« 粉雪 富山空港 2018/1/27 sat | トップページ | 懐古 道東紀行2 2000/9/26 tue »

2018/01/28

懐古 道東紀行 2000/9/25 mon

懐古シリーズ 陸自帯広駐屯地の翌日は、帯広から釧路までドライヴ。途中、茸狩りをしながらの移動です。過去記事を振り返りながらアップされていな写真を紹介します。この頃は、あの前なので、一番平和な時だったと思われます。

空点描 帯広空港 2000/9

20000925_doutou_00rjcb

生憎の雨が続いていますが、まずは帯広空港に立ち寄り。

20000925_doutou_01obe

帯広VOR/DME(OBE)

20000925_doutou_02rjcb

対岸から見る、航空大学校帯広分校。ここから南下します。

20000925_doutou_10ob

帯広NDB(OB) 2009.11.19廃止 更別村 RW35のコンパスロケーターとなっていたので、OMアンテナが付いています。

空思出 とよころ飛行場 2000/9/25

20000925_doutou_20toyokoroaf

2012.11廃止 更別から道道218号線を東進すると豊頃町。町中の西の高台にありましたが、ソーラー発電所となり閉鎖されました。豊頃町で十勝川に出て、そこから川を下っていきます。

空思出 十勝太ロラン 2000/9/25

20000925_doutou_30tokachibutol

十勝川をナウマン国道で渡って東進。浦幌町の海岸線に取り付け道路の入り口があります。この当時ナウマン国道は、まだ舗装がされていませんでした。 2013.2.1廃局

20000925_doutou_31tokachibutol

ロランCアンテナ本体とモニタターアンテナ

20000925_doutou_32tokachibutol

飴ちゃん製の発電機

20000925_doutou_33tokachibutol

制御系ラック

20000925_doutou_34tokachibutol

モニター監視卓

2013.2.6 アンテナ爆破の様子が道新で公開されていました。

「電波の灯台」に別れ 十勝太ロランC局発信鉄塔を解体

20000925_doutou_35atsunait

海岸線を進んで、道々厚内トンネルと思われます。

20000925_doutou_36atsunaist

根室本線厚内駅に立ち寄りました。

空思出 きのこ3題 釧路 2000/9/25

20000925_doutou_40kushiroarsr

釧路航空路監視レーダー 一度釧路市内を通過、釧標国道を進みます。国道脇にあるので、すぐ判ります。

20000925_doutou_50kushirosaki

この日最後は、釧路埼に立ち寄って、夕陽を・・ 雲の中でした。

|

« 粉雪 富山空港 2018/1/27 sat | トップページ | 懐古 道東紀行2 2000/9/26 tue »

NAVAIDS」カテゴリの記事

場外」カテゴリの記事

帯広空港」カテゴリの記事

海上保安庁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐古 道東紀行 2000/9/25 mon:

« 粉雪 富山空港 2018/1/27 sat | トップページ | 懐古 道東紀行2 2000/9/26 tue »