747-451

20120624_narita_06n804nw

DAL296 ZSPD-RJAA N804NW A330-323X

20120624_narita_07ja303j

JAL860 ZBAA-RJAA JA303J B737-846

20120624_narita_08n172dz

DAL618 ZBAA-RJAA N172DZ B767-332ER

20120624_narita_09ja626a

ANA1084 RCTP-RJAA JA626A B767-381ER

20120624_narita_10b6100_2

CES523 ZSPD-RJAA B-6100 A330-343E

20120624_narita_11b16309_2

EVA2198 RCTP-RJAA B-16309 A330-203

20120624_narita_12ja616a

ANA956 ZBAA-RJAA JA616A B767-381ER

20120624_narita_13jal

JAL812 RCKH-RJAA JA???? B767-346

20120624_narita_14n792an

AAL175 KDFW-RJAA N792AN B777-223ER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/22

祝創隊50周年 空自新潟分屯基地 2012/6/10 sun

新潟空港に隣接する航空自衛隊新潟分屯基地。節目の50周年となった。10年前の40周年時は、バートルにMU2だったのが、60に125の現在の体系となっている。

20120610_rjsn_00niigatasb

20120610_rjsn_01h684564

駐屯地は誘導路に隣接。民航機とのランデブーも楽しみ。民航機は、別編として編集します。

20120610_rjsn_02u223019

8時開場で、ほどなく航過飛行の準備が始まった。

20120610_rjsn_03h684564

入間から来ているチヌークもエンジンスタート。

20120610_rjsn_04h684564

記念塗装のUH60が出発。

20120610_rjsn_05h174500

チヌークも出発して、離陸ポジションへ。

20120610_rjsn_06u223019

U125も記念塗装機です。

20120610_rjsn_07h684564

UH-60J 68-4564 NIIGATA-ARS

20120610_rjsn_08h174500

CH-47J(LR) 17-4500 IRUMA-HT

20120610_rjsn_09u223019

U-125A 22-3019 NIIGATA-ARS

20120610_rjsn_10h684564

20120610_rjsn_11h174500

20120610_rjsn_12u223019

民航機の間をぬって、順に航過。

20120610_rjsn_13u223019

20120610_rjsn_14h174500

20120610_rjsn_15h684564

20120610_rjsn_16niigataars

格納庫の中では、装備品等の展示。

20120610_rjsn_17h684583

20120610_rjsn_18h684583

格納庫内のもう一機 UH-60J 68-4583 NIIGATA-ARS

20120610_rjsn_19t565924

外来は練習機 T-7 56-5924 11FTW

20120610_rjsn_20t415054

T-400 41-5054 41FTS

20120610_rjsn_21c621153

YS-11P 62-1153 403SQ

20120610_rjsn_22t565924

航過飛行が終了して、場面転換。

20120610_rjsn_23t565924

20120610_rjsn_24h684564

引き続いて、午前の救難展示の準備。

20120610_rjsn_25u223019

20120610_rjsn_26h684564

20120610_rjsn_27h684564

20120610_rjsn_28h684564

20120610_rjsn_29h684564

20120610_rjsn_30u223019

20120610_rjsn_31h684564

20120610_rjsn_32h684564

20120610_rjsn_33u223019_2

20120610_rjsn_34h684564

20120610_rjsn_35u223019

飛行展示は、この2機のみ。午前中に予定されていたF-2の飛行は、天候不良で中止となった。

20120610_rjsn_36sl

花電車も、機体の記念塗装とおそろいの旧頸城鉄道の蒸気ようです。

20120610_rjsn_37u223019

20120610_rjsn_38u223019

20120610_rjsn_39u223019

U-125A 22-3019 NIIGATA-ARS

20120610_rjsn_40h684564

20120610_rjsn_41h684564_2

20120610_rjsn_42h684564

20120610_rjsn_43h684564

UH-60J 68-4564 NIIGATA-ARS

20120610_rjsn_44h174500

CH-47J(LR) 17-4500 IRUMA-HT

20120610_rjsn_45c621153

20120610_rjsn_46c621153

YS-11P 62-1153 403SQ

20120610_rjsn_47h684564_2

20120610_rjsn_48h684564

20120610_rjsn_49h684564

20120610_rjsn_50h684564

20120610_rjsn_51h684564

20120610_rjsn_52h684564

20120610_rjsn_53h684564

20120610_rjsn_54u223019

20120610_rjsn_55h684564

20120610_rjsn_56h684564

20120610_rjsn_57u223019_2

20120610_rjsn_58u223019

午後の救難展示は、青空が広がってRW28に変わった。
画像を絞っていないので、少々グダグタとなっているが許。

20120610_rjsn_59t565924

主な展示は終了して、早くも撤収開始。T-7は格納庫に移動で、明日の帰還か。

20120610_rjsn_60c621153

美保組は当日帰投の予定ですが、出発を待てずに小生が先に帰還です。

20120610_rjsn_61gate

20120610_rjsn_62gate

ゲート横の壁も先週には綺麗ににリペイントされていました。

20120610_rjsn_63niigatasb

青空が広がり、西陽が眩しい、厚い。

次は、基地から撮影した民航編

6/16 YOKOSUKA
6/12 KOMATSU
6/10 NIIGATA 1/2
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/20

定点 小松飛行場 2012/6/12 tue

最後に民航編

20120612_rjnk_00ja8938

朝は、JTAの移動から始まる。
JA8938 #4->#5 B737-4Q3

20120612_rjnk_01ja712a

20120612_rjnk_02ja712a

20120612_rjnk_03ja712a

ANA752 RJNK-RJTT JA712A B777-281

20120612_rjnk_04ja8268

20120612_rjnk_05ja8268

JAL1270 RJNK-RJTT JA8268 B767-346

20120612_rjnk_06ja300k

JA300K #3->#7 B737-54K

20120612_rjnk_07ja03rj

20120612_rjnk_08ja03rj

IBX16 RJNK-RJAA JA03RJ CRJ-200ER

20120612_rjnk_09ja8256

ANA751 RJTT-RJNK JA8256 B767-381

20120612_rjnk_10ja8986

JAL1273 RJTT-RJNK JA8986 B767-346

20120612_rjnk_11ja8938

JTA031 RJNK-ROAH JA8938 B737-4Q3

20120612_rjnk_12ja300k

ADO89 RJNK-RJCC JA300K B737-54K

20120612_rjnk_13ja8938

JTA031 RJNK-ROAH JA8938 B737-4Q3

20120612_rjnk_14ja300k

ADO89 RJNK-RJCC JA300K B737-54K

20120612_rjnk_15ja8392

20120612_rjnk_16ja8392

ANA316 RJFF-RJNK JA8392 A320-211

20120612_rjnk_17ja8986

20120612_rjnk_18ja8986

JAL1272 RJNK-RJTT JA8986 B767-346

20120612_rjnk_19ja8256

ANA754 RJNK-RJTT JA8256 B767-381

20120612_rjnk_20ja8392

20120612_rjnk_21ja8392_2

ANA315 RJNK-RJFF JA8392 A320-211

20120612_rjnk_22ja712a

20120612_rjnk_23ja712a

始発便がそのまま折り返してきた。
ANA753 RJTT-RJNK JA712A B777-281

20120612_rjnk_24ja8268

赤組も青組同様
JAL1275 RJTT-RJNK JA8268 B767-346

20120612_rjnk_25ja02rj

IBX17 RJAA-RJNK JA02RJ CRJ-200ER

20120612_rjnk_26ja712a

20120612_rjnk_27ja712a

ANA756 RJNK-RJTT JA712A B777-281

20120612_rjnk_28ja8268

JAL1276 RJNK-RJTT JA8268 B767-346

20120612_rjnk_29ja02rj

IBX90 RJNK-RJSS JA02RJ CRJ-200ER

20120612_rjnk_30ja8988

JAL1279 RJTT-RJNK JA8988 B767-346

20120612_rjnk_31ja02rj

IBX89 RJSS-RJNK JA02RJ CRJ-200ER

20120612_rjnk_32ja8988

20120612_rjnk_33ja8988

20120612_rjnk_34ja8988

JAL1278 RJNK-RJTT JA8988 B767-346

20120612_rjnk_35ja02rj

IBX18 RJNK-RJAA JA02RJ CRJ-200ER

6/16 YOKOSUKA
6/12 KOMATSU
6/10 NIIGATA
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/19

定点F2 小松飛行場 2012/6/12 tue

日が空いてしまいましたが、6/12小松の午後の部です。

METAR RJNK 120300Z VRB02KT 9999 FEW030 BKN060 BKN100 22/15 Q1002 RMK 1CU030 5SC060 7AC100 A2959

20120612_rjnk_50f428950

F-15J 42-8950 303SQ M01

20120612_rjnk_51f428946

F-15J 42-8946 303SQ M02

20120612_rjnk_52f528956

F-15J 52-8956 303SQ M03

20120612_rjnk_53u723006

名古屋にお帰り。
U-125A 72-3006 TRANING-SQ A06

20120612_rjnk_54t065632

T-4 06-5632 303SQ M56

20120612_rjnk_55t565740

帰りは、一人搭乗。コールも違っていた。
T-4 56-5740 501SQ Q55

20120612_rjnk_56t065632_2

T-4 06-5632 303SQ M56

20120612_rjnk_57f428950

F-15J 42-8950 303SQ M01

20120612_rjnk_58f428946

F-15J 42-8946 303SQ M02

20120612_rjnk_59f528956

F-15J 52-8956 303SQ M03

20120612_rjnk_60h084591_2

UH-60J 08-4591 KOMATSU-ARS H91

20120612_rjnk_61u823007

U-125A 82-3007 KOMATSU-ARS A07

20120612_rjnk_62f528854

F-15J 52-8854 306SQ JE

20120612_rjnk_63f928910

F-15J 92-8910 306SQ J21

20120612_rjnk_64f728962

F-15J 72-8962 306SQ J22

20120612_rjnk_65c130

今日もクロカンのC130が直上通過で名古屋に向かう。
C-130H ?????? 401SQ CD

20120612_rjnk_66f328819

F-15J 32-8819 306SQ J23

20120612_rjnk_67f928913

F-15J 92-8913 306SQ J24

20120612_rjnk_68u965776_2

入間にお帰り。2櫻は後席に。
T-4 96-5776 HQ BD

20120612_rjnk_69h084591

UH-60J 08-4591 KOMATSU-ARS H91

20120612_rjnk_70f928910

20120612_rjnk_71f728962

綺麗な編隊着陸で、帰投。
F-15J 92-8910/72-8962 306SQ J21/J22

20120612_rjnk_72f528854

F-15J 52-8854 306SQ JE

20120612_rjnk_73f328819

F-15J 32-8819 306SQ J23 T/G

20120612_rjnk_74f928913_2

F-15J 92-8913 306SQ J24 T/G

20120612_rjnk_75u823007

U-125A 82-3007 KOMATSU-ARS A07

20120612_rjnk_76f928913

F-15J 92-8913 306SQ J24

20120612_rjnk_77f328819

F-15J 32-8819 306SQ J23

20120612_rjnk_78t165661

T-4 16-5661 306SQ J73

この日は、蟻はもう飛びそうにないので、15時で打ち止め。

民航編につづく・・・

6/16 YOKOSUKA
6/12 KOMATSU 1/3
6/10 NIIGATA
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/18

日米親善ベース歴史ツアー 米海軍横須賀基地 2012/6/16 sat

-- Yokosuka Naval Base Historical Tour --

米海軍横須賀基地・横須賀市観光協会主催のベースツアーに、運良く当選し、雨降る中、2週連続で横須賀へ行ってまいりました。

20120616_yokosuka_38yokosukast

集合は9時、JR横須賀駅。小生の滞在地からは、始発で出かける距離。

20120616_yokosuka_00ddg182

早目出場で、横監を覘くと、東京港晴海での日米合同親善寄港に参加するDDH182「いせ」が停泊中。

20120616_yokosuka_01yt805

8時過ぎに米軍のタグが出動。カウンターパートとなるブルーリッジは、公園からは確認できなかったが、その出航作業と思われる。

20120616_yokosuka_02ddg182

小生の組は、9時前にスタート。折りしも「いせ」の出航作業が始まった。ずっと見ていたいが、ツアー組として行動す。

20120616_yokosuka_03usnj

米海軍基地前で、基地司令官代理から歓迎のメッセージを受ける。随伴は基地広報の方。

20120616_yokosuka_04usnj

ゲートを入ってすぐのところに、「関東大震災の碑」がある。今までも基地公開で、何度も見てはいたが、東日本大震災後には、昔からの先人の意思をあらためて考えることとなった。

20120616_yokosuka_05usnj

下士官クラブ 

20120616_yokosuka_06usnj

20120616_yokosuka_11usnj_2

ここは横須賀基地の発祥の地。横須賀製鉄所・工廠庁舎沿革の碑。

20120616_yokosuka_07usnj

傍ら、9.11慰霊の碑もあった。

20120616_yokosuka_08usnj

泊船庵の碑

20120616_yokosuka_09usnj

いよいよドック地区です。ここからは、ドライドックめぐり。

20120616_yokosuka_10usnj

一番最初に建設された「第1号ドライドック」明治維新を越えて、慶応時代に着工、明治4年に竣工して、現在も利用されている。

20120616_yokosuka_12usnj

20120616_yokosuka_13usnj

20120616_yokosuka_14ddg174

基地内では、いくつか制約があるので、艦船の写真は、対岸の自衛艦のみとした。

20120616_yokosuka_15usnj

第2号ドック

20120616_yokosuka_16usnj

20120616_yokosuka_17usnj

米軍の作業艇には、こんな表示も。

20120616_yokosuka_19usnj

20120616_yokosuka_20usnj

20120616_yokosuka_18usnj_2

20120616_yokosuka_21usnj

第3号ドック

20120616_yokosuka_22usnj

5号ドックの写真は、ありません。
なぜならば、修理中の米艦艇があるからです。艦様からDDGと思われ、丁度古い塗装を落としているところのようでした。
ドックが大きすぎて、いつも大きいと感じている艦艇が、おもちゃのようでした。

ここから、どこまで撮影していいか不安なので、自己規制で、写真はとっておりません。
ただ、8号バースに転籍したと思っていた CG62「チャンセラーズ・ビル」がいた。
いつも7号バースに停泊する「ブルー・リッジ」は晴海にお出かけ中。
潜水艦桟橋には、先日入港したばかりのオハイオ級原子力潜水艦SSGN727「ミシガン」も具間見ることができた。当然、GWは作戦で不在です。

20120616_yokosuka_23usnj

西岸のグリーンビーチ側に出て、お昼となりました。フードコートで各自アメリカンフーズを楽しみます。対岸は三笠公園。

20120616_yokosuka_24usnj

雨でも猿島観光の船は、出港。背後に見えるは、小原台の防衛大学校。

20120616_yokosuka_25usnj

午後は、案内の米兵さんへの質問コーナーから始まって、将校クラブ-海軍病院とまわる。

20120616_yokosuka_26usnj

20120616_yokosuka_27usnj

ベースの車は、ニッサンが多いのだが、海軍病院は、ほとんどがトヨタ。

20120616_yokosuka_28usnj

皇后陛下行啓の碑(昭和皇后)

20120616_yokosuka_29usnj

司令部前に戻ってきました。

20120616_yokosuka_30usnj

第7潜水艦群司令部

20120616_yokosuka_32usnj

20120616_yokosuka_33usnj

20120616_yokosuka_34usnj

史跡的には、横須賀鎮守府跡

20120616_yokosuka_35usnj

20120616_yokosuka_36usnj

司令部前の坂下に最後の見学ポイントである、基地内労働者感謝の碑があって、そこで解散となりました。

20120616_yokosuka_37ddg174

帰りにヴェルニー公園を通ると、「いせ」の姿はなし。
小生は、いせ参りに晴海へ向かったのでした。

基地公開時には、人の多さと艦艇見学に血眼で、ゆっくり見ることもしなかったのですが、雨の休日の基地を体感でき、たいへん有意義でした。
ボランティアガイドを初め関係者の皆さんに、感謝申し上げます。

6/16 YOKOSUKA
6/12 KOMATSU 2/3
6/10 NIIGATA
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/16

雨の埠頭 東京港晴海埠頭 2012/6/16 sat

日米合同親善寄港として、東京港晴海埠頭に米海軍指揮統制艦「ブルーリッジ」(LCC-19)と海自護衛艦「いせ」(DDH-182)が入港した。

横須賀から帰還の途中に立ち寄ってみたが、丁度日米共同記者会見の時間と重なり、厳重な警備で、近くで拝むことはできなかった。

20120616_harumi_00lcc19

晴海埠頭では、雨の中コスプレの撮影会が実施されていた。

20120616_harumi_01lcc19

フェンス越の撮影のブルーリッジ。小生にとっては、10年ぶりくらいの再会である。

20120616_harumi_02lcc19

20120616_harumi_03lcc19

艦首には、米海軍国籍旗がたなびいている。記憶によれば、青地に星がいっぱいの旗と思っていたのだが、「Don't tread on me」となっている。いつから??

20120616_harumi_04lcc19

20120616_harumi_05lcc19

当方のホストシップは、DDH182「いせ」

20120616_harumi_10ddh182

20120616_harumi_11ddh182

20120616_harumi_12ddh182

20120616_harumi_13ddh182

20120616_harumi_14ddh182

20120616_harumi_15ddh182

20120616_harumi_16ddh182

20120616_harumi_17ddh182

20120616_harumi_18ddh182

なお、明日17日お昼から両艦の一般公開が予定されている。たいへんな人出が予想されますね。しかして、小生はなぜ横須賀に・・

6/16 YOKOSUKA
6/12 KOMATSU 2/3
6/10 NIIGATA
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/15

定点F1 小松飛行場 2012/6/12 tue

なにやら、羽蟻の音がしたので、疲れた身体に鞭打って小松までお出かけ。7時には牛の鳴く音が聞こえたが、フライトは8時過ぎから・・ まったりの半日をまず前編から

METAR RJNK 112200Z 10003KT 9999 FEW060 SCT120 BKN140 19/16 Q1003 RMK 1SC060 3AC120 7AC140 A2964

20120612_rjnk_00t165661

1st は306SQ
T-4 16-5661 306SQ J83

20120612_rjnk_01f328819

続いて4機のフライト
F-15J 32-8819 306SQ J21

20120612_rjnk_02f928910

F-15J 92-8910 306SQ J22

20120612_rjnk_03f928913

F-15J 92-8913 306SQ J23

20120612_rjnk_04f728962

F-15J 72-8962 306SQ J24

お目当ての羽蟻は、このフライトの前に龍さんちの庭に出てきた。

20120612_rjnk_05t165661

丁度1時間で帰還
T-4 16-5661 306SQ J83

20120612_rjnk_06fkb_2

F15も帰ってきましたが、いつもと違う飛び方をしています。どうも、基地防空隊の仮想敵機として、基地攻撃を模してフライトしている模様。

20120612_rjnk_07f928913

F-15J 92-8913 306SQ J23

20120612_rjnk_08f328819

F-15J 32-8819 306SQ J21

20120612_rjnk_09f928910

F-15J 92-8910 306SQ J22

20120612_rjnk_10f728962

F-15J 72-8962 306SQ J24

20120612_rjnk_11t565740

最初のお客さんは、きつつき
T-4 56-5740 501SQ Q62

20120612_rjnk_12u723006

こちらは、名古屋から
U-125A 72-3006 TRANING-SQ A06

20120612_rjnk_13f328081

どうにも蟻のいい絵が撮れなくて、これでゴメンチャイ
フライトのなかった手前
F-15DJ 32-8081 AGR

20120612_rjnk_14f528089

ようやく庭から空へ
F-15DJ 52-8089 AGR E15 / F15J 92-8910 AGR E16

20120612_rjnk_15f528099

F-15DJ 52-8089 AGR E15

20120612_rjnk_16f928912

F-15J 92-8912 AGR E16

20120612_rjnk_17f428950

随伴は303SQから3本タンクが2機
F-15J 42-8950 303SQ E17

20120612_rjnk_18f528956

F-15J 52-8956 303SQ E18

20120612_rjnk_19t715059

ワンタイムT/G
T-400 71-5059 41FTS R59

20120612_rjnk_20h084591

小松救難隊もペアで訓練へ
UH-60J 08-4591 KOMATSU-ARS H91 / U-125A 82-3007 KOMATSU-ARS A07

20120612_rjnk_21t065632

羽蟻編隊に続いて離陸したT4は周辺で飛行訓練
T-4 06-5632 303SQ M71

20120612_rjnk_22f965776

入間からおえらいさんの到着。前席前に櫻2つ
T-4 96-5776 HQ 坂東よん

20120612_rjnk_23t165661

306SQのT4はクロカンの模様。昨日は、いろんなところからクロカンに飛んでいた。
T-4 16-5661 306SQ J76

20120612_rjnk_24f528089

F-15DJ 52-8089 AGR E15

20120612_rjnk_25f928912

F-15J 92-8912 AGR E16

20120612_rjnk_26f428950

F-15J 42-8950 303SQ E17

20120612_rjnk_27f528956

F-15J 52-8956 303SQ E18

20120612_rjnk_28f928910

306SQ 2ndは編隊離陸から
F-15J 92-8910/72-8962 306SQ J21/J22

20120612_rjnk_29f328819

F-15J 32-8819 306SQ J23

20120612_rjnk_30f928913

F-15J 92-8913 306SQ J24

20120612_rjnk_31t165661

T-4 16-5661 306SQ J76

20120612_rjnk_32fkb

帰ってきた機体は、1stと同様に基地攻撃のフライトか

20120612_rjnk_33f328819

F-15J 32-8819 306SQ J23

20120612_rjnk_34f928913

背後に基地防空隊の短SAMが見える
F-15J 92-8913 306SQ J24

20120612_rjnk_35fj212

20120612_rjnk_36f928910

F-15J 92-8910 306SQ J21

20120612_rjnk_37f728962

F-15J 72-8962 306SQ J22

20120612_rjnk_38u823007

U-125A 82-3007 KOMATSU-ARS A07

20120612_rjnk_39h084591

UH-60J 080-4591 KOMATSU-ARS H91

午前は、これでおわり。
アラスカに出かけているせいか、なんか寂しい小松です。

METAR RJNK 120300Z VRB02KT 9999 FEW030 BKN060 BKN100 22/15 Q1002 RMK 1CU030 5SC060 7AC100 A2959

後編につづく・・・

しばらくブログを更新できていないのですが、出撃は続けている。後方業務がおろそかになると、いずれ玉砕に向かうので、ここに宣言して、更新を促進したい。

6/10 NIIGATA
6/9 YOKOSUKA
6/8 NARITA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/11

趣味的航空路誌改訂情報 2012/05/31 thu

趣味的航空路誌改訂情報 2012/05/31 thu
5月の航空路誌改訂から、めぼしいものをピックアップ。これはあくまでも小生が趣味的にメモとして記録しているものです。

○関西進入管制区と高松進入管制区の統合に伴う改正等
高松進入管制区,高松TCA,高松ターミナル管制所が廃止され、関西進入管制区、関西TCA、関西ターミナル管制所に統合される。

○直行経路の設定
Establishment of direct route:
KEC-JOSIN, NKE-JOSIN, TSC-JOSIN, TS-JOSIN

○位置通報点の設定及び改正
Establishment of reporting point;
HATIS ハティス ,JOSIN ジョーシン ,KMANO クマノ ,SIJIL シジル
Revision of reporting point;
HONMA

○花巻空港における誘導案内灯の設置等

○新千歳空港における局地交通諸規則の改正
4. A380-800 及びB747-8 に係る運用等について

○新田原飛行場における滑走路強度の改正等

○新田原飛行場における通信途絶時の飛行方式の改正

○新田原飛行場における計器進入方式の改正
TACAN NR1 RWY28
TACAN NR2 RWY28
TACAN NR.1 ILS RWY28
TACAN NR.2 ILS RWY28
ILS RWY28

○岡山空港における計器進入方式の改正等
VOR/DME/ILS RWY07 → ILS or LOC RWY07
VOR/DME A → VOR A
VOR B

○立川飛行場における飛行の方式の改正等
ADF A
EDA TWO DEPARTURE → EDA THREE DEPARTURE
TACHIKAWA NORTHEAST TWO DEPARTURE → TACHIKAWA NORTHEAST THREE DEPARTURE

○高松空港における計器進入方式の改正等
ILS Z or LOC Z RWY26
ILS Y or LOC Y RWY26
VOR RWY26

○徳島飛行場における飛行の方式の設定等
Establishment → HONMA ONE RNAV DEPARTURE
Establishment → MEIWA TRANSITION
ISHIMA THREE DEPARTURE → Abolishment
Establishment → MISAKI ONE DEPARTURE
Establishment → KUSHIMOTO TRANSITION
Establishment → TAKE OFF MINIMA for RNAV DEPARTURE

○宇都宮飛行場における標準計器出発方式の改正等
DAIGO FOUR DEPARTURE
KOGAR TWO DEPARTURE → KOGAR THREE DEPARTURE
NASU REVERSAL THREE DEPARTURE(ADF and VOR equipped) → NASU REVERSAL FOUR DEPARTURE(ADF and VOR or DME equipped)
NIKKO REVERSAL TWO DEPARTURE
Establishment → MIKRA ONE DEPARTURE
NASU ONE DEPARTURE → Abolishment

○山形空港における二次電源供給に係る改正等

○運航者略号の追加及び削除
追加 JJP ジェットスター・ジャパン
削除 SKK 昭和航空

○新島VORTAC(NJC) の制限事項の追加

○青森空港におけるカテゴリーⅡ航行に係る中間的最低気象条件に関する記載の削除等
ILS or LOC RWY24 (CAT Ⅱ& Ⅲ )

○中部国際空港におけるカテゴリーⅡ航行に係る中間的最低気象条件に関する記載の削除
ILS Z or LOC Z RWY36 (CAT Ⅱ & Ⅲ )
ILS Y or LOC Y RWY36 (CAT Ⅱ & Ⅲ )
ILS Z or LOC Z RWY18 (CAT Ⅱ )
ILS Y or LOC Y RWY18 (CAT Ⅱ )
ILS X or LOC X RWY18 (CAT Ⅱ )

○八丈島空港における消防のための飛行場カテゴリーの変更

○関西国際空港におけるカテゴリーⅡ航行に係る中間的最低気象条件に関する記載の削除
ILS Z or LOC Z RWY06L (CAT Ⅱ )
ILS Y or LOC Y RWY06L (CAT Ⅱ )
ILS Z or LOC Z RWY06R (CAT Ⅱ )
ILS Y or LOC Y RWY06R (CAT Ⅱ )
ILS or LOC RWY24R (CAT Ⅱ )
ILS or LOC RWY24L (CAT Ⅱ )

○北九州空港における消防のための飛行場カテゴリーの変更

○熊本空港における飛行場障害物図の改正について

○成田国際空港における局地交通諸規則の改正

○成田国際空港におけるカテゴリーⅡ航行に係る中間的最低気象条件に関する記載の削除
ILS Z RWY16R (CAT Ⅱ & CAT Ⅲ )
ILS Y or LOC RWY16R (CAT Ⅱ & CAT Ⅲ )

○東京国際空港におけるカテゴリーⅡ航行に係る中間的最低気象条件に関する記載の削除
ILS Z RWY34R (CAT Ⅱ )
ILS Y RWY34R (CAT Ⅱ )

□宮津VOR/DME(YME)機器更新により運用停止 2011.12.15から 2012.6.28まで
 代替に仮設織部VOR/DEM(OME)が運用される

■今期中の施設廃止予定
長沼NDB
守谷VOR

手元資料の整理遅れにより、公開が遅れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/05

第1施設団2 陸自古河駐屯地 2012/6/3 sun

前編からつづき

模擬戦闘訓練

会場右手に赤の台なる敵陣地。その前には地雷原がある設定で、敵陣を制圧します。

20120603_koga_100jg

航空偵察でOHのフライトから
JG31243 OH-6D SU

20120603_koga_101jg

レンジャーを投入して、強制偵察
JG41870 UH-1J MH

20120603_koga_102jg

20120603_koga_103jg

20120603_koga_104jg

陸上からは、偵察隊員がバイクで進入

20120603_koga_105jg

機銃を打ちながら、偵察を強行する。

20120603_koga_106jg

敵陣状況が報告され、敵航空機からの防御のため、地対空誘導弾システムが準備されます。

20120603_koga_107jg

ランチャーも起動され、備えます。

20120603_koga_108jg

敵陣への予備攻撃が下令され、榴弾と戦車砲で攻撃。

20120603_koga_109jg

装甲車も攻撃に加わり、敵陣に迫ります。

20120603_koga_110jg

敵陣前に敷設されている地雷原を開さんするため、地雷原処理車がロケットを発射。

20120603_koga_111jg

地雷原が処理され・・ いよいよ突撃です。

20120603_koga_112jg

最後の予備攻撃で・・ 弾着を確認

20120603_koga_113jg

上空からはヘリが支援

20120603_koga_114jg

突撃ぃぃぃぃ

20120603_koga_115jg

歩兵が装甲車から展開して、敵陣攻撃

20120603_koga_116jg

敵陣制圧で、状況終了

会場撤収と共に装備展示の準備が進められる。その間、小生は昼食タイム。

20120603_koga_117jg

20120603_koga_118jg

退避していたヘリが会場中央に・・・ 丁度ひな壇の直上通過で、ダウンウォッシュを浴びます

20120603_koga_119jg

20120603_koga_120jg

地面が露出している場所では、ローダーが水をまいて埃を制圧?

ここからは、主な装備品展示

20120603_koga_121jg

20120603_koga_122jg

03式中距離地対空誘導弾 第337高射中隊(古河)
システム全体を見ることはできないようだ。

20120603_koga_123jg

92式地雷原処理車 第307施設隊(宇都宮)

20120603_koga_124jg

74式戦車 第1機甲教育隊(駒門)

20120603_koga_125jg

20120603_koga_126jg

60tトラッククレーン 第101施設器材隊(古河)

20120603_koga_127jg

20120603_koga_128jg

94式水際地雷敷設装置 施設教導隊(勝田)

20120603_koga_129jg

20120603_koga_130jg

92式浮橋(橋節) 第101施設器材隊(古河)

20120603_koga_132jg

92式浮橋(動力ボート) 第101施設器材隊(古河)

20120603_koga_133jg

道路障害作業車 第390施設中隊(座間)

20120603_koga_131jg_2

20120603_koga_134jg

81式自走架柱橋 第307施設隊(宇都宮)

20120603_koga_135jg

装備品試乗コーナーでは、高機動車の他に73式大型トラックも活躍

20120603_koga_136jg

第1施設団の巻も、これでおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/04

第1施設団 陸自古河駐屯地 2012/6/3 sun

陸上自衛隊古河駐屯地創立58周年
第1施設団創隊51周年記念行事

なんとも、ながーい名称がこの式典の名前。よって記録もながーく、なっています。前後編に分けて記録します。

古河駐屯地周辺では地道に道路整備が進んでいて、開門列に並ぶ前に駐屯地裏で、時間を待った。

・・・と、ヘリの音がして駐屯地グランドから、退避場所に移動してきた。

20120603_koga_000jg_3

フェンス越しに覘くと、航空学校宇都宮校のUH-1でした。どうも1機のみのようです。

20120603_koga_001jg_2

開門列にならんで、ほどなく入場となると、グランドでは防大生が最後の調整をしていた。

20120603_koga_002jg_2

グランドには施設科の車両が一同に並んでいる。

20120603_koga_003jg_4

9時の花火打ち上げ。自衛隊員ではなく、火炎屋さんが実施。

20120603_koga_004jg_2

9時過ぎには式典に先立ち音楽隊の演奏が始まります。音楽隊は、東部方面音楽隊。

20120603_koga_005jg_2

式典は、10時から。隷下各部隊が集合してきます。

20120603_koga_006jg_2

隊員整列したところに、各部隊長が車両で入場。これは関東補給処古河支処。

20120603_koga_007jg_2

神奈川県座間駐屯地の第4施設群。第1施設団は東部方面隊の施設科の親分なので、参加する隊が多く、まるで万国旗のように隊旗が並びます。

20120603_koga_008jg_2

いつみても立派な赤松です。

20120603_koga_009jg_2

観閲官登壇

20120603_koga_010jg_2

日の丸入場

20120603_koga_011jg_2

第1施設団長による受閲

20120603_koga_012jg_2

いくつかの挨拶が終わって、グランドに整列していた車両が、一両毎に紹介されます。さて小生の知識で、すべて紹介できるでしょうか?

20120603_koga_013jg_2

道路障害作業車

20120603_koga_014jg_2

81式自走架柱橋

20120603_koga_015jg_2

92式浮橋(動力ボート)

20120603_koga_016jg_2

92式浮橋(橋節)

20120603_koga_017jg_2

60tトラッククレーン

20120603_koga_018jg_2

20120603_koga_019jg_2

03式中距離地対空誘導弾(発射装置車)

20120603_koga_020jg_2

96式装輪装甲車

20120603_koga_021jg_2

軽装甲機動車

20120603_koga_022jg_2

20120603_koga_023jg_3

94式水際地雷敷設装置

20120603_koga_024jg_2

最後にヘリコプター。航空学校宇都宮校の編隊。

20120603_koga_025jg31243_2

JG31243 OH-6D SU

20120603_koga_026jg41847_3

JG41847 UH-1J

20120603_koga_027jg41870_2

JG41870 UH-1J MH

20120603_koga_028jg_2

続いて観閲行進。すべて車両による行進で、トップは第1施設団本部付隊。

20120603_koga_029jg_2

けん引きされる炊事車(野外炊具1号と言うらしい)

20120603_koga_030jg_2

第4施設群

20120603_koga_031jg

各中隊が続きます

20120603_koga_032jg

83式地雷敷設装置 307施設隊

20120603_koga_033jg

グレーダ

20120603_koga_034jg

こちらは新潟県上越市高田駐屯地所在の第5施設群

20120603_koga_035jg

渡川ボートと野外炊具1号(改)のようだ

20120603_koga_036jg

310施設中隊(高田)

20120603_koga_037jg

20120603_koga_038jg

ロードローラ(タイヤ式)

20120603_koga_039jg

81式自走架柱橋 307施設器材中隊(高田)

20120603_koga_040jg

トレーラに乗った75式ドーザー 第306施設隊(松本)

20120603_koga_041jg

資材運搬車 第306施設隊(松本)

20120603_koga_042jg

92式地雷原処理車 第307施設隊(宇都宮)

20120603_koga_043jg

人員もトラックに乗って 第307施設隊(宇都宮)

20120603_koga_044jg

92式浮橋(動力ボート) 第101施設器材隊(古河)

20120603_koga_045jg

92式浮橋(橋節) 第101施設器材隊(古河)

20120603_koga_046jg

20120603_koga_047jg

施設器材が続く 第101施設器材隊(古河)

20120603_koga_048jg

ダンプは荷台をあげて行進 第301ダンプ車両中隊(古河)

20120603_koga_049jg

東部方面後方支援隊第102施設直接支援大隊(古河)

20120603_koga_050jg

東部方面後方支援隊第301高射直接支援中隊(古河)

20120603_koga_051jg

こんな車両も観閲に参加します

20120603_koga_052jg

上記フォークリフトも含めて関東補給処古河支処

20120603_koga_053jg

古河駐屯地業務隊

20120603_koga_054jg

第2高射群第337高射中隊(古河)

20120603_koga_055jg

射撃統制装置等 第337高射中隊(古河)

20120603_koga_056jg

03式中距離地対空誘導弾発射装置車 第337高射中隊(古河)

20120603_koga_057jg

観閲行進終了後は、朝霞振武太鼓

20120603_koga_058jg

20120603_koga_059jg

続いて、防衛大学校儀仗隊によるファンシードリル

これで、一連の式典は、終了です。後編は、模擬戦闘訓練に続きます。

後編につづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »